カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

SONYのフルサイズミラーレス「α7Ⅱ」(ILCE-7M2)レビュー!今だから「買い」なカメラ!

 
  2018/02/27
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

ミラーレス機でありながら、フルサイズのセンサーを搭載している、SONY「αシリーズ」はみなさんご存知かと思います。

その中でも「コストパフォーマンスの高さが光る、α7Ⅱのレビュー」を今回はしてみたいと思います。

スポンサーリンク

SONYのα7Ⅱってどんなカメラ?

僕がひそかに狙いを定めているカメラ・・・それがSONYのα7Ⅱです。

フルサイズのセンサーを搭載しているので、画質はもちろんきれいですし、ボケも大きい、しかもミラーレスだから軽量という美味しいところを全部盛ってるカメラです。

▼こんなやつ

 

SONYの「α7Ⅱ」の特徴

フルサイズという快適性

初代のα7はフルサイズミラーレスという衝撃を世にもたらした名機でした。

ここで言うまでもないですが、フルサイズカメラだとセンサーが大きいということもあり、ボケも大きく、暗い場所での撮影にもかなり強いです。

ボディのいたるところも、こだわり抜いているので質感だって不満が出ることは少ないでしょう。

 

焦点距離をそのまま使えるというのは、使ってみればわかりますが、かなり気持ちが良いものです。同じ50mm相当を使ってみても、フルサイズだと何かがちがうんですよね。(もちろん良い意味)

スポンサーリンク

ミラーレスだから軽量コンパクト

フルサイズ=重い

 

このイメージを完璧にぶっこわしたのが、SONYのαシリーズです。その軽さは、そこらへんのAPS-Cの一眼レフよりも軽いです。

これまでカメラを持ち歩いていた人で、軽量化をはかりたい人や、サイズダウンしたい人にもおすすめです。

コンパクトにしても画質を犠牲にしなくて良いので、人気に火がついているというのも頷けます。

 

ボディ内5軸手ぶれ補正搭載

そしてなんといっても「ボディ内手ぶれ補正」の存在は大きいです。

一般的なレンズ補正式の「角度ブレ」に加えて「シフトブレ」「回転ブレ」にも対応しています。効果は4.5段分で、もちろん動画撮影でも効果を発揮します。

 

ボディ内に手ぶれ補正が入っているメリットは、レンズを変えても手ぶれ補正が効くことです。

オールドレンズファン達を魅了するのは、こうしたところも理由でしょう。

 

オールドレンズが楽しい

上の写真は、僕がオールドレンズで撮影した写真です。

オールドレンズのヘリオス44-2 58mmF2.0を使ってみた

 

オールドレンズは、その名の通り古いレンズです。デジタル以前に作られたものなので、比較的お値段も安く、たくさんレンズを使ってみたい人にはかなり魅力的でした。

 

旧世代のレンズでも銘玉と呼ばれるレンズは、たくさんあります。しかもフルサイズなので、その性能をあますところなく使えるんですね。

 

デメリット

・純正のレンズが高い

・バッテリーの消費が早い

 

フルサイズのカメラなので、当然と言えば当然ですが、レンズが大きくて、お値段が高いです。

せっかく軽量なカメラを選択したのに、レンズが大きい・・・というアンバランスな感じをかもしだすことも?

 

高性能な機能全ては「バッテリーに依存する」ため消費がかなり早いです。

初代をはじめて使った時には不具合か!?と思うくらい早かったです。その後設定をいじって改善させました。

SONY α7のバッテリー消耗が早すぎると思ったら?

 

▼予備バッテリーは必ず準備しましょう

こんな人におすすめ

・重たい機材をかつぐのに疲れた人

・フルサイズカメラにステップアップしたい人

・オールドレンズで色々なレンズを使いたい人

・強力な手ぶれ補正が欲しい人

 

関連記事

・SONYから「α7Ⅲ」が正式発表!気になる性能・発売日・価格は?

・SONY α7を徹底的にレビュー!まとめ

・SONY α6000 レビュー

・SONY α9発売後にα7を買ったけど今更なの?

・【α7Ⅱ】と【X-T2】どちらが買いか比較してみた

・SONYのフルサイズ(Eマウント)で使いたいレンズ

ソニーストア

 

まとめ

SONYのα7Ⅱはコスパが高い!オールドレンズファンも納得の性能

もちろんオールドレンズでなくても、最新のレンズを使って、バリバリの解像力を楽しむことができます。

価格もかなりこなれてきていますし、性能だって今でも十分に使える性能です。フルサイズのセンサーで、5軸手ぶれ補正も搭載されているのに小型?「どこに収納してるの?」という感じです。(ソニーストアに見に行くと新しい発見があるかもしれません)

技術もどんどん進化していますし、新しい物にしっかりついていくためにも、このカメラを選択することは賢いと言えそうな気がしてなりません。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.