カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

2017年発売のカメラでNo1はどれ?【トップオブカメラ2017】

 
  2018/01/18
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今年もいよいよ残すところ2週間程になってきました。そこで「2017年に発売されたカメラってなんだろ~?」と思って調べてみました。

そしてわかったのですが、2017年はカメラ業界にとって「あたり年」といえるくらい名機が登場しまくりでした。

今回はその名機の中から「2017年のNO1を決める」というテーマで書いてみたいと思います。こんな記事も増えててくる頃かと思いますが、楽しみとしてお付き合いくださったら幸いです。

スポンサーリンク

2017年カメラNo1!

それでは1位を決める前に今年発売されたカメラを見ていきたいと思います。これを見るだけでも、すごいなーと改めて思ってしまうのは僕だけでしょうか??

いやそんなことないはず!

はるペン
名機だらけペン

2017年発売のカメラ

CANON EOS 6D Mark2 EOS 9000D EOS Kiss X9i
EOS M6 EOS M100
NIKON D850 D7500
SONY α9 α7RⅢ
FUJIFILM GFX 50S X-E3 X-T20
Panasonic LUMIX G9 PRO LUMIX GH5 LUMIX GF9
OLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅢ
リコー PENTAX KP

 

CANONは5機種も発売されていますね。意味合い的にはミドル機が多いので、写真が好きな人達が手に入れやすい層を狙った感じでしょうか?

NIKONやSONYはフラッグシップを2機種投入してきています。D850とかα9とか性能的にもぶっとんでるので、使っている人がうらやましくて仕方ないです!

富士、パナ、オリのミラーレス勢も好調そうですし、リコーのKPなんかもこれまでとはちがった打ち出し方で面白いカメラだと思いました。

 

本当にどれも良いカメラばっかりで、ランキングするなんておこがましいんですが、こういう記事って僕が読んでいて楽しいんですよね。なので続きを書きます(笑)

スポンサーリンク

2017年発売のカメラランキング

第5位 NIKON D7500

 

上位モデルのD500に匹敵する高画質を誇るモデル。

画質もさることながら、高速連射、常用感度ISO51200、タッチパネル式のチルト液晶、Wi-Fiなどストレスを感じさせないつくりが素晴らしい。

液晶がとても大きいので撮った写真の確認も楽だし、感動するレベルにきれい。個人的には作品鑑賞に堪えるレベルだと思いました。

 

・NIKON D7500は完成されたカメラ

・NIKON D7200とD7100どちらを買う

 

第4位 FUJIFILM X-E3

 

これまでの操作性を一度捨てて、大きくタッチパネルでの操作にかじ取りしたカメラ。良い意味で富士フイルムらしさを吹き飛ばしたモデルだと思います。

安定の高画質と、目新しいデザイン、高速になったAFなども見逃せない。

そしてなんといってもシリーズで最小・最軽量レベルだという点。これまでよりも写真が身近に感じられるカメラ。

 

・FUJIFILMのX-E3購入レビュー!

・FUJIFILMのX-E3はこんな人におすすめ!

・FUJIFILMのX-E3で使いたいレンズ6選!

・FUJIFILMのX-E3とX-T20どちらが買い?

 

第3位 CANON EOS 6D Mark2

 

初代6Dよりもレスポンス性や快適性を高めた、CANONが誇るフルサイズ一眼レフ。

これまでは性能的に割り切った部分もあり、我慢して使わないといけない所もあったけど、正統進化で不満は解消!

一気にミドル機並みの性能を手に入れた。写真が趣味という人なら、作品撮りを楽しみながら、長く使えるモデル。

 

・CANON EOS 6D MarkⅡ レビュー

・EOS 6D MarkⅡは初心者にもおすすめ!

・「EOS 6D MarkⅡ」と「EOS 5D MarkⅢ」の比較

・「EOS 6D」と「EOS 6D Mark2」の比較

 

第2位 NIKON D850

 

これぞカメラ、これぞ一眼レフ、と言わんばかりの超スーパーハイスペックカメラ。

約3年ぶりに登場し、4500万画素を越える裏面照射型センサーや、高速連射、ISOだって102400なんてよくわからない数字になっている。

みなのものよく聞きなさい「こういう姿を一眼レフと呼ぶ」んだと言わんばかりの威風堂々たる姿には頭が下がる(笑)

欲しい人が多すぎてきょうk

 

第1位 SONY α7RⅢ

 

SONYのフルサイズミラーレスカメラには登場してからずーーっと驚かされてばかりだが「ついにここまで」と言う気持ちが強い。

このサイズで4000万画素をこえていて、AFも超高速、世界最高の5.5段の5軸手ぶれ補正、連射だって10コマ/秒だし、ファインダーも美しい。

フラッグシップらしい機能がたったこれだけのボディに、というのが大きい。

D850も素晴らしいけど、α7RⅢにはカメラの未来を感じる。その点を考慮して第一位としました。

 

最後にひとこと

2017年はカメラ愛好家にとっては、禁欲との闘いだったかもしれませんね(笑)

続々と素晴らしいカメラが投入されて、お財布のヒモはがっちりしめていたはずなのに・・・・という方もいるでしょう。もしかしたら貯金真っ最中!という方もいるかもしれません。

一眼レフやミラーレスも煮詰まった感が出てきたか?と内心思っていましたが、全然そんなことありませんでしたね。今年はなんかまた壁を1つ突破していったような気がします。

そういう意味で、早くも2018年が楽しみで仕方ないです!

それでは、みなさん良いお年を~!

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.