カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

CANON フルサイズ比較!「EOS 6D Mark2」は上位機種「5D Mark3」を超える!?

 
  2018/01/15
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

CANONのフルサイズカメラ「EOS 6D Mark2」ですが、どうやら上位機種をくってしまうくらいの性能だということがわかりました。

今回は「EOS 6D Mark2と、上位機種 5D Mark3のちがいを比較」していきたいと思います。

個人的にはかなりオドロキの結果だと思います。

スポンサーリンク

「EOS 6D Mark2」と「5D Mark3」の比較表

名前 EOS 6D Mark2 EOS 5D Mark3
発売 2017/8 2012/3
画素数 有効2620万画素 有効2230万画素
画像処理エンジン DIGIC7 DIGIC 5+
ISO ISO100~40000 ISO100~25600
AF 45点 41点
シャッタースピード 1/4000~30 秒 1/8000~30 秒
連写性能 6.5コマ/秒 6コマ/秒
視野率 98% 100%
動画性能 フルHD(60fps) フルHD(30fps)
Wi-Fi/Bluetooth あり なし
液晶モニター バリアングル 固定
撮影可能枚数 1200枚 950枚
重さ 685g 860g

さすがに5年近くもあくとデジタルの進化は目覚ましいものがありますね。逆に5年たっても横並びで比較できる5D Mark3がすごいという見方もできます。

CANON EOS 6D Mark2のここがスゴい!

数字の比較だけなら、EOS 6D Mark2の圧勝でした。

画素数、処理エンジン、AF測距点、連射性能、バリアングル液晶、Wi-Fi、撮影枚数、軽さ、ほとんど勝っています。

 

これだけハイスペックに仕上げたんだから、視野率も100%にして、満足度を高めたら良かったのに・・・と素直に感じてしまいます。

 

EOS 5D Mark3はプロの現場でもよくみかけるカメラですし、信頼性はかなり高いです。

そんなカメラがもしかするとEOS 6D Mark2と入れ替わっていく可能性だって否定できないですよね。

スポンサーリンク

EOS 6D Mark2は買いなのか?

正直言って「買い」だと思います。

スキらしいものも(視野率を除き)見当たりませんし、ハイアマチュアが求める機能、全部盛りだと思います。

 

旧モデルから、画素数アップして、AFも進化していますし、Wi-Fiやバリアングル液晶だって搭載されました。

フルサイズの入門機的な意味合いが強かった、前モデルでしたが正統進化で実践的に使える機能が備わりました。

 

APS-Cを使っている人や、EOS 6D を使っている人がステップアップに購入するのは大いにアリだと思います。

 

EOS 6D Mark2はこんな人におすすめ!

・APS-Cからステップアップしたい人

・フルサイズを使ってみたい人

・作品作りを堪能できるカメラを探している人

・EOS 5D Mark3より前の機種を使っている人

・お金に余裕のある人

 

EOS 5D Mark3は数年前のカメラですが、スペック的には若干の差がある程度です。買い替えるまでの理由にはならないかもしれません。

逆にEOS 5D Mark2とかを使っている人なら買換えを検討しても良いころだと思います。

 

とは言え、フルサイズカメラはお金がかかります。レンズも10万円とか平気でしてくるので、しっかりと予算をくんでいく必用があります。

安いレンズを使うくらいなら、APS-Cが買ってくるシーンだってあるでしょうし、検討は十分したほうが良いでしょう。

 

関連記事

・EOS 6D MarkⅡとD750の比較記事

・「EOS 6D」と「EOS 6D Mark2」の比較

・EOS 6D MarkⅡは初心者にもおすすめ!

・ポートレート向きのカメラは?

・CANONとNIKONの一眼レフ

・「買いの一眼レフ」ランキング

・フルサイズ機におすすめのレンズ10選!

 

まとめ

 

CANON EOS 6D Mark2 は上位クラスに匹敵する性能!旧モデルを使っているなら買換えの価値あり

それにしても改めて見ていくと、EOS 6D Mark2の良さがわかりますね。

風景やポートレートにも使っていけるし、フルサイズにしては軽い部類なので、スナップもいける。ズームレンズを付けてチャンスに備えるのも良さそうですよね。

まちがいなく万能感のあるモデルですし、このカメラを買っておけば数年は買い替える必用なんて出てこないでしょう。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.