(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

ASUS TUF Dash F15 FX516PEレビュー!RTX3050Ti搭載でゲーム初心者にもおすすめのPC

WRITER
 
ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,RTX3050Ti,Core i7-11370H
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

ASUSのゲーミングノートパソコン「TUF Dash F15 FX516PEシリーズ」 (FX516PE-I7R3050TECG)をお借りしたのでレビューします。

Core i7-11370H×GeForce RTX3050Tiの組み合わせで、しっかりとゲームが遊べる性能!15.6型フルHDモニターは144Hzリフレッシュレートに対応し、滑らかで迫力のある映像を楽しめます。またRAW現像や動画編集などにも十分対応できるパフォーマンスを備え、静音性やデザイン面での優秀さも伝わってきました。

ベンチマークソフトを使ってのパフォーマンスチェックや、使い心地などをレビューしていきますので参考にしてもらえると嬉しいです。

こんな記事もおすすめ

ASUS クリエイター向け製品

TUF Dash F15 FX516PE (FX516PE-I7R3050TECG)レビュー

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,公式写真,比較,価格,

ASUSのゲーミングノートパソコンTUF Dash F15 FX516PE (FX516PE-I7R3050TECG)です。

公式サイトによると、Core i7-11370Hは省電力Uシリーズと比較して約29%も性能が高く、ゲームや動画配信の快適性が高いとのこと。またRTX3050Tiシリーズは、よりリアルな映像体験ができるリアルタイムレイトレーシング技術や、フレームレートの向上にも期待がもてるDLSS技術にも対応。簡単に言うと「きれいなゲーム画面をより良い条件でプレイ可能」になったという訳です。

過去実売15万円クラスのゲーミングパソコンだと、多少条件を整えてプレイしてきた背景がありますが、TUF Dash F15 FX516PE のように新技術を採用することで「現実的な価格帯でもしっかり遊べる」条件が整ってきたと言えます。またRAW現像や動画編集といった高負荷作業にも期待がもてるので、幅広いシーンで活躍してくれるマシンと言えそうです。

特徴をまとめるとこんな感じです。

特徴
  • Core i7-11370Hで従来モデルより性能UP!
  • GeForce RTX3050Tiはライトユーザー希望の星?
  • 15.6型フルHD(144Hz)
  • 静音性に優れる
  • 19.9mmとスリムな設計
  • 約14.3時間のバッテリー駆動時間

ラインナップ

型番構成価格
15.6型1,920×1,080(144Hz)
Core i7-11370H×16GB×1TB×RTX3050Ti
154,800
15.6型1,920×1,080(144Hz)
Core i7-11370H×16GB×1TB×RTX3050Ti
154,800
15.6型1,920×1,080(144Hz)
Core i7-11370H×16GB×512GB×RTX3050Ti
149,800

メインマシンで選ぶなら1TB SSDを搭載したモデルがおすすめ!今回はエクリプスグレーをお借りしましたが、カラーリングとしてはムーンライトホワイトも存在します。

また、上位クラスにはRTX3060、RTX3070を搭載したモデルもあります。過去にレビューし他モデルもあるので、合わせて参考にして下さい。

ASUS TUF Dash F15 FX516PRレビュー!RTX3070(mobile)搭載のゲーミングノートPC

 

YouTube動画レビュー

You Tube動画も作っていますので、合わせて参考にしてください。(高評価、チャンネル登録してもらえると泣いて喜びます)

 

TUF Dash F15 FX516PE (FX516PE-I7R3050TECG) 性能(スペック)

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,デザイン

スペック
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-11370H
  • GPU:GeForce RTX3050Ti
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB SSD
  • 液晶:1,920×1,080ドット(144Hz)
  • 重量:約2.1㎏
  • サイズ:幅360mm×奥行き252mm×高さ19.9~20.9mm

公式サイトで仕様を確認する

ゲーミングモデルらしさいタフさを感じさせるようなデザインで、実際に米国軍用MIL規格に準拠しており堅牢性も完璧。グレー基調のカラーリングも悪くありません。サイズは幅360mm×奥行き252mm×高さ19.9~20.9mmで、狭額縁採用なので実寸以上にコンパクトに感じます。

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,デザイン

なんとなく米軍を彷彿とさせるロゴですよね。

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,デザイン

実際に使ってみて感じたのは「とても静か」だということ。高性能なPCってどうしても熱が課題なので、排熱用のファンが大きくうなりをあげるケースが多いです。本機は5本のヒートパイプや4つのヒートシンク、83ブレード構成のファンを2基備えて、冷却性をしっかり確保しています。ゲーム音の妨げにもならずに集中できると感じました。

 

付属品

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,付属品,説明書

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,付属品,AC,電源

付属品は各種取扱説明書、電源コード、ACアダプターなどです。(貸出機のため内容物は異なる可能性があります)

 

液晶モニター

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,液晶モニター

液晶モニターは15.6型フルHDモニターですが、発色もきれいなので写真や動画の編集用途などにも十分使えると思います。文字も割とくっきり見えましたし、モニターサイズも大きいので目の負担も小さく感じました。

 

キーボード

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,キーボード,打鍵感

キーボード配列は自然で、たわみもほとんどなくタイピングしやすいです。上部にはよく使う音量ボタンやパフォーマンス切り替えボタンが用意されています。

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,キーボード,打鍵感

タッチパッドはコンパクトですが、精度もよくストレスは感じませんでした。長時間の作業ならマウスを使いたいところですが、ちょっとした作業なら十分にこなせると思います。

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,キーボード,打鍵感

ゲームで移動によく使うWASDはクリアで視認性バッチリです。バックライトもグリーンでいい感じ!

 

インターフェース

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,インターフェース

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,写真,インターフェース

インターフェースは、LAN、HDMI、Thunderbolt 4(Type-Cデータ転送と映像出力、本機給電をサポート)、USB3.2 (Type-A/Gen1)×3、マイク、ヘッドホンジャックなどです。

 

TUF Dash F15 FX516PE  ベンチマークテスト結果

CPU:Core i7-11370H 性能チェック

ASUS,TUF Dash F15 FX516PR,FX516PR-I7R3070GP,CPU性能,比較,Core i7-11370H,

4コア8スレッドのCore i7-11370Hを採用しています。最近のインテルの傾向としては、シングルスコアを高めてゲーミング性能をあげているイメージがあります。ただしコア数が4と少なめなのでマルチスコアは控えめです。

参考までに他モデルと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

モデルCPUスコア
TUF Dash F15 FX516PECore i7-11370H12860
ROG Flow X13 GV301QH
Ryzen 9 5900HS23101
DAIV 5NCore i7-10875H15814
DAIV 5PCore i7-10750H12572

スコアは12000オーバーで、Core i7-10750Hと同等の数字を叩き出しています。

僕は写真や動画編集も行うので「素直にCore i7-10750Hじゃだめなの?」という疑問が素直に湧いてしまいましたが、ゲームに最適化されたモデルということ思い返したのでこの言葉は飲み込みます(笑)

 

RAW現像チェック

実行速度をチェックするためにRAW現像にかかった時間を計測します。

テストの内容は、無料現像ソフトの「RawTherapee」を使って100枚のRAWデータの一括変換にかかった時間を計測。(設定はJPEG品質は90%、高画質です)

モデルCPU時間
TUF Dash F15 FX516PECore i7-11370H3分21秒
DAIV 5NCore i7-10875H3分23秒
DAIV 5PCore i7-10750H4分12秒

RAW現像処理能力はとても優秀で、今回比較していく中では最短で処理が完了しました。編集作業中のもたつきや待機時間はほぼなく、作業に没頭できるパフォーマンスはしっかりあります。発色のきれいなモニターも合わせて現像作業は楽しいものになるでしょう。

Core i7-10750Hじゃだめなの?とか言ってゴメン・・・

 

GPU:GeForce RTX3050Ti ゲーム性能

TUF Dash F15 FX516PE(RTX3050Ti)のゲーミング性能をチェックしていきます。

FF15のスコアを比較

重量級タイトルのFF15でゲーミング性能をチェックします。

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,ゲーミング性能,RTX3050Ti,,FF15

モデル設定結果
TUF Dash F15 FX516PE
(RTX3050Ti)
3840×2160(標準設定)2852(やや重い)
1920×1080(標準設定)7558(快適)
DAIV 5N
(GTX3060)
3840×2160(標準設定)4428(普通)
1920×1080(標準設定)10532(とても快適)
TUF Dash F15
(RTX3070)
3840×2160(標準設定)4364(普通)
1920×1080(標準設定)8383(快適)

フルHD標準設定では7558(快適)という結果が得られました。おそらくほとんどの国内タイトルを遊ぶのには十分なパフォーマンスでしょう。

この数字はGeForce GTX1660Tiを搭載したノートパソコンと同等ですが、個人的にはもう少し出てくれると嬉しかったというのが本音です。GTX3060搭載のゲーミングパソコンでも同価格帯に存在するので、ゲームをしっかり遊ぶのならそうしたモデルを選ぶほうがコスパはいいかもしれません。

 

動画編集チェック

動画編集能力をテストするために無料ソフトのResolveを使いました。ミラーレスカメラで撮影した4Kデータを使って簡単な動画を作成→レンダリング(FHD)の時間を測定しています。

モデルパーツ構成時間
TUF Dash F15 FX516PECore i7-11370H×RTX3050Ti約3分15秒
TUF Dash F15Core i7-11370H×RTX3070約2分35秒
DAIV 5PCore i7-10750H×GTX1650Ti約3分20秒

動画の書き出し時間は3分15秒で、十分に納得できるパフォーマンスです。ですが・・Core i7-10750H×GTX1650Ti搭載のDAIV 5Pとほぼ同等というのはやや気になります。やはりコア数の少なさが足をひっぱっている可能性はありますね。

そして4Kデータを扱うには、ギリギリ片手が届くかなくらいの印象で、快適というにはもう一歩欲しい気もしました。フルHDクラスなら拘った編集も可能でしょうが、4K動画編集には過度な期待は禁物だと思います。

 

SSD転送速度チェック

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,SSD,転送速度,実測値

実測で読込速度 3500MB/s,書込速度 3000MB/sに迫る高速SSDを搭載。パソコンやゲームの起動、インストールも速いので不満はありません。

 

Dash F15 FX516PE (FX516PE-I7R3050TECG)の総合力

続いては、CPU、GPU、メモリ(RAM)、ストレージのパフォーマンスチェックのために「Novabench」でテストします。

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,レビュー,感想,ブログ,ベンチマーク,性能,novabench

モデルTUF Dash F15 FX516PEDAIV 5P
総合28242560
CPU13231369
GPU949773
RAM281239
Disk271179

GPUがIris Xeグラフィックスと表示されていますが、これだとGPUスコア380前後になるので、RTX3050Tiでしっかりと計測できているようです。

ASUS Dash F15 FX516PE (FX516PE-I7R3050TECG)を総合的に見ると、価格なりか少し上のパフォーマンスという印象です。同価格帯でCore i7-10750H×GTX1650Ti搭載のDAIV 5Pと比較しましたが、全体的にスコアは高くコストパフォーマンス面での優秀さが光ると感じました。

ASUS クリエイター向け製品

Dash F15 FX516PE (FX516PE-I7R3050TECG)の感想・評価

良いところ

  • 標準以上の処理能力
  • フルHD環境では強さを見せる
  • 表現力豊かな15.6型モニター
  • 静かで作業に集中できる

全体的に処理能力は高めで、専門的な作業を行わない限りは不満のでないパフォーマンスと言えるでしょう。ゲーミングだけでなく、RAW現像などにも強さを見せますし、動画編集も現実的に作業が行えるレベルです。負荷がかかっても割と静かで、となりで回っている換気扇のほうが気になるレベルでした。映像表現も得意ですし、広い用途で使える楽しいパソコンに仕上がっていると思います。

 

ちょっとイマイチなところ

  • 動画編集能力は並
  • 描画性能がもう一歩ほしい

多用途に使えるパソコンではあるのですが、ゲーミングマシンとしては描画性能がもう一歩という印象を受けました。RTX3050Tiで色々できるようになれば、低コストで遊べるじゃん!みたいに考えていたのですが、実際はGTX1660Tiに近い性能。動画編集(4K)でもやや物足りなさを感じました。

まだまだ登場したばかりというのもありますが、同価格帯にRTX3060という「より仕事ができるヤツ」がいる以上、コスパ面では劣ると言わざるを得ないのが現状です。

 

Dash F15 FX516PE (FX516PE-I7R3050TECG) をおすすめしたい人

ASUS,Dash F15 FX516PE ,FX516PE-I7R3050TECG,公式写真,比較,価格,

  • ストレスない性能を求める人
  • フルHDクラスのデータしか扱わない人
  • 写真編集、軽めの動画編集もしたい人
  • 多用途で使えるパソコンが欲しい人

ASUS Dash F15 FX516PE (FX516PE-I7R3050TECG)をレビューしてきました。

全体的にパフォーマンス面は高めで、ゲームはもちろん、RAW現像や動画編集といったクリエイト領域もカバーできます。作業中はとても静かですし、発色のきれいなモニターも良かったです。打ちやすいキーボード、デザイン面の優秀さもあって、幅広く受け入れられるモデルだと思います。

参考

最後までお読みいただきありがとうございました。

ASUS クリエイター向け製品

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2021 All Rights Reserved.