(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

耳を塞がないイヤホン!骨伝導Aeropexを使ってみた感想【PR】

はるか
WRITER
 
AfterShokz AEROPEX レビュー
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(harucamera33)です。

骨伝導技術を利用した、AfterShokzAeropexを紹介します。耳をふさがず音楽を楽しめ、防水性も高いので環境を選ばずに利用可能。デザインや音質が良く、駆動時間は8時間あるので1日の利用時間をほぼカバーできます。

このたび製品のご提供をいただきましたので、しばらく使ってみました感想を書いていきたいと思います。正直に言ってかなり気に入っています。

スポンサーリンク

AfterShokz AEROPEXをレビュー!

製品の特長
  • Bluetooth接続の骨伝導ヘッドホン
  • IP67準拠の防水機能
  • 小型で軽量
  • 駆動時間が8時間と長め
  • マイク機能も搭載
  • 税別18,180円と手ごろ

僕もブログ執筆中に音楽を聞きますが、耳をふさいでしまうイヤホンだと環境音がさえぎられてしまいます。例えば荷物が届いてもインターホンに気づきにくかったり、長時間利用していると耳が痛くなるといったデメリットもありました。そこでスピーカーを使うのですが、こんどは家族が寝静まった後に使いにくい・・・などなど、音楽にまわつわる悩みというのは意外と多いものです。

耳をふさがず、音質もそこそこよく、1日バッテリーがもってくれる」そんな夢のようなヘッドホンが欲しい!そう思っていたところに、タイミング良くオファーをいただきました。

AfterShokz AEROPEX レビュー

ブログと親和性がなかったり、興味がわかない製品やサービスのPRはお断りさせていただくケースも多いのですが、Aeropexに関しては別のお話。こんな素敵アイテムを使わない手はありません!

AfterShokz AEROPEX レビュー

パッケージもリッチで、開封時の楽しみを演出!

前モデルのTrekz Airから30%小型化、13%軽量化を実現。小さくなってもバッテリ容量は増え、Qualcomm最新チップによる駆動時間の延長(6時間→8時間)もユーザーにとっては嬉しいポイント。振動ユニットのチルト構造による振動の軽減で不快感も減っています。

カラーはコズミックブラック、ブルーエクリプス、ルナグレー、ソーラーレッドの4色展開。

はるペン
夢のアイテムです

 

Aeropexの最大の特徴は骨伝導!

AfterShokz AEROPEX レビュー

本体はたった26gと軽量

骨伝導は耳をふさがずに音楽が楽しめるので、周囲への環境に配慮できるのは本製品の特長。ボリュームを控えめにしておけば、音楽を流しながらでも会話できるくらいです。

骨伝導は、空気を伝って鼓膜(中耳)を振動させ聴覚神経(内耳)に伝わる(気導音)に対して、声帯などの振動が頭蓋骨を伝わり直接聴覚神経に伝わる(骨導音)ものである。引用:Wikipedia

と言うか、振動を頬骨を伝って音にする仕組みなので、ボリュームはあまり大きくできません。音を大きくすると振動も大きくなり不快感があったり、周囲への音漏れも気になってくるからです。ブルブルするので体質的に受け付けないなんて人もいるかもしれません。

 

音質はマイルドで長時間使用も向いてる

使ってみた印象では一般的な製品よりも音質が「やわらかい」印象を受けました。ずっと聞いていられるような自然な音といえばイメージしやすいでしょうか。

低音をズンズンとか、クリアな高音とかを楽しむような類のものではありません。

環境音に好きな音楽をプラスアルファするような使い方が向いていて、あたかも脳内再生されていた音楽が具体性を増したような感じです。

スポンサーリンク

孔がないから防水性も高い

AfterShokz AEROPEX レビュー

骨伝導は孔を必要としないため、防水性や防塵性を高めることが可能。連続再生8時間も相まってタフネスな印象を与えます。ランニングや自転車、登山といったアクティブな環境でも実力を発揮してくれそうなのがうれしい。

AfterShokz AEROPEX レビュー

充電は専用ケーブルにて行う仕組み。水や汗が残ってた場合にアラームで通知する機能もあるので、安心して使うことができそうです。

AfterShokz AEROPEX レビュー

専用の充電ケーブルは2本付属する。専用ポーチもあるので保管や持ち運びに便利です。

 

Bluetooth接続が弱い

Bluetoothの想定されている通信距離は10mほどですが、Aeropexに関しては2~3mが良いところという印象。

接続が切れて再度つなぎ直すというような手間はないのですが、距離が離れると音が聞こえなくなったり、ぶつぶつ切れたりします。

接続機器と距離をあけて使う頻度なんてしれていますが、せめて壁のない隣の部屋くらいまでは繋がっていてほしかった。

はるペン
コーヒーをいれにいくと音が…

 

Aeropexのメリットとデメリット

メリットデメリット
  • ながら聴きに最適
  • 通話もできる
  • スポーツや野外活動に向いてる
  • 防水性能が高い
  • 音質がもう一歩
  • 有効範囲が狭い
  • 専用ケーブルでしか充電できない
  • 2万円ならほかの選択肢もありそう

 

こんな人におすすめです

  • ながら作業で使えるイヤホンが欲しい人
  • アクティブな環境で使いたい人
  • 自分だけの音を楽しみたい人

リッチな音を楽しみたいだけなら、2万円で別の選択肢をすることだって可能です。むしろこだわりがあるなら本製品は避けたほうが無難でしょう。

しかし、僕のように環境音に音楽を加えたいユーザーにはささるものがあります。ブログを書きながら音楽を聴いたり、家族が寝静まった後にゲームを楽しんだりと使い心地は上々。

赤ちゃんがいるご家庭だったら、鳴き声が心配なこともあるでしょうし、音に敏感になってしまって我慢していることもあるはず。Aeropexがあれば子供が寝ている横で動画を楽しんだり、音楽を流しながら家事をすることだってできます。心配なのはうっかり掃除機の音まで消えると勘違いしないことでしょうか?(笑)

少なくとも僕にとっては、もはや手放せないくらいに気に入って使っています。骨伝導ヘッドホンにご興味があれば、選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

AfterShokz AEROPEX レビュー

2年保証もあるので安心

低価格なTITANIUM/AIRもおすすめ!

防水性、Bluetoothの規格、再生時間は若干劣りますが、カジュアルに使うならで安く購入できるTITANIUMやAIRもおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2019 All Rights Reserved.