カメラ初心者でも安心!撮影モードを変えて簡単綺麗な写真を撮るコツ

撮影モードを変えて簡単綺麗な写真を撮るコツ

高級コンパクトと呼ばれるデジカメから、ミラーレスカメラや一眼レフカメラには撮影モード(P/S/A/M)と言うものが搭載されています。

カメラまかせ(AUTO)で撮影していても綺麗な写真は撮れますが、撮影モードを意図的に操作することでより表現が繊細になっていきます。出来上がりに差が出てくるので、見てくれる人へのメッセージ性やアート性が高まります。

カメラの設定を操ることで「楽しい」と思える瞬間は確実に増えますので、難しい!と考えず記事を参考にしながらステップアップしていって下さいね(^^)

ネコ弟子
撮影モード?

初心者:プログラム(P)モード

中級者:SS(S)/絞り(A)優先モード

上級者:マニュアル(M)モード

はるペン
こんな感じだよ

初心者

カメラは買ったばかりで初心者です。レンズ交換?実はまだなんですよ~という人におすすめなのが「プログラムモード」(P)です。今のカメラは本当に賢いので、カメラにまかせてシャッターを切っても普通に綺麗な写真になります。

ただし、撮り手の意図まで組んでくれるとは限りません。なので細かいことはカメラにまかせて「ここだけ気をつけてね~」とカメラに伝えるのがこのモードです。

 

▼カメラ購入がまだの人はコチラがおすすめ

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!初めてのカメラの買い方

カメラ購入時に必要なものは?初心者にありがちな忘れ物

 

プログラム(P)モード

①露出補正(+/-)

②搭載フラッシュは使わない

絞り:AUTO SS:AUTO

プログラムモードでは絞りとSS(シャッタースピード)は基本的にAUTOになります。設定する項目が少ないので、初心者でも簡単に扱えるモードと言えます。まずはプログラムモードでカメラの操作に慣れましょう。

AUTOでの撮影の場合、基本的にカメラは失敗しないことを最優先で考えます。選択の幅が狭いので、悪く言うと平凡な写真にしかなりません。特に写真の明るさ(露出)では失敗しがちです。

露出補正は+/-で記載されています。+にすれば写真が明るく、-にすれば写真が暗くなります。ミドルクラス以上のカメラなら、ほとんどがカメラ上部にあるでしょう。入門機ではコマンド画面を呼び出す必要があるかもしれません。お持ちのカメラの取扱説明書を参照してみてください。

露出補正(絞り/SS/ISO)の詳しい解説はコチラ

 

露出の失敗例と改善策

【+補正をしたほうが良いケース】

・逆光で顔が真っ暗になってしまった

・綺麗なお花を撮ったのになんとなく暗い

・赤ちゃんや子供の写真を撮ったのに柔らかさが出ない

 

▼こういう写真で使います

ネコ弟子
かわいいにゃ

【ー補正をしたほうが良いケース】

・青空の色がとんでしまって白い

・神社や鉄道などの重厚感が出ていない

・あえて暗いイメージで撮りたい時

 

▼こういう写真で使います

露出はカメラの一番大事な部分と言っても過言ではないので、明るさの操作を最初に覚える事をおすすめします。露出補正になれてきたらホワイトバランスなど、段階的にステップアップしましょう。(※ホワイトバランスについては別の機会で説明します)

 

搭載フラッシュは使わない

プログラムモードでもう1つ気を付けたいのが「カメラに搭載されたフラッシュを使わないこと」です。上手く光を操れば使えないことはないのですが、あくまで暗すぎて撮れないと言った際の緊急用ととらえて下さい。

フラッシュを使ってしまうと場の雰囲気が壊れます。発光量が基本的に不足しているので光が欲しいところまで届きません。届いたとしても直射であたる光で顔はテカテカになってしまいます。もしくは光が物に反射して白く写ってしまい、本来の色が残らなかったりします。

よく見かけるのはカメラをAUTOモードにして、ピントを合わせる為にシャッターを半押しした際にフラッシュが立ち上がっている姿です。AUTO撮影の場合だと、夕方から夜間にかけては十中八九フラッシュがピコッと立ち上がります。

ピコッ⇒収納⇒ピコッ⇒諦めて発光⇒写真が暗いという方程式が出来上がっています。こういった事を防ぐためにも、プログラムモードでフラッシュ発光禁止にすれば質感を残した撮影が可能です!

はるペン
失敗の方程式だね

どうでしょう?プログラムモードのメリットがだんだんわかって来たでしょうか??観光地で人にカメラを渡して撮影してもらう際にも便利なモードですので活用してみて下さいね!

 

 

中級者

レンズは2~3本所有しており、目的によって変えている。プログラムモードはそろそろ卒業したい。そんな方は絞り優先(A)orシャッタースピード優先(S)で撮影しましょう。

 

絞り(A)優先モード

絞り:操作 SS:AUTO

絞りはf値で表されています。絞りを使用者が設定すると、それに合わせてカメラがシャッタースピード(SS)を変えてくれます。

被写体を引き立てて、背景をボカした写真を撮りたい時に使うのがこのモード。絞りとはレンズ内の光を通す量を操作するもので、解放に近いほどボケのある写真が撮れます。逆に風景などの奥行までしっかりピントの合った写真を撮りたい場合は、絞ってあげましょう。

ピントの合う範囲の事を被写界深度と言います。単焦点レンズがあると表現しやすいのでおすすめです。

▼こちらの記事が参考になります

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

 

シャッタースピード(SS)優先モード

絞り:AUTO SS:操作

シャッタースピード優先モードを使うのは「動きを表現したい時」だと覚えておいて下さい。ブレと呼ばれる表現もこのモードで操作できます。

スポーツや電車などの動体撮影や、水しぶきを止めたい場合等は高速シャッターで動きを止めます。シャープな写真が出来上がるので安心してみることが出来ます。通常の人間の動きであれば1/200程度、動きの激しいペットや子どもなどは1/1000以上は欲しいでしょう。

逆にSSを遅くすることで、長時間動きを記録することが出来ます。水の流れを記録したい写真などに使えます。

▼こういう写真で使います

 

上級者

自分の撮影に必用なものはほぼ揃えた。自己表現の世界を突き進みたいという方は「マニュアルモード」を使っていきましょう。このクラスにはアドバイスはほとんど必用ないかと思うのでサラっと書きます。

 

マニュアル(M)モード

絞り:操作 SS:操作

これまでの全ての特徴をマニュアルモードで全て操作します。自分の気持ちの良い露出、ボケなどを見つけて表現しましょう。この頃になると多少マンネリ化してくるケースがあるので以下の行動がおすすめ。

①大好きな写真家の作品を観る

②写真仲間と交流を深める

③写真を見てもらう機会をつくる

 

大好きな写真家さんの話を聞いたり、SNSなどでたくさんの作品にふれる機会をもつと良いでしょう。気の合う写真仲間が見つかるとい健康やんや切磋琢磨できるので写真がもっと楽しくなります

僕は写真仲間と話し込んでたら深夜3時!?なんてこともありました(笑)

 

まとめ

自分のレベルは関係なく「写真は楽しむこと」が大前提です。

上記の事を気を付けて行けば、自分らしい表現に出会えることでしょう。ただ時には気負い過ぎず、シャッターを押すことも必要です。

僕は煮詰った時に昔のコンデジを引っ張り出して知らない街を歩きました。撮影はすべてAUTOで無心にシャッターを切りまくったら新鮮で楽しかったという経験があります♪

時には初心に戻ることも大切だと言う事が、経験をもって理解できた瞬間でした。

はるペン
楽しむためにテクニックを使おう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。