【紅葉の京都】哲学の道はコースで楽しめるおすすめスポット

紅葉と言えば京都!

いざ紅葉を見に行こう!となったら「どこに行けば良いの?」って事ありませんか?

そんな人のために、気になるアクセス周辺情報、見頃など、紅葉の情報をまとめました!

今回は「哲学の道」

ネコ弟子
思案にふけるにゃ

哲学の道とは?

北は銀閣寺、南は琵琶湖疏水へとつながる約1.5kmの散策路です。

哲学者である西田幾多郎が、この道を思索するのに使っていた事からこの名前がついたそうです。

途中には有名な「南禅寺の水路閣」も見ることができます。他にも有名なスポットが大量に集まっているのが特徴的で、デートにも最適な場所となっています。

水路には魚がいたり、春には桜、夏には新緑、冬は雪と四季を通して楽しめることから人気があります。お土産屋さんやおしゃれなカフェなどが立ち並んでいるのでお気に入りを見つけるのも楽しみの1つでしょう。

秋には紅葉が視界から消えるほど長く続きます。その姿をゆっくり見たいなら朝早くの時間がおすすめです。

紅葉の見ごろは、11月中旬~下旬にかけて。

ネコ弟子
歩くの疲れたらカフェにゃ
はるペン
ずっと食べてるぞ

紅葉の撮り方

紅葉の撮り方ならこの設定!ほぼオートで簡単に撮影する方法

撮影の注意点

京都では撮影マナーの悪さから「撮影禁止」になっているお寺や観光地が増えてきています。

写真への愛情が過度に過ぎると「盲目」となってしまいます。せめて人が言うマナーには耳を貸しましょう。

三脚使用はほとんどできません、荷物になるだけと心得ましょう。

はるペン
ルールを守ってね

アクセス

南北に約1.5kmあるので、どちらにアクセスするかが勝負の分かれ目?例にもれず紅葉時期は渋滞のためにダイヤが乱れに乱れます。マイカーも混雑時にはパーキングが見つからない事もあるのでおすすめできません。

おすすめは、ずばり京阪か地下鉄から徒歩!もはやちょっとしたウォーキングかトレッキングくらいの気持ちで向かいましょう。

楽をしたいのはみんな同じ、ともすれば混雑に巻き込まれます。

公共機関

①京都駅から(哲学の道北側)

最寄りのバス停「銀閣寺道」

市バス5系統(A1乗場)

市バス17系統(A2乗場)

京都駅から約7kmくらいですが、紅葉のシーズンは距離が2~3倍に伸びたかと思うくらい辿り着きません。時間に制限があるなら下の2つを選択しましょう。

②京阪出町柳から

徒歩30分

③地下鉄蹴上から

徒歩20分

京都駅からJRで「山科」へ1駅移動し、地下鉄へ乗り換えるルートがスムーズです。

 

住所:京都市左京区浄土寺石橋町~若王子町

駐車場:周辺に一時預かり有り←非推奨

料金:無料

周辺情報

哲学の道周辺は観光スポット目白押しです!

南北どちらからアクセスするかにもよりますが「銀閣寺」「法然院」「南禅寺」は外せないでしょう。

そこから少し離れて「京都市動物園」「平安神宮」「蹴上のインクライン」(鉄道跡)に向かうのもおすすめです。

どこに行くにしろ距離が長くなるので、お子さんと一緒だとツライかもしれません。お子さんとなら無理をせずに、場所を特定して楽しんだほうが結果的に充実するでしょう。

まとめ

「哲学の道」散策コースは京都を堪能できるおすすめコースだ!

記事を書いていて自分が行きたくなるくらい、魅力があふれた場所だと感じました。今すぐにでもカメラ片手に散策しに行きたい気分です(笑)

丸縁のメガネと、すり切れた古書を手にして歩けば哲学者気分?

はるペン
人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり
ネコ弟子
それ石碑に書いてあるにゃ
はるペン
ばらすなよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。