タムロンの「18-400mm」(Model B028)は超高倍率レンズの頂点?人間をダメにするレンズだ!

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

季節もすっかり秋ですね。日中でもかなり涼しく(寒く?)なってきたので、夏場よりは外に出やすいかたも多いのではないでしょうか。

そんな行楽シーズンに飛び込んできたのは超高倍率レンズの情報です。

TAMRON(タムロン)から18-400mmF3.5-6.3の超高倍率ズームレンズが発売になっているとのことですので、このレンズについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLDレビュー

レンズの特徴

・18-400mm、ズーム倍率は22.2倍

・APS-Cで35mm判換算620mm

・最短撮影距離45cm、最大撮影倍率は1:2.9

・HLDは高精度でAFも静か

・もちろん手ぶれ補正も入ってる

・簡易防滴構造

・重さは710g

レンズ交換?なにそれ美味しいの?

広角から超望遠の620mmまでカバーできるというのが最大の特徴ですね。「望遠レンズかよ」って思わずつっこみたくなります。

28-620mmのカバー率って普通じゃない!こうした高倍率レンズで撮ったほうが「撮影チャンスを逃さない」というのがこれまでの常識でした。

このレンズに関して言えば「積極的にチャンスを狙っていける」レンズになったという気がします。

よくある200-250mmまでのレンズだと、望遠側がどうしても少し足りない!ということもありましたが、このレンズなら交換の必用もありませんね。

写りは格段に良い!という訳ではないでしょうが、普通に撮る分に困るようなものだったら製品化もされないはずです。暗いシーン以外はこれ1本で撮れることを考えたら、オドロキしかありません。

スポンサーリンク

使い勝手をさらに良くする機能がある

望遠も安心!手ぶれ補正つき!

620mm相当の超望遠になれば、やっぱり気になるのが手ぶれ。このModel B028にはVCと呼ばれている手ぶれ補正が搭載されています。

さすがに業界トップレベルのミラーレスカメラの5段階補正なんかには敵わないでしょうが「いかにも効かしてまっせ~」というのが苦手な人にはちょうど良いのではないでしょうか?

手ぶれ補正が強力なのは安心できますが、画面がブルブルしていたら酔うなんて人もいらっしゃるみたいですし・・・

強力なのはいらない!でもついていないと心配!そんなわがままに応えた手ぶれ補正がはいっています(笑)

テレマクロもいける!

僕が個人的に推したいのはテレマクロもいけちゃうところ!

望遠側の圧縮効果をいかして撮影すれば、お花の写真も撮れちゃいます。野鳥もいけるレンズで、マクロ的にも使えるのって、すごく撮影の幅が広いレンズだと思いませんか?

最短撮影距離は45cm、最大撮影倍率は1:2.9です。

簡易だけど防滴構造も!

「雨が降って来たから撮影をあきらめる」写真愛好家ならだれもが経験する苦い思い出です。遠方まで出かけていたら、それこそ残念ですよね。

このレンズは鏡筒の可動部やマウント部にシーリングやゴム部材を使う事で、水の侵入を防いでくれます。

完全な防滴機構じゃないのでスコールのような雨は無理でしょうが、小雨程度でも撮影が続けられる安心感はアドバンテージが大きいのと思います。

重さもちょうど良い710g!

これだけの性能を確保しながら、重さは710gというのも素晴らしいです。APS-Cのセンサーをうまく使って設計している感じですね。フルサイズでは到底無理な数字でしょう・・・

重すぎず軽すぎず、ホールドするにもちょうど良いサイズ感だと思います。

デメリットは暗さと、人間をダメにするところ

これだけの超高倍率レンズですから、やはり暗くなってしまうのは仕方ありません。明るくしろ!という方が無茶というものでしょう。

お気に入りの単焦点レンズと組み合わせて使うのが良さそうです。

ただ心配なのは、その単焦点レンズすら持ち出す必用がなくなるかもしれないこと。

どんなシーンも撮れて、手ぶれ補正つき、暗い場所には弱いけど「まぁいっか」てきな感じで寛容になりすぎる可能性があります(笑)

ネコ弟子
まぁいっか
はるペン
イイノカ・・・

まとめ

18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD は間違いなく高倍率レンズの頂点に立つレンズ!

もうね、本当にこれ1本でいいんじゃない?と思ってしまう。レンズ交換のわずらわしさから開放されるし、超望遠もいける、日常もいける、旅行から運動会までなんでも撮れる。

キットレンズで頑張っている人が1本に集約させてしまうのにもベストなレンズですね。次の1本におすすめ。

気を付けてほしいのは「良すぎて、人をダメにするレンズ」だということです(笑)

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

管理人:はるか 子持ちの♂

FUJIFILMのXマウントが大好物

◆プロフィール詳細

◆僕が使っているカメラとレンズ

Twitter:@harucamera3

Instagram:harucamera33

Facebook:はるかめら