10月に撮りたい被写体と関西の撮影スポット

写真を愛するものいつでも撮影に出かけたいもの。でも?

「今の時期何を撮ればいいかわからない」

そんな悩みはありませんか?僕はいつもこれで悩んでいます(汗)

自分の忘備録として記事にしておけば誰かのお役に立つかもしれない!と思いましたのでまとめておきます。

意外とこういう記事が多くないですし、少なくとも自分の役には立ちますからね(笑)

おすすめの撮影スポットも一緒に公開しちゃうよ~!

スポンサーリンク

10月の撮影

ようやく暑い時期を終え、心地よい風が吹く10月。

自然界は本格的に秋の装いになっていきます。

木々が色を染めだすのもこの頃。暑さが過ぎ動きやすくなるのも嬉しいですね。

写真を趣味にすると、季節の移り変わりをしっかり身体で味わうことが出来てほんとに良かったと思う。

「コスモス」「シクラメン」「ボタン」なども見頃を迎え、紅葉も少しずつ始まるのがこの時期。体育祭やハロウィンなどイベントが多いのもこの時期。

そんな10月に撮りたい被写体はこちら!!

ネコ弟子
彩満載にゃ

紅葉

少し気が早いかもしれないけど、山地はすっかり紅葉が始まっている時期。

早めに楽しむことで人ゴミを避けられるので、この時期にでかけてしまうのもおすすめ。

特に京都は混雑必至なので、朝早くの訪問が良いでしょう。

【厳選2017】京都の紅葉の名所まとめ!アクセス方法やライトアップ情報

【滋賀県の紅葉の名所】

・鶏足寺

・百済寺

・永源寺と温泉

・メタセコイア並木

 

コスモス

9月に続いてランクイン!

ピンクのかわいらしい姿が、虫だけじゃなく人間も引き寄せる。

割とどこでも見かけるのと、最近は自治体がコスモス畑に力を入れているケースもありで撮影に苦労しないのがメリット。

アクセスも比較的容易な場所にでも咲いているのが有難い。

般若時

奈良県奈良市般若寺町221

拝観料:500円(9-17時) 駐車場60台

夢コスモス園

関西でも最大規模のコスモス園。驚異の800万本!

京都府亀岡市吉川町・曽我部町 亀岡運動公園体育館東側

入園料:500円

【関西編】秋に撮影したい「コスモス畑」!都道府県別のスポットとアクセスまとめ

牡丹(ボタン)

王者の風格というなんともいかつい花言葉をもつボタン

比較的濃い目の色が多いので、ふんわり撮るとかわいいピンクに様変わりする。

ふんわり写真の撮り方

FUJIFILMのカメラならこの設定

 

長居植物園

入場料:200円

 

長谷寺

奈良県桜井市初瀬731−1

入場料:500円

※三脚・一脚などの持ち込み禁止

 

運動会

運動会の撮影のコツはこちら

 

運動会の子供達はいつもより活気に満ちています。

普段は見せない表情を見せてくれたり、親を驚かせるような活躍をしてくれることもしばしば。

そんな動きの速い子供達には、普段と違うカメラの設定が必要です

スポンサーリンク

すすき・虫

黄金の穂に夕日が差し込めば、奇跡のような風景に出会える。

そこにアクセントとして「虫」を入れることで、ストーリーが生まれる。秋には絶対撮りたい被写体の1つ。

見頃は場所にもよるけど、9月下旬から11月くらいまで。間違ってもくわえタバコなんてしないように。

 

砥峰高原

ノルウェイの森の撮影で使われて一躍有名に。

兵庫県神崎郡神河町川上 砥峰高原

 

曽爾高原

奈良県宇陀郡曽爾村太良路

▼関西のすすきの名所まとめはコチラ

【関西編】砥峰高原・曽爾高原だけじゃない「すすき」の名所!アクセス方法まとめ

まとめ

本格的な秋が始まる10月!季節に置いていかれないように撮影準備を!!

10月は気候も良く被写体も多いので、行動を活発化させていきましょう。

この記事が写真や旅を愛する人の役に立つことを祈ります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。