富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

【2022】買ってよかったモノ

はるか、アイコン
WRITER
 
2022,買って良かった,パソコン,カメラ,レンズ,ブログ

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

ワールドカップの熱戦が続いていますが、ポチリストの僕も今年はアツい闘いを繰り広げてきました。カメラ・パソコンをはじめ、ガジェット、アパレルなどなど良さそうなアイテムをポチポチ(散財)してきました。

振り返りをかねて「2022年買って良かったモノ」をサクっと紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

2022年買って良かったもの

ボビーワゴン

ボビーワゴンは1970年ジョエ・コロンボによってデザインされたアイテム。抜群の収納力をほこっており、カメラや文具などを収納するのに重宝しています。なかなか良いお値段するので購入するのを躊躇していましたが、シンプルなデザインで部屋のシャレオツ度合いを上げてくれます。(←表現がダサい…)

50年以上のロングセラーを続けているのも納得の買って良かったアイテムです!

 

ロジクール MX MECHANICAL(KX850)

ロジクール初となるメカニカルキーボードで、3種類のスイッチタイプ(茶軸/赤軸/青軸)から好みに合わせて選択できるのが特徴。ルミニウム製のトップケースで剛性と安定性と確保し、グレーベースの本体はルックスも抜群です!

1日に1万文字とかを打つことも珍しくないので、このリズミカルなタイピングが心地良いのかもしれません。

ロジクール MX MECHANICAL(KX850)レビュー!シリーズ初のメカニカルキーボード

 

Radeon RX6650XT

Radeon RX6650XTは、AMDミドルクラスのGPUです。高速なGDDR6メモリとInfinity Cacheを備えており、快適な1080p(フルHD)ゲーミングを可能にする性能をもっているとされています。

GeForce RTX3060(Ti)あたりの性能をもっているのに、なぜか叩き売りされていて3.2万円ほどで購入できました…性能も十分だし、静かだし、安かったしで言うことはありません。高かったRX6600の元がコイツのおかげで回収できました(笑)

Radeon RX 6650XT 購入レビュー!GeForce RTX3060(Ti)とタメをはれる高コスパグラボ

 

インテルノートパソコン(NUC M15)

あのCPUメーカー「Intel」が作っている高品質なノートパソコンです。15.6型フルHDタッチパネル式モニター/Core i7-1165G7/16GB/512GB(Gen4)/Thunderbolt 4×2/インテルEVOプラット―フォームと見どころも十分。ロゴなども一切ないシンプルなデザインでプレミアム感が演出されているような気がします。

ベンチマークテストでもスペックの割には高いスコアが出ます。普段使いだけじゃなく、軽めのゲーム、動画編集にも使えるところが気に入っています。

Intel NUC M15レビュー!クラス最高のパフォーマンスと完成度を誇るノートPC

 

ニンテンドースイッチ スプラトゥーン3

時間が無限に溶ける…以上。

ニンテンドースイッチ初心者がおすすめするソフト!定番から珍しいものまで厳選して紹介

 

富士フイルム X-T5

有効画素数4020万画素、チルト液晶、コンパクト化に成功したFUJIFILM X-T5です。ピクセルシフト機能なども備えており、吐き出される写真は従来よりも繊細かつ力強い画になった気がします。原点回帰を目指したFUJIFILMの答えがここに…

富士フイルム X-T5をレビュー!これぞ王道進化&最適解と言えるミラーレスカメラ

 

富士フイルム X-H2S

新開発のX-Trans CMOS 5 HSセンサー、X-Processor 5を搭載し、AFの精度。速度ともに大幅に向上、約40コマ/秒ブラックアウト無しの連射に対応するなどフラッグシップらしい仕上がりになっています。

ダイヤル類を触る楽しさはX-T5が上だけど、AF精度やレスポンス、データの扱いやすさなどはX-H2Sの方が上な気がする。バリアングルもなんだかんだ便利。

富士フイルム「X-H2S」購入レビュー!新時代の到来を告げるフラッグシップミラーレスカメラ

 

富士フイルム XF23mmF1.4 R LM WR

今年買ったレンズの中で個人的にイチバンなのはコレかな。フルサイズ換算で35mmあたりの焦点距離をもつレンズで、開放F1.4、リニアモーター、防塵防滴対応と弱点がありません。旧型に比べて近接撮影にも意外と強くなっているにも嬉しいポイント。(旧型はデザインが良いから手放せないけど…)

写りはシャープで解像力もあるのに、ボケが情緒的と言うかノスタルジックな気がするんですよね。某社のズミルッ・・あたりが頭をよぎるそんなレンズです。持ち出すレンズに悩んだら、とりあえずコレをチョイスしています。

富士フイルム XF23mmF1.4 R LM WRレビュー!ただの進化版ではない描写に感動する単焦点レンズ

 

CANON RF24-105mm F4L IS USM

物撮り専用として活躍してくれているEOS RPの相棒です。広角から中望遠まで1本でカバーでき、キヤノンの代名詞とも言える「L」を背負ったレンズでもあります。

5段分の手振れ補正、防塵防滴も搭載した全天候対応型のレンズ。写りはシャープだけど派手すぎず、クラスの割には軽量なので疲労感が少ないのも有難いです。とりあえず1本あれば何でもできるレンズですね。

キヤノン RF24-105mm F4L IS USMをレビュー!Rシステムを盤石してくれる万能レンズ

 

ベータLTジャケット

3Lゴアテックス生地により、防水・防風性を高めたハードシェルです。透湿性も備えていながら、ベンチレーションも装備されているので体温調節がより容易になりました。機能性の高さだけでなく、無駄のないデザインは街着にも重宝するアイテムになっています。あまりに人気がありすぎて、毎年即完売…入手が困難なアイテムだったりもします。

ARC’TERYX(アークテリクス)ベータLTジャケットレビュー!軽量で街着にも最適なゴアテックスシェル

 

まとめ

こうやって振り返ってみると「たくさん買ったな…」という印象しかありません(笑)

この他にも、アポウルトロンだったり、NZXTのマウスパッドだったり、ノースフェイスのダウンだったり、自分でデザインできるXboxのコントローラーだったり、最近買ったばかりのRazer Book 13 4K(ノートパソコン)だったり紹介しきれない素晴らしいアイテムはまだまだあります。

最近は物価高、為替事情、個人サイトにとっては逆風が続いており難しい状態ではありますが、ひっそりほっそり続けられればいいな~なんて考えています。年内の締めくくりには少し早いですが、来年以降のポチリを加速させていくためにも検討を重ねてまいりたいと思います。

おすすめリンク

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2023 All Rights Reserved.