(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

ARC’TERYX(アークテリクス)アトム SL ベストをレビュー!万能の調整機能をもつ軽量ベスト

WRITER
 
アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

アークテリクスのレジェンドアイテム「アトム SL ベスト」(Atom SL Vest)をレビューします。

中綿を使って保温力を持たせながらも、軽量コンパクトなベストになります。綿の量はそこまで多くないのでオーバーヒートしにくく、1枚でも重ね着でもオールシーズンで使いやすいアイテムとなっています。キャンプやサイクリングなどで体の中心を冷やしたくないシーンにも活躍してくれますし、体温調整に抜群の強さを発揮します!

実際に使ってみた感想や気づいたこと、弱点なんかをふくめて書いていきますので参考にして下さい。

アークテリクスとは?

アークテリクス,,ARC'TERYX,公式,写真,比較,おすすめ

「地球上にある最高の素材、最高の技術、革新的なデザインで製品を作る」ことをコンセプトとして掲げる、ARC’TERYX(アークテリクス)は、カナダ生まれのアウトドアブランドです。

その優れたデザイン性と、防水性や透湿性、防風性などの高機能性は、登山愛好家だけならず広く愛されています。ロゴには始祖鳥があしらわれており、街に出かけると見かけない日はないほどの人気ぶり。感度の高い人なら一度は目にしたことがあるはずです。

 

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)レビュー

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)は、保温性、透湿性、防風性をもたせたベストです。

2022年のカラーはBlack、Revel(オレンジ系)、Solitude(ホワイト系)、の3色展開です。保温力があるといってもそこまで厚い製品ではないため、着ぶくれすることもなくスッキリ着用できるのがアトムSLベストの良いところです。どちらかと言うと「寒さ取り」という意味合いで使うほうがしっくりくるかもしれません。

高い対候性と耐久性を備えながら、軽量で持ち運びもしやすいためコンパクトに畳んでカバンに押し込んでおくのも良いでしょう。絶対に必要という訳じゃなくても、あれば有難いという思うシーンは意外と多くあります。

自分はアークテリクスの製品が好きで沢山購入していますが、ゴアテックスシェルやウインドシェルなどの保温力をもたないアイテムの下に着込むことが多いです。もちろん部屋で寒いときにサッと気軽に羽織れるのもポイントですね。

 

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)特徴

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

コンパクトで超軽量。アークテリクスで最も軽いアトムベストは、バックパックに入れて手軽に持ち運べるため、夏の急な気温の低下に対応することができます。重ね着のミッドレイヤーとしてだけでなく、単独でも利用できる優れもの。適度な保温性が得られるため、早朝ランニングはもちろん、澄んだ空気を感じながらピークバギングを楽しむのにも最適です。Tyono™ 20 シェルは透湿性と防風性をバランスよく実現し、コアロフト™インサレーションは軽量性と効率的な断熱性を発揮するだけでなく、圧縮収納も可能にします。フリースを使用した軽量で伸縮性に富んだサイドパネルにより通気性が向上し、フィットを維持します。※出典:アークテリクス

モデル名Atom SL Vest
素材Tyono™ 20 デニール シェル – 100% ナイロン
bluesign®認定ストレッチフリースサイドパネル
タイプベスト
機能汎用、軽量、防風性、保温性、透湿性
重さ179g
価格¥18,700

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)は、Coreloft コンパクト 40 インシュレーションを採用したベストになります。中綿が化繊ですので透湿性に優れ、ダウンベストとちがって自宅で簡単に洗濯ができるなどメンテナンス性にも優れています。

天候が急転して気温が下がったときや、風が思ったよりも冷たいなんて時にはお守り替わりにもなってくれます。また透湿性にも優れているので、運動時の着用でも不快感が小さいのもメリットになるでしょう。アウターとして着るのも良し、インナーとして入れるのも良しで、保温力の足し算、引き算がしやすいアイテムになっています。

ダウンベストを使った人がある方なら、その利便性の高さは説明不要かもしれませんね。メインに使うことは少ないかもしれませんが、1枚あるだけで保温力を補えるバランサー的な役割を担ってくれます

同社からは「アトムLTベスト」という似たアイテムがありますが、240gとアトムSLベストよりもやや重たくなっています。

 

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)デザイン

生地

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)は、中綿にコアロフト素材を利用したインサレーションになります。ベストタイプですので体の動きを阻害することなく、アクティブなシーンにも最適と言えるでしょう。暑がりな人や、着ぶくれするのが苦手という人にも使いやすいです。

同じ中綿を利用した大人気アイテム「アトムLTフーディー」の設計思想のまま、よりライトな感覚で扱えるようになったアイテムという印象です。

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

大き目のポケットに中綿が少量入っています。また脇下のラインには伸縮性のあるフリース素材となっており、通気性を確保しながらもフィット感をもたせてあります。

 

襟回り

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

よくあるダウンベストとはちがって、襟元はしっかりと高さがあります。こうしたアイテムを使うとアウトドア感が強くなるケースもありますが、アークテリクスの場合は不思議とスタイリッシュにまとまります。ちょっとしたフォーマルの場にも全然着ていけそうなイメージです!

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

襟元もフリース素材なのでチャックを閉めた時に温かさが伝わってくるようです。スーツの下に着るのは難しいかもしれませんが、単体で保温力をもたないゴアテックスシェルなどに着込むと抜群の相性となります。

 

肩周り

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

肩周りは単純に袖がないので動きやすいです。約180gなので重さはほぼ感じませんし、それでいてうっすら温かさで包まれるような感覚があります。これがまためちゃくちゃ安心感を生むんですよね(笑)

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

脇下はベンチレーション的な役割もかねたストレッチフリース。異なる素材を1つにまとめるのは単純に大変だし、コストも上がりそうなのに妥協しない姿勢がカッコいいです。

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

肩周りにも裏地がしっかりあてられており、耐久性もそこそこありそうです。

 

裾まわり

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)はトリムフィットですので、余裕をもって1サイズあげるのが個人的にはおすすめです。

裾もしっかりと長さがあるので、寒くなりがちな腰回りもしっかりと守ってくれます。

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

裾にはドローコードが1個所ついているので、寒さを感じる時など必要に応じて調整が可能です。

 

ポケット

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

ハンドポケットが2つあり、収納力もしっかり確保されています。

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

このポケットがやや曲者で、開いたままにするとパックリと口をあけたようになってしまいます。直線的な美しさというか、ダボつくような感じになるのが嫌なのでいつもチャックは閉じたままにしています。

 

コンパクトに持ち歩ける

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

折りたたむと500mlのペットボトルくらいの大きさになります。ハンドポケットにグイグイと押し込む形でも畳めますが、シワになるのとチャックが締められるような作りになっていないのがチョットだけ残念かも…

 

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)サイズ感・コーデ

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

身長168cmでMサイズを購入しました。僕は普段ならSサイズ(アークテリクスは海外規格のため日本ならMサイズくらい)を購入するのですが、モデル的に細い仕上がりなのでMでちょうど良かったです。シャツにサッと羽織るだけでサマになります。

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

チャックを閉めると全身をほんのり温かさが包んでくれます。その安心感と、締め付けのなさが病みつきになってしまいそう。

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

背中側もすっきりとしたシルエットです。

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

半袖の黒Tと合わせてみましたが、どこが境目なのかわからないくらいしっくりきています。

 

保温力をプラスできる

ベータSLジャケット+アトムSLベスト

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

アークテリクスには単体で保温力をもたない製品もいくつかあります。例えば雨風に強いゴアテックスシェルの「ベータLTジャケット」なんかがそうです。

「着たいけど寒いからなぁ…」と敬遠するような日でも、アトムSLベストを中に入れることで保温力をもたせることができます。

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

薄手なのでジャケット本来のシルエットを壊しません!

 

アトムLTフーディー+アトムSLベスト

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

アークテリクスで最も有名(人気)?と言っても過言ではない、アトムLTフーディーのインナーとして入れてみました。0℃に近いような真冬にアトムLTフーディーをアウターとして使うのは辛いのですが、ベストの保温力を足すことで乗り切れる日も出てきます。

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

ベータLTジャケットと同じようにモコモコにならないので、ミッドレイヤーとして非常に使いやすいです。暑くなればサッと脱いで畳んでカバンにしまえるので負担に感じません。

 

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)のデメリット

  • 襟が高めである
  • ハンドポケットが開きっぱなしはダサい?
  • 保温力に過度な期待は禁物

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)は単体としても高い評価ができるアイテムですが、やはり組み合わせでこそ真価を発揮するアイテムな気がします。アクティブインサレーテッドとして必要な機能を最低限持たせて、大幹を冷やさずに過ごせるのはありがたいです。

襟が高いのでスーツや一部のファッションアイテムと相性が悪いのはネックでしょうか。首元をしっかり温められるのは良いのですが、街着との相性面で言うとデメリットにもなりやすいと感じました。襟のないタイプも使ってみたいですね。あとは単体での保温力が高くないので、真冬にこれ1枚あれば安心なんてこともありません。優先度としては2番手、3番手となってもおかしくないでしょうね。便利なんですけど必須でもないという難しい立ち位置は否めない…

スコーミッシュフーディーのようなウインドシェルの中に入れるのも良さそうな気はしますよね!

ARC’TERYX(アークテリクス)スコーミッシュ フーディをレビュー!軽さと万能さを併せ持つウインドシェル

 

まとめ:アトム SL ベスト(Atom SL Vest)は万能な調整着!

アトム SL ベスト,Atom SL Vest,ウインドブレーカー,アークテリクス,ARC'TERYX,比較,おすすめ,サイズ,レビュー,限定, 新作,ブログ,コーデ,感想,

アトム SL ベスト(Atom SL Vest)は、組み合わせ次第で化ける調整着です。

ダウンベスト的な役割をもたせながら、透湿性や家庭で洗えるなど利便性をプラスしてあるのが特徴です。単純に羽織っているだけでもカッコいいですが、保温力が足りないアイテムの弱点を補えるので重宝しています。

ゴアテックスシェルだけでなく「ガンマLTフーディー」や「ソラノフーディー」などのお気に入りアイテムのブーストによく使います。ちょっと荒業ですがトレーナー(フーディー)の下に着込んでしまったりすることもあって、意外と着用できるシーンが多いというのはありますね。

薄手で合わせるアイテムのシルエットを崩さないのに保温力をわずかにプラスしてくれる夢のようなアイテムです(笑)こういう痒い所に手が届く製品って決して多い訳ではないので、そうしたアイテムを求めている人には良い選択になると思います!

購入の参考にしてもらえたらうれしいです。

 

街着におすすめな ARC’TERYX(アークテリクス)のおしゃれアウタートップ8選!

アウトドアショップリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.