カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

SONY「α7R」とCarl Zeiss「Loxia 2/50」の感想!【作例もあるよ】

 
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

α7R Loxia

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

先日何を思ったか、SONYα7Rを買いました。ⅡでもⅢでもなく初代です。理由はもちろん安かったからです(あと軽い)合わせて購入したCarl ZeissLoxia 2/50というレンズで撮影してきましたので感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

ソニー「α7R」と「Loxia」 2/50の作例

α7R Loxia

「さぁ来い」そう言わんばかりの太陽の塔です。撮影に出かけたのは、大阪人なら誰もが知る万博記念公園です。

先日の台風の影響でこれもんです

「彼岸花」「コスモス」などを撮影したくて向かいましたが、お花が整備されたきれいな地区は軒並み立ち入り禁止です。この秋のコスモス狩りも難しいかもしれません・・・だからこそみんなで足を運んで整備費にあててもらいましょう。お布施が必要です。

 

α7R Loxia

α7R Loxia

 

入口付近はさすがに整備されていて、花壇もあるので華やかです。このカットでは中央あたりの赤い花にピントを持っていきましたが。見事な解像感に舌を巻きます。僕がその筋の人なら、横の鎖の質感も拡大して舐めまわすように眺めたでしょう。

これ以降はパタリと被写体(花)に出会うこともなく、トボトボと肩を落としながら歩きました(笑)

 

α7R Loxia

 

色味が違う手前の竹にのみピントを置いて、背景はボケるようにしてみました。高い解像度を誇るα7Rだからこそ狙ってみたくなる被写体です。Loxiaのボケは、ややザワつくように感じます。しかしこれも味だと許せるのは、このレンズが持つ品位のおかげかもしれません。

スポンサーリンク

Carl Zeiss「Loxia 2/50」は影を写すレンズ

α7R Loxia

 

あまりに被写体がないので、自然に目が向いたベンチを一枚パシャリ。苔むしたベンチと、それにかかる影がなんとも良い味を出しています。Carl Zeissのレンズは影の表現が特にうまいイメージがあります。このLoxia 2/50も間違いなくそれに当てはまるでしょう。

 

Carl ZeissのLoxia 2/50

スマホだと確認しづらいかもしれませんが、光のあたった草の実がわずかにキラキラと輝いています。

 

α7R Loxia

光と闇・・・そのすき間になにか余韻を感じさせるのがLoxia 2/50なのかもしれません。

 

SONYでふんわり撮影してみました

α7R Loxia

 

たしかな解像感とやわらかい雰囲気が独特の世界観を作り出しています。花のような小さな被写体にピントを合わせるのも、Loxiaの滑らかなリングであれば簡単です。ひっかかりもなく一定のリズムでMFを行うという行為に高揚感さえ感じさせてくれるレンズです。

 

α7Rはふんわりと相性が悪い?

α7R Loxia

 

ある程度シャッターを切ってくると、カメラの特性をつかんできます。僕はここに来て少々不安を感じてしまいました。と言うのも、α7Rはシャッターを切ったあとにカメラ内で補正がかかるのか?EVFで表示された写真と違うものが保存されるのです。

僕が露出オーバーにお余計にふっているぶん、カメラが失敗を取り戻そうとしているのかもしれません。このことについてTwitterで相談してみました。

 

するとα7RⅢユーザーのお二方が色々教えてくれました(感謝)

初期のころのカメラだと補正されている感じで、最近の機種だとあまり感じないようです。ついまり買い替え案件です(なんだと)

あとはダイナミックレンジオプティマイザーとか、補正がかかりそうなものを軒並み働かないように設定すると良いかもよ?というお話でした。

ミスショットをフォローしてくれる意味合いなら助かるのですが、僕の場合だと命取りになりかねないんですよね。納得してシャッターを切っているのに、補正されるとか困っちゃう・・・聞いてないよー!という感じです。

 

α7R Loxia

しばらく撮影したのですが我慢できなくなって、いつもの富士フイルムを使いだしました(笑)

 

富士フイルムでふんわり

花

いつもの富士フイルムなら、こんな写真が撮れちゃうんですよね。慣れ親しんでるだけに割と楽に(笑)

 

コスモス

コスモスに蝶が着地する瞬間!視界外から急に現れたので完全にまぐれショットです。それにしてもコスモスのピンクは癒されますね(笑)

 

花

使用した機材

 

最新機種・関連情報

 

まとめ

今日の撮影で感じたことは、SONYは光(闇)をつかむカメラで、富士フイルムは色をつかむカメラなのかな?ということ。

メーカーが違うとまったく色味が違うので、これまた面白かったりするんですよね。ただ僕としてはα7Rの感触がなかなかつかめないので、もう少し様子を見たいと思います。

はるペン
このままだと割と早く手放しちゃうかも・・・

個人的にはSONYに思い入れがあるので、使いたい気持ちは強いんですけどね・・・どうなることやら。

最後までお読みいただき有難うございました!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.