カメラのこと、写真の撮り方、写真編集PCなどを紹介しているブログ

SONY「α7Ⅲ」と「α7Ⅱ」のちがい!どっちがおおすすめなの?

 
  2018/06/04
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

SONYのα7Ⅲが発表となりました!そこで現時点でわかっている情報から「α7Ⅱとの比較」を書いてみたいと思います。

α9などのモンスターマシンが登場した後なだけに、進化のポイントも気になりますよね。

それではいってみましょう~!

スポンサーリンク

 

α7Ⅲとα7Ⅱのちがい(比較表)

名前 α7Ⅲ α7ⅱ
画素数 有効2420万画素 有効2430万画素
ISO ISO100〜51200 ISO100~25600
AF 像面位相差AF 693点

コントラストAF 425点

像面位相差AF 117点

コントラストAF 25点

シャッタースピード 1/8000~30 秒
連写性能 10コマ/秒 5コマ/秒
手ぶれ補正 あり(5軸) あり(5軸)
動画性能 4K(30fps) フルHD(60fps)
Wi-Fi/Bluetooth あり Wi-Fi
液晶モニター チルト式
撮影可能枚数 710枚 270枚
重さ 565g 556g
価格

 

進化したポイント

簡単に言ってしまえば、上位機種ゆずりのハイスペックマシンに仕上がっている印象です。

公式もさすがに発表直後で全然ひらかない状態に・・・すごいぜソニーさん!

 

イメージセンサーは別物

α7Ⅲのために新型の裏面照射型CMOSセンサーが開発されています。

画像処理エンジンは「BIONZ X」となり処理能力は大幅にアップしているとのこと。

どんな絵をはきだしてくれるのか?今から楽しみで仕方ないですね。

 

▼初代α7で撮った写真

α7

緑もきれいだし、さすがはフルサイズ!というボケ味。さらに緻密な表現が可能になっているのでしょうか?

 

手振れ補正も安定の性能!

SONYの手振れ補正は優秀だということは周知の事実だと思います。定評ある手振れ補正ユニットに、補正アルゴリズムを最適化し「5段分」の補正効果を実現!

動画でも同様の効果を得られるということですから、安心して使えそうですね。

手持ち撮影でどれくらい行けるのか?少し気になる所です。

 

スポンサーリンク

「α9」「α7R Ⅲ」譲りのAFは見逃せない

AFは上位機種ゆずりのハイスペックな仕様となりました。

693点の像面位相差検出センサーに、コントラストAFは425点です。ぶっちゃけ別次元の性能です。

「α7Ⅱ」の25点から一気に425点になるって・・・実に17倍ですか・・・すごすぎます。

人間で言ったら、足の裏とか以外は全部目になってる感じですかね?うん・・たとえが悪すぎましたね(笑)

補足性や追従性にはかなり期待がもてそうです。

 

動画はついに4Kに対応

動画性能を楽しみにしていた方も多いと思います。

α7Ⅲは全画素読み出しによる4K映像の撮影が可能です。これはα9と同様のスペックですね。

S-Log3にも対応しているので、動画編集を考えている人は安心といったところでしょうか?

さらにスローモーションやクイックモーションのための撮影機能も搭載しているとのことなので、表現の幅が広がりました。

 

バッテリーライフが大きく改善

いくら性能がよくてもバッテリーが切れてしまえば、ただのハコ。荷物以外のなにものでもありません。

そうならないために、これまでは予備バッテリーを準備する必用がありましたがα7Ⅲではバッテリーライフが改善されています。

約700枚以上の撮影が可能なバッテリーは、これまでよりも積極的にカメラを使うことを可能にしています。

もはやイチガン並の性能になってきましたね。やったね!

 

α7Ⅱは現時点でかなりお買い得

 

α7Ⅲの発表でやや印象が薄れてしまった感がありますが、α7Ⅱだって現役でバリバリ使えるカメラです。

4K動画や進化したポイントに魅力を感じなければ、α7Ⅱだって選択肢としてありだと思います!フルサイズだし、強力なボディ内手振れ補正も搭載していますからね。

ボディだけだと中古で10万円をきっているものもみかけるようになりました。コスパの高さが光ります。

はるペン
ありだよな~
ははペン
なんか言いました?

関連記事

・SONYから「α7Ⅲ」が正式発表!気になる性能・発売日・価格は?

・SONY α7Ⅱはお散歩カメラ最強!

・SONY α9発売後にα7を買ったけど今更なの?

・【α7Ⅱ】と【X-T2】どちらが買いか比較してみた

・SONYのフルサイズ(Eマウント)で使いたいレンズ

【2018年発売のカメラ予想】CP+で期待している新機種まとめ!

ソニーストア

まとめ

α7Ⅲは上位機種譲りのスペックが魅力的!α7Ⅱはコスパが高いしどっちもおすすめ。

 

それにしてもα7シリーズはSONYのスタンダードモデルとして成熟度を増してきていますね。もはやうっかりスタンダードなんて口に出せないレベル?

ユーザーが欲しいツボは押さえていますし、高画素が必要ない人や、かえってリスクになると感じている人には良い選択になりそうです。

α7Ⅲを検討されている方は、品薄になって買えないってことにならないよう「ソニーストア」で予約しておく方が良いかもしれません。発売日は3/23ですよ!

AFの進化とかどのくらい体感レベルでちがうのでしょうかね?早くCP+で触ってみたい・・・触ったら記事書きます(笑)

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.