カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

【はるかめら限定】パソコンご購入でAmazonギフト券5000円分がもらえるキャンペーン実施中

【Ryzen CPU搭載】10万円で買えるパソコンはRAW現像・動画編集に使えるのか?

 
  2018/11/27
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

am550SA1 キャッチ

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

G-Tuneの「NEXTGEAR-MICROシリーズ」をご縁あってマウスコンピューター様よりお借りすることができました。モデル名は「NEXTGEAR-MICRO am550SA1」です。

10万円を切るという激安価格のパソコンは、RAW現像動画編集ゲームまでなんでもこなせてしまうのか?ということをスコアをとりつつテストしていきます。

Ryzen CPUってどうなの?安いパソコンって不安?という人には参考になるかと思います。

はるかめら限定キャンペーン開催中

マウスコンピューターのパソコン購入でAmazonギフト券がもらえる!詳細はコチラ

NEXTGEAR-MICROシリーズとは?

NEXTGEAR-MICRO 公式
出典:G-Tune

マウスコンピューターが展開するゲーミングモデルが「G-Tune」です。

10万円を切ると冒頭で書きましたが、実際は¥79800~販売されています。CPUにAMD社の「Ryzen」というCPUを搭載しています。8コア16スレッドの高性能CPUですので、負荷のかかる処理も難なくこなしてくれることは想像できます。しかもグラフィックボードにGTX1050が搭載されていますから、映像系の処理もお手の物。

「本当にこの値段でいいの?」と思ってしまうくらい安いパソコンです。上位モデルにはGTX1060した「am550SA1-SP」もあり、価格差は1万円ほどです。さらに高性能な「Ryzen 7 2700X」と「GTX1080」を搭載したモデル「am550PA1」は17万円半ばで購入が可能です。

特徴をまとめるとこんな感じ。

  • 高性能なCPUが搭載されている
  • グラボが搭載されている
  • 価格が安い

高性能で安いパソコンが欲しい人におすすめ!ってことです。

 

NEXTGEAR-MICRO am550SA1」の性能(スペック)

NEXTGEAR-MICRO am550SA1は、AMD製のCPU搭載なのが一番の特徴です。

スペック

CPU: AMD Ryzen™ 7 1700
グラフィックス:GeForce GTX 1050 (2GB)
メモリ:8GB PC4-19200
ハードディスク:1TB
チップセット:インテル Z370

メモリがないことやSSDが搭載されていないということで、編集作業には物足りなさを感じます。今回は無理を言いましてカスタマイズをお願いしました。

  • メモリを8GB→16GBにアップ(¥11800)
  • 256GB NVME SSDを追加(¥15800)
  • PC+カスタマイズ合計で¥107400

SSDは最大3,000MB/sを超える連続読み出し性能で、パソコンの立ち上がり、ソフトのインストールの速さなど桁違いです。メモリが多いと複数の処理に強くなります。このように少しだけカスタマイズしてあげると快適性が増すのでおすすめですよ。

元が安いので、すでにパーツを持っている人のカスタムベースとしても使いやすいかもしれません。どうしても10万円以下にしたいならノーマルのSSDを選んだ上で、下取りサービス(-¥1000)を申し込むと少しお得になります。

 

CPUは8コア16スレッド「AMD Ryzen™ 7 1700」でハイパワー

am550SA1 CPUZ

CPUは8コア16スレッドの、Ryzen 7 1700です。定格時には3.0GHzで、ブースト時には3.7GHzです。インテル製のCPUに比べて、コア数が多く、クロックが低いのが特徴です。

価格的にはCore i5と同じくらいですが、性能はやや格上といったイメージ。とにかくコストパフォーマンスが高いCPUです。

 

グラフィックにGeForce GTX 1050を搭載!

am550SA1 CPUZ グラボ

グラフィックに「GeForce GTX 1050」が搭載されています。オンボードだと性能的にすぐに立ちいかなくなるので、編集やクリエイティブ用途には必須です。ゲームをするにも当然あったほうが良いです。

4K動画編集のリアルタイム編集はもたつくでしょうが、フルHDならさほど無理なく処理が可能です。快適性を高めたいという人や、最新のゲームをバリバリ遊びたい人は上位モデルを選びましょう。

 

SSD+HDD搭載でサクサク大容量

パソコンの知識がないときはストレージの容量だけで決めていましたが、写真という大量のデータを扱うなら速度にもこだわりたいところです。

NEXTGEAR-MICRO am550SA1は、基本的にHDD搭載モデルです。これから出す数値を見てもらえれば、SSDを追加しておいたほうが良いというのがわかってもらえると思います。

▼CドライブのM.2 SSDの速度

am550SA1 Cドライブ

▼DドライブのHDDの速度

am550SA1 Dドライブ

CドライブのM.2SSDの速さが圧倒的すぎますね(笑)速度だけで見てしまうと標準搭載のHDDとは比較になりません。大容量のHDDはデータの保存に向いていまし、決して悪いという意味ではありません。ようは使い方ですね。

ちなみにOSは高速なSSDにインストールしてくれます。一度購入すると長く使うパソコンですので、これくらいの初期投資はしたほうが快適に使えると思います。

 

スポンサーリンク

NEXTGEAR-MICRO am550SA1の外観

am550SA1の外観はおどろくほどシンプルです。ゲーミングモデルはやたらとゴツゴツとしてたり、LEDキラキラのモデルもありますがそれらとは違います。個人的には好印象でしたが、書くことが少なくて困っちゃうレベルです(笑)

am550SA1 外観

フロント上部にはUSB×2、HDMI、マイク、スピーカーがあります。その下に電源ボタンがあるだけです。HDMIはVR系のデバイスと接続することを想定しているようです。

フロントパネルの裏にファンが2基搭載できるようですが、正面からアプローチしても外せませんでした。お借りしているものを壊したらいけないので無茶はやめておきます・・・

 

▼電源近くに配置されたL字のHDMI。使いやすいの?

am550SA1 外観

 

▼いたって普通のインターフェース

am550SA1 外観

 

ゲーム性能は?ベンチマークをとってみた

FF15で設定はフルHDの高品質です。結果は「重い」となりました。画面を眺めていても時々ラグを感じるので、友達と快適に遊びたいなら標準画質に落としたほうが良いでしょう。(標準画質の結果はスコアが3339の普通)

am550SA1 FF15 高画質

 

ちなみに3840×2160(4K)もテストしてみましたが、ソフトが動作しているとは言えないくらい重たいです。この状態で遊ぶ人はまずいないはずなので、テストは中止しました。

他にも「MHF」「ドラクエ」「黒い砂漠」など、国内で遊べるほとんどのタイトルは「フルHDの標準画質」を目安に遊べるはずです。

この結果からも、1つ上のGTX1060搭載モデルを選びたいと思ってしまいました。

▼CINEBENCHでのテスト結果。

am550SA1 CINEBENCH

以前Core i7-8700でテストした時には、同じGTX1050搭載でも110fpsを超えていました。CPU性能で結果に大きな違いがあることがわかる内容となりました。

 

気になる静音性は?

静穏性に関しては体感でしか書けないのですが、DAIVのDGZ520シリーズよりも静かに感じます。CPUクーラーと背面に大きなクーラーが一基搭載されているだけですが、冷却は十分だからでしょうか?

Ryzen CPUが熱をそれほどもたないのか?このパソコンが静かなのか?正直よくわかりませんが、音を気にする人には好印象だと思います。

 

RAW現像にかかる時間は?

無料ソフトの「RawTherapee5.4」を使って、100枚のRAWデータを一括返還してみました。設定はJPEG品質は90%、高画質です。かかった時間は5分20秒で実用的なレベルです。

しかし気を付けたいのがクロックの上限が足を引っ張っているのか?Core i7-8700よりも30秒程遅い時間になってしまっているということ。枚数が増えれば増えるほど、この30秒が大きくのしかかってきそうです。これはそのうちCore i5-8400あたりと比較したいところ。

 

動画のレンダリングは快適そのもの!

驚くことに動画のレンダリングは快適そのもです。5分間の4K動画のデータを使って、フルHDに書き出しを行いましたが「2分25秒」ほどで完了してしまいました。

これは格上のCore i7-8700とほぼ同等のタイムです。正直10万円のパソコンを使っているということを忘れさせるくらいの速さです。

動画編集をメインに考えている人にはかなりおすすめできるパソコンだ思います。

NEXTGEAR-MICRO am550SA1の感想や評価

NEXTGEAR-MICRO am550SA1の良いところ

  • 安いのに高性能!
  • ガンガン動画編集処理ができる!
  • グラボが高性能なモデルも選べる!
  • 外観がシンプルでうるさくない!
  • 意外と静かで音や熱が気にならない

実際に使ってみるとかなり好印象で、サブパソコンとしてほしくなるレベルでした(笑)

この記事もam550SA1を使って書いていますが、ネットはもちろん、ベンチソフトのインストールや、テスト中も快適に動作してくれました。

パソコンにガチガチの性能を求める人ではなくて、コスパが良いパソコンを探している人なら絶対お得な1台になってくれるはずです。

RAW現像や動画編集も条件さえ整えてあげれば問題なくできますからね!

 

NEXTGEAR-MICRO am550SA1いまいちなところ

  • RAW現像一括処理がやや遅い
  • 納期が4日くらいかかる

RAW現像の一括処理に時間がかかったことが少し気になりました。実用的なレベルだと思いますし、月に何度かやるくらいの人なら問題はないと思います。

一括編集処理をしながら他にも負荷のかかる作業をやりたいような人には、ネックになってくるかもしれません。僕はほったらかしてパソコンに任せちゃうので気になりませんが・・・

納期は4日かかるので、明日にでもパソコンが欲しい人も選びにくいでしょうね。

 

NEXTGEAR-MICRO am550SA1をおすすめしたい人

こんな人におすすめ
  • 編集用のパソコンが欲しい人
  • 安くてコスパの良いが欲しい人
  • AMD CPU搭載PCが気になる人
  • シンプルなパソコンが欲しい人
  • カスタマイズベースが欲しい人
  • レンダリング専用PCが欲しい人

関連記事

 

NEXTGEAR-MICRO am550SA1のまとめ

いかがでしたか?NEXTGEAR-MICRO am550SA1の特徴が伝わればうれしいです。

CPUのおかげで動画の処理にも強いですし、グラボも搭載されていてお買い得感の強いモデルです。少しカスタマイズしてあげるだけで驚くほど快適になりますしので、個人的には10万円前後のパソコンで最もコスパの良い1台だと思っています。ぜひ一度ご検討されてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Amazonギフト券プレゼント企画!
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.