(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

ASUS ZenBook 14(UX433FN)レビュー!軽量でデザイン性を重視する人におすすめのノートパソコン

はるか
WRITER




この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

ASUS Zen Book UX433FN レビュー ブログ

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

ASUS ZenBook 14(UX433FN)をお借りしました。狭額ベゼルの14型ディスプレイ(sRGB100%グレア液晶)を搭載し、写真や映像鑑賞にも最適です。軽量ながら独立グラフィックまで搭載している高性能なノートパソコンです。

割と至れり尽くせりな印象がありますが、実際にRAW現像・動画編集・ゲームなどを試しながらの感想、そして注意したいポイントなんかもまとめてみました。それでは、ASUS ZenBook 14(UX433FN)のレビューをご覧ください。

ASUS ZenBook 14(UX433FN)レビュー!

ASUS ZenBook 14(UX433FN)は、ほぼ液晶と言ってもよいくらいベゼルのない14型ディスプレイを搭載。デザイン性の良さはもちろん、画面への没入感も高く作業に集中しやすくなっています。日本市場では13型と15型のノートパソコンが人気ですが、ちょうど両方から良いところを抽出したような形になっています。

特徴をざっくりまとめると以下の通りです。

  • Core i5-8265U ×GeForce MX150 搭載
  • 14型(フルHD)のsRGB100%の液晶パネルを採用
  • テンキーとしても使用できるタッチパッド「NumberPad」を搭載
  • 約12.5時間の長時間バッテリー駆動で持ち出しも安心
  • 顔認証でWindowsへのログインを行えるWindows Hello機能に対応
  • わずか1.25kgの軽量サイズ
ネコ弟子
ちょうど良いがつまってる感じにゃ

 

ASUS ZenBook 14(UX433FN)の外観写真

モバイルしたくなるノートパソコン

ASUS Zen Book UX433FN レビュー ブログ

ASUS ZenBook 14 の魅力は何と言っても、高品質かつコンパクトなボディでしょう。

本体サイズは319(幅)×15.9(高さ)×199(奥行)mmで、一般的なノートパソコンよりも小さくなっています。カフェなどの小さな机に広げても作業スペースを確保できるのがありがたいところ。

ちなみに重量は約1.25kgで軽い部類に入りますし、バッテリーの持ちも良く(約12.5時間)1日持ち歩こうと思っている人も安心感を持ってもらえるかと思います。

ASUS Zen Book UX433FN レビュー ブログ

付属品にはパソコンカバーも含まれていました。ACアダプターのサイズも小さいのがgoodです!コンセントに差し込む部分がたためると最高だった・・・

 

スタイリッシュでカッコ良い筐体

ASUS Zen Book UX433FN レビュー ブログ

カラーはアイシクルシルバーをお借りしました。明るい色だと持ち出すときの気分もあがりませんか?僕だけ??ちなみにロイヤルブルーとの2色展開です。

 

ASUS Zen Book UX433FN レビュー ブログ

少しわかりにくいかもしれませんが、ASUSの天板にはスピンドル加工?が施されています。雫が水に落ちたような円形の模様が広がっていて、少しおしゃれ度がアップしています。

 

リフトアップするキーボード

ASUS Zen Book UX433FN レビュー ブログ

液晶を開くと、てこの原理でキーボードがリフトアップするようになっています。適度な傾斜がつくことでタイピングもしやすく、隙間ができて冷却効果が高まります。横から見るとすごく薄いのがわかりますね。

 

ASUS Zen Book UX433FN レビュー ブログ

キーボードはいたって普通です。特に打ちにくいと感じることはありませんでした。

ただ右上の電源ボタンがいただけません。テキストを消去しようと思って電源ボタンを押してしまうことがありました。この点は不満で独立させてほしかったです。

タッチパッドが変わっていて、テンキーに早変わりしてくれます。小さなパソコンにはテンキーがつかないことも多いですが、工夫で乗り越えています。エクセルや資料作成で有難いと感じる人は多いはずです。

 

グレアディスプレイで写真がきれい

ASUS Zen Book UX433FN レビュー ブログ

画面占有率が91%という、ほぼフレームレスな液晶は没入感が違います。枠がないので見たい物だけに集中することができます。

光沢のあるグレア液晶は美しいですし、写真や動画などの視聴にも良いでしょう。(好みはありますが)さらにsRGB100%なので、一般的なディスプレイよりも色表現に優れている点も見逃せません。写真編集などを考えている人には追い風になるのではないでしょうか。

難点はディスプレイの角度が決まりにくいことです。動かさなければ基本的に問題ありませんが、ふと移動しようと思って持ち上げた時にディスプレイがダランと重みで開ききってしまいます。

 

ASUS ZenBook 14(UX433FN)の性能(スペック)

スペック

CPU: インテル Core i5-8265U
グラフィックス:GeForce MX150(2GB)
メモリ:8GB
ストレージ:256GB  SSD
液晶:14型 フルHD グレア液晶
サイズ:319×15.9×199mm
重量:1.25kg

ASUS ZenBook 14(UX433FN)は、軽量なモデルでありながらグラフィク(MX150)を搭載しています。MX150はそこまで高性能ではありませんので、ゲームを快適にプレイしたりといった用途には向きません。フルHDの動画編集もちょっと厳しかったです。

どちらかと言うと、RAW現像やイラスト作製など静止画を中心としたクリエイト向けのノートパソコンになっていると思います。(できればメモリも16GB欲しかった)普段はネットや動画視聴が中心で、たまに趣味の写真をつつきたいというカジュアルな使い方に向いていると感じました。

あくまでも性能はそこそこなので、メイン機に据えたい人や、高度な編集作業をする人は、もう少し性能にこだわったほうが良いでしょう。

RAW現像にしても動画編集にしても、本格的に使いたいならCore i7で16GBメモリ搭載の「ASUS ZenBook 14(UX433FN-8565)」がおすすめです!

 

CPU:Core i5-8265Uの処理能力

ASUS Zen Book UX433FN レビュー ブログ CPU

ASUS ZenBook 14(UX433FN)に搭載されているCPUはCore i5-8265Uです。省電力タイプのCPUなので性能はそこまで高くありません。ですが、実はCore i5としては優秀で、上位モデルのCore i7-8565Uと比較してもさほど差はありません。

参考までにPassmark社の公表している数値をご覧ください。

CPUスコア
Core i5-8265U8076
Core i7 8565U9047
Core i7-8750H12476

Core i7-8565Uとスコア差はたしかにありますが、できることが劇的に変わったりはしないでしょう。このくらいの差なら、僕はあまり気にしないかな・・・

 

GeForce MX150搭載で小回りが利く

MX150が登場したのはここ2年くらいの間だと思いますが、10万円クラスのノートパソコンに使われているのをよく見かけます。CPU内臓のグラフィックよりも高性能ですし、サイズアップせずに性能をあげられることを考えると良いパーツだと思います。テストをしてみると最新ゲームは難しいものの、比較的ライトなゲームなら快適に動作することがわかりました。

FF15のベンチ結果

ASUS Zen Book UX433FN FF15

FF15は重たいゲームですが、ベンチソフトの設定を落としきっても快適にプレイすることは困難。基本的にゲーム目的で買うパソコンじゃないと思います。

 

DQ10のベンチ結果

ASUS ux433F DQ

ドラクエは快適プレイが可能

軽量なモバイルPCだと、ゲームやクリエイト作業は難しいのが相場ですが、Zen Book UX433FNならグラボ搭載で余裕を持たせてあるので多用途に対応できます。余幅は少ないですが(笑)

 

SSDの速度も速くサクサク動作

ASUS ux433F Cドライブ

SSDにも高品質なパーツが使われており、Readで1750MB/sを超えています。これは一般的なSSDよりもはるかに速い速度です。パソコンの起動も速く、アイデアを形にするまでの時間を短縮することができます。

 

RAW現像はギリギリ許容範囲、動画編集は厳しい

ASUS ZenBook 14( UX433FN)でRAW現像を試した結果、ギリギリ許容範囲でした。

RAW現像は無料ソフトの「RawTherapee」を使っています。画像の読み込みや切り替えに若干のタイムラグが発生しますが、編集作業自体は可能。編集をあてても割と速く反映されます。100枚のRAWデータの一括返還にかかった時間は5分14秒と若干時間がかかってしまいます。CPUやメモリ容量を考えるとこんなものでしょう。全部の写真をRAWで撮って変換とかになるとストレスでしょうが、例えばブログ用に数枚修正する程度であれば許容範囲かなと思います。

Lightroomが推奨する環境に「メモリは12GB以上にしてね」という記載もあるくらいなので過度な期待は禁物です。

 

動画編集も試しましたが、フルHDの動画でもカラーグレーディングは厳しかったです。5分の4K動画をフルHDに変換するのにかかった時間が18分52秒で、現実的ではありません。数秒の動画をつないでテキストいれるくらいのライトな動画なら作成可能でしょうが、本格的な動画編集は厳しいと思います。

RAW現像や動画編集をがっつりしたいならDAIVのノートパソコンがおすすめです。

 

熱はこもりやすいので注意!

各テストを繰り返していくと、キーボードがだんだんと熱を帯びてきます。特にRAWの一括現像やゲームなどで顕著です。触れないほど熱いという訳ではないのですが、手がポカポカする程度にはなります。

僕は少し気になったので、かさ上げをして風を通して使っていました。ファンの音は静かなほうだと思います。

 

ASUS ZenBook 14(UX433FN)の感想や評価

ASUS ZenBook 14(UX433FN)の良いところ

  • 軽量でおしゃれなデザイン!
  • sRGB100%の広色域の液晶ディスプレイを搭載!
  • 独立グラフィックによる描画性能向上!
  • 長時間使えるバッテリー性能!
  • 総合的によくまとまっている

良いところはノートパソコンとしての完成度が高いところでしょうか。ハイスペックと言う訳ではありませんが、そこそこの性能をキープしながらも小型化、長時間バッテリーなどを実現しているのでカジュアルに使いやすいパソコンに仕上がっています。sRGB100%のグレア液晶なども含めて使いやすいと感じる人は多いと思います。

14型ディスプレイの波がじわじわと来ていると思いますし、この辺りのノートパソコンをサブとして欲しい気持ちがあります。外でブログ書いたり、ちょっと写真を触ったり、帰省や出張のお供にちょうど良いと思うんですよね!

 

ASUS ZenBook 14(UX433FN)のいまいちなところ

  • クリエイト用途には心もとないスペック
  • 電源ボタンの位置が悪い
  • 熱がこもりやすい

ASUS ZenBook 14( UX433FN )の気になったポイントは上記の通り。特に熱はこれから暑い時期に入ってきますし気になってしまいました。スペックは決して高くないのですが、その他の快適度に振られている印象。

 

ASUS ZenBook 14(UX433FN)をおすすめしたい人

こんな人におすすめ
  • カジュアルなノートPCが欲しい人
  • 外でイラストやRAW現像をしたい人
  • モバイル環境が前提という人
  • きれいなディスプレイを好む人
  • サブパソコンとして
ASUS ZenBook 14(UX433FN)をレビューしてきました。スペック、サイズ、デザイン等々が高い水準でまとまっており使いやすいノートパソコンだと思いました。

sRGB100%の液晶は写真を見ていてもきれいですし、自分の撮った写真を眺めているだけでもそれなりに楽しめます。リビングに置いておいてサッと取り出したり、持ち出して外で使うのにもおすすめですね。スペックはそこそこなので、1台で全てをこなそうと思うと苦しいですが、カジュアル使いには最適と言える要素が多く含まれています。コンパクトなのでデスク周りもスッキリしますよ!

本格的に使いたいならCore i7で16GBメモリ搭載の「ASUS ZenBook 14(UX433FN-8565)」がおすすめです!surfaceやタブレットからの移行もありだと思いました。

おすすめ関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

公式HP:https://jp.store.asus.com/store/asusjp/ja_JP/home

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2019 All Rights Reserved.