大原三千院で「もみじ祭り」!アクセス方法や周辺情報は?

紅葉と言えば京都!

いざ紅葉を見に行こう!となったら「どこに行けば良いの?」って事ありませんか?

そんな人のために、気になるアクセスや駐車場、見頃など、紅葉の情報をまとめました!

今回は「三千院」

ネコ弟子
もみじ祭もあるにゃ

こんなかわいいお地蔵さんが、全部で6体いると言われている。あなたは全部見つけることができる??

三千院とは?

「きょうと~おーはら、さんぜんいん♬」

のリズムでおなじみ?三千院は「最澄」が開いたとされています。

もともとは比叡山に起源があるとされていますが、幾度かの移転を経て今の場所へ移ったとされています。

三千院のある大原は、山中にあるので静寂な時間を過ごすことが出来ます。忙しい現実に疲れた人がひっそりおとずれるパワースポットだともいわれています。

昔は地位の高い人が俗世を離れて仏の道に入るための寺でもあったと言われています。

紅葉の見頃は11月中旬~下旬。

紅葉の時期に限らず「苔」が非常に美しいお寺でもあります。

空に赤、足元に緑の美しいコントラストがあなたを包み込んでくれます。色彩鮮やかな世界はこの世の極楽ともいわれています。

特に「往生極楽院」は一見の価値ありです。

 

紅葉の撮り方

紅葉の撮り方ならこの設定!ほぼオートで簡単に撮影する方法

もみじ祭

日時:10/28(日)-11/28(水)

場所:金色不動堂 境内

 

アクセス

マイカーでのアクセスが便利。ただしピーク時は大変混雑をします。最悪駐車すらできないと言う事も考えられます。バスで向かう際も乗車できない可能性もあります。

混雑を避けたいなら早朝が無難でしょう。

 

公共機関

・京都駅より、バス17系統(C3乗場)「大原」下車(約60分)

・地下鉄「国際会館駅」下車、バス乗換(3番乗場)「大原・小出石」行き(約25分)

 

住所:京都府京都市左京区大原来迎院町540

電話:075-744-2531

料金:700円

駐車場:三千院には無し。周辺に多数(500円前後)

周辺情報

道の駅

地元でとれた野菜や加工品がおかれている「道の駅」

レストランもあるのでお土産とあわせて食事もできる。日曜日だけの開催にはなるが「朝市」もあるので、早朝の三千院を見た後にこちらによってはどうだろう?

営業時間:9~17時

定休日:月曜(祝の場合は翌火曜)

駐車場:77台

大原温泉

旅と言えば「温泉」がセットになってると嬉しい人は多いのでは?

実は三千院近くには温泉が合って、日帰り入浴も楽しめる。泉質ナトリウムイオンと炭酸水素イオンが多く、美人の湯として喜ばれている。

日帰り温泉と一緒に食事も楽しむことができ、みそ鍋が有名。

住所:京都府京都市左京区大原草生町31

電話:075-744-2917

公式ホームページ

はるペン
温泉はいりたい

まとめ

大原に紅葉狩りなら早朝がおすすめ!併せて温泉も楽しもう。

大原は山中にあるため、マイカーがないと現地での移動を含め不便になります。バスだと京都から1時間かかるので、とてもおすすめ出来るものではありません。

どちらにしても、三千院まではほぼ一本道なので向かう人は同じ道を通ります。紅葉シーズンは非常に人気のため、まともにゆっくり散策しようと思っていたら裏切られる可能性もあります。

早起きが得意な方なら(得意でなくてもか?)早朝がおすすめです。

余裕があるのなら宿泊してしまうのも有りだと思います。静かな山村での時間はきっと現代人が忘れかけている「時間の過ごし方」を提供してくれるはず。

はるペン
のんびりするペン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。