カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

【秋の京都】もみじのトンネルを抜けて貴船神社へ行こう!

 
  2017/11/16
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら

紅葉と言えば京都!

いざ紅葉を見に行こう!となったら「どこに行けば良いの?」って事ありませんか?

そんな人のために、気になるアクセスや駐車場、見頃など、紅葉の情報をまとめました!

今回は「貴船神社」

ネコ弟子
もみじのトンネルにゃ

スポンサーリンク

貴船神社とは?

水と関わりの深い神社で「龍神」を祀っている。

龍神は、生きる上では欠かせない水の供給を司る水源の神様。

創建を記す記録が一切ないことから詳細は不明だが、1300年前には存在していたという社伝が残る。

きふねは「氣生根」とも書き、万物のエネルギーである氣が生じる根源ともいわれている。その氣に触れるだけでも元気になり、運気が得られるのだそう。

地名こそ貴船(きぶね)だが「水がにごらずにいつまでも美しい御神水が湧き出るように」との願いをこめて「きふねじんじゃ」と読む。

ちなみに御神水は無料で頂くことができ、これまでに一度も枯れたことがない。貴船神社のオリジナル御神水容器(600ml)を300円で購入することもできるので手ぶらでもOKだ!

あくまでも生水なので飲用には注意が必要。ちょっともったいない気はするが自宅に帰って煮沸するのが無難だろう。

貴船神社での紅葉の見頃は11月下旬~12月中旬。

紅葉の撮り方

紅葉の撮り方ならこの設定!ほぼオートで簡単に撮影する方法

アクセス

もみじのトンネルが魅力的な叡山電車を利用するのがおすすめ。

体力に自信のある人は「鞍馬」まで乗車して、1時間程の登山を楽しむのもあり。

公共機関

最寄り駅:叡山電車「貴船口」駅

※貴船口駅下車、京都バスに乗り換え「貴船」下車
※貴船口駅から徒歩の場合は約30分(2km)です

【京都駅からの詳細】

京都駅(地下鉄烏丸線)⇒国際会館駅⇒京都バス(52)に乗り換え⇒国際会館駅前乗車⇒貴船口下車⇒貴船口駅前で京都バス(33)乗り換え⇒貴船→貴船神社

 

住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

電話:075-741-2016

駐車場:ほぼ無し。道幅も狭く公共機関で行くのが吉。

 

周辺情報

スポンサーリンク

叡山電車

叡山電車が所有する展望列車「きらら」は四季折々の景観を楽しめる魅力的な電車。できる限りガラスで覆った車体と、側面を向いた座席が移動を目的とせず「観ること」を目的にしているのがわかる。

中でも市原~二ノ瀬駅間の「もみじのトンネル」は必ず注目したいくらいおすすめ!

叡山電車のホームページはこちら

鞍馬寺

パワースポットとして非常に人気があり、爽やかな空気でリフレッシュができる。天狗や牛若丸(源義経)の伝説が残る。

軽めの登山としても楽しめるので、ビギナーはここで練習してみるのもあり。ケーブルカーもあるので、老若男女問わず楽しめるスポット。

いかにも何か神秘的なものが降り立つ(降り立った?)ような場所があるので探してみて。

まとめ

自然を満喫できる貴船神社はおすすめ!まさに体に気がめぐる(元気になる)のを体験できるスポット

もう数年前に行ったことがありますが、1日通してゆっくりとした時間を楽しむことが出来ました。

貴船神社から貴船口駅までの道には、全国的にも有名な「川床」を楽しめるお店があったり、日帰り入浴が可能な施設があったり、お土産を購入できたりします。

1日歩けば体力的には疲れますが、精神的にはリフレッシュもできて明日の活力につながります。一度足を運んでみてはいかがでしょうか!

ネコ弟子
お風呂はいるにゃ

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.