AFを正しく理解して失敗写真を減らそう

AFを正しく理解して失敗写真を減らそう

写真の失敗要素として多いのが「手ぶれ」「被写体ブレ」「ピンボケ」の3つ。

「手ぶれ」はシャッタースピードが遅い時にカメラが動いてしまう事、「被写体ブレ」は被写体の方が動いてしまうこと。ピンボケは意図した場所にピントがしっかり来ていない事だ。

今回はそんな失敗写真を防ぐために理解したいAFの仕組みを解説してみたいと思う。「ピンボケ」撲滅に向けて参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

AFの仕組み

一眼レフとミラーレス(コンパクト)カメラではAFの方式に違いがある。それはカメラの仕組みによるものに起因しているので、それぞれの特徴を見て自分にあうカメラを考えよう。

 

位相差検出AF

一眼レフの内部に搭載された位相差センサーによってピントを検知する方法。往年のカメラが採用してきただけあって、技術として完成度が高い。ピントを合わせるまでが非常に速く、動体予測まで可能なので素早い被写体に向いている

 

メリット

・AFが早い

・予測機能があるのでピンボケが減る

デメリット

・位相差センサーを搭載する必要がありカメラが大きくなる

 

コントラストAF

カメラの撮像素子がAFセンサーを担う仕組み。他に部品が必要にならないので小型化が可能。多くのコンパクトカメラやミラーレスカメラが採用する。一眼レフでもライブビュー時はこの方式になる。ピントがくるまでの速度がやや遅いが、精度は高い。

 

メリット

・小型化が可能

・制度が高い

デメリット

・AFがやや遅い

・動きの速いものに弱い

 

これらの特徴から見えてくるのが、カメラを選ぶ時に考えたいのが「動体を撮るか撮らないか?」だと言う事。鳥や鉄道、スポーツを撮る場合は一眼レフの方が有利だろうし、お花や風景、スナップメインなら小型化を優先しても良いかもしれない。

最近では両者の特性を併せ持ったハイブリッドAFもあり、どちらが完璧とは言えなくなってきた。実機に触れて納得のいくAF(速度・精度)が得られるか事前に確認しよう。

はるペン
一長一短ペン

▼こんな写真ならAFの速度は必用ない

AFモード

AFの挙動を管理するのがAFモード。被写体を追従したり、動きの読みにくいものに向いた設定があるので撮りたい物にあわせた設定を心掛けよう。

 

AF-S(シングル)

シャッターボタンを半押しすることで、レンズが駆動しピントが合う。動きのないものや風景などじっくりと撮影したい時に向いている。

 

AF-C(コンティニュアンス)

シャッターを半押ししている間はピントを追い続けてくれる機能。動きのある被写体に向いており、動体予測でカメラが勝手に追従してくれる。

 

AF-A(オート)

上記の2つの特性を併せ持っており、動いたり止まったりを繰り返す、予測の難しい動物や子供に向いている設定。

 

AFエリア

AFモードをどの範囲で有効にするかを決めることで、より効果的なピント合わせが可能になる。シビアで的確なピントが欲しいのか、外さない写真が欲しいのかなどによって設定を変更しよう。

 

自動選択

広いシーンに対応できるカメラにおまかせの機能。基本的に最近のカメラは賢くなっているので、この設定でスタートして大丈夫。ただしどうしても対応できなくなるケースもあるため設定の変更を必用とする場合もある。

 

1点AF(シングル)

ここぞという位置でピントを得たい時に使う。手前にある木やお花などのポイントに測距店を設定することで、他の位置にピントがこないようにする。マクロレンズなどでもよく使うので覚えておこう。

 

ゾーンAF

実は僕が一番おすすめしたい設定はこのゾーンAFだったりする。X-T1のAFがまだ頼りない時にメーカーの人に教えてもらった方式。ある程度の範囲を指定してAFを行うように設定することで、自動選択時よりもAF速度の向上が見られる。ただし範囲外のものにはピントが合わないので注意が必要。

被写体は中央あたりで捉えることが多いと思うので、中央よりに設定しておけばOK。さらにゾーンを絞ることで効果倍増することも可能。

はるペン
かなり変わるよ

ピントの合わせ方

いちいちカメラの設定を変えるのが面倒だ~!という人も少なくないと思うので、ここではそんな人に向けた簡単なピント合わせを紹介!

フォーカスロック

シャッターボタンを半押しするとピントが固定されるので、その状態のまま任意の位置まで被写体を移動する方法。中央部に意識を集中しておけば良いので、非常に素早いAFを行う事ができる。ピントが合った事を確認してから構図を決めれるので失敗写真が少なくなるのもメリット。

▼中央でチューリップにピントを合わせてから右に移動させた

フォーカスロックとは反対に構図を決めてから、カメラに測距点を指定する方法もある。

ネコ弟子
わかったー

補助機能

他にもカメラにはAFやピント合わせを手伝ってくれる機能がたくさんある。知識として入れるのは大変だが、一度設定してしまえば後はずーと助けてくれるので最初に設定してしまうのがおすすめです。

顔認識(瞳検知)

数年前から本格的に搭載されだした機能で、人の顔を検知してピントをあわせてくれる。さらに肌を明るく見せてくれる補正をかけたり、瞳にバシっとピントを持ってくるような機種もある。たまに人がいない所を検知するのはご愛敬。

 

タッチAF

ファインダーのないタイプや入門機モデルに搭載されているケースが多い。モニターをタッチすることでAF位置を指定することができる。スマホ操作になれた層には使いやすい機能。

 

拡大

マクロレンズ使用時など正確なピントを得たい時に使うのが拡大機能。モニターや電子ファンダーのみの利用となるが、ピントを得たい場所を拡大してピンボケしていないか確認することが出来る。

 

ピーキング

ピントがあっている場所に色をのせて表示してくれる機能。オールドレンズや若干目が弱くなってきた人(←僕)におすすめの機能。

 

フォーカスブラケット

ピントの位置を微妙に変えながら、数枚撮影をしてくれる機能。商品撮影等に向いていて、後から最適な1枚を選ぶことができる。さらに最近の機種ではこの数枚をカメラ内で合成(深度合成)してしまえる機種もある。

まとめ

ピント合わせ機能を上手に使って脱失敗写真をしよう!

ピント合わせは写真を撮るなら絶対に必用になるスキルなので、しっかりと身に着けよう。構図完璧、露出完璧、ここしかないチャンス!!!でピントを外していては失敗写真になってしまいます。

デジタル時代になってAF機能も目覚ましく進歩しています。ミラーレスだからAFがダメなんてのは過去のお話になってきました。自由にカメラを選べる今だからこそ、ピントをしっかり合わせて自分だけの思い出写真を大切にしていきましょう~。

最後までお読みいただき有難うございました。

ネコ弟子
むずかしいにゃ
はるペン
一歩づつだね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。