カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

【おすすめ】人気のカメラバッグまとめ!欲しいのは機能性?それともかわいさ?おすすめのパーフェクトなカバンとは?

 
  2018/01/14
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です

カメラの持ち運びどうしていますか?

今回は「パーフェクトカメラバッグの発掘」をテーマに、僕が良いな~!これおすすめかも?と思ったものを上げていきたいと思います。

合わせてチェックするポイントも書いてみるので参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク

 

カメラバッグの選び方のポイント

はじめてのカメラバッグ選びだと「何を基準に選べばよいかわからない」ということありませんか?

僕が考える最低限考えておいた方が良いと思うポイントは、こんな感じです。

 

・デザイン

・カバンのタイプ

・収納力

・堅牢性

 

デザインは自分の納得できるものを

ずっと使うものだから、どうせならデザインは自分の納得できるものを!他の機能性も大切ですが、まずは「自分が気に入るか」を最重視しましょう。

その上で他の項目をチェックすればハズレを引かなくてすみます。「デザインが良いのに使いにくい」は後々の公開のもとにしかなりません。

 

カバンはリュック?それともショルダー?

両方所持したことのある僕のおすすめは、リュックタイプです。

 

リュックタイプには「負担が両肩に分散される」「収納力が大きい」というメリットがあります。

長時間背負う場合や、遠方にでかける場合の移動も楽です。またカメラの他にも荷物がある場合はこちらを選択しましょう。デメリットは収納されたものが出し入れしにくい点です。

 

メッセンジャーバッグに代表されるような肩掛けタイプのメリットは、何といっても機動力です。機材の出し入れがしやすく、被写体を見つけたときに瞬時に撮りだすことが可能です。

レンズ交換が多い人や、レスポンスを少しでも早くしたい人はショルダータイプを選択しましょう。

1つの肩に重量全てがかかるので、あまりたくさん入れると負担が大きくなって撮影意欲がなくなります。長時間の移動にもあまり向きません。

 

収納力はちょうど良いサイズを選ぼう

目的によって必要なサイズはまったく違います。カメラは何台?レンズは?PCは持ち運ぶ?他の荷物は持ち運ぶか?などを考えましょう。

コツは自分が必用だと感じているサイズの少し上を選ぶことです。

 

意外と見落としがちな堅牢性

クッション性があることは前提ですが、長く使える堅牢性があるかどうかも重視しましょう。

重たくて高価な機材を持ち運ぶものですから、万が一がないように簡単な作りのものは避けましょう。

「クッションは機材を全ておおうものか」「スキマはないか」「バッグの下にも緩衝材があるか」「レインカバーはついているか」チェックするポイントは意外とたくさんあります。

スポンサーリンク

おすすめカメラバッグ

K&F Conceptのカメラリュック

 

街にも自然となじむデザインが魅力のK&F Conceptのカメラリュック。

カメラ1台とレンズを3~4本、ストロボまで収納できるほどの容量。メモリーや予備バッテリーなどの小物を収納するスペースもあり、三脚もとりつけが可能。

かわいいデザインと裏腹にレインカバー付きで、肩ストラップもクッション性がある。

学生・女子・シティ派など万人にすすめられるバッグです。

 

▼使ってみた感想を書いてみました

おしゃれすぎるカメラリュック「KF13.066」をレビューしてみる

 

アウトドア派も納得!アドバンスピーク25

 

本格的な登山でも使えるカメラバッグを紹介。

HAKUBAのアドバンスピークは身体の曲線にあわせた作りで、腰ベルトもついているためフィットする。かつ肉抜きされた立体構造と、蒸れを逃がす素材で快適。

大型のカメラをぶら下げて登山をするとブラブラしてつらい。このバッグなら「ZEROフック」が最初からついているので首の負担は皆無!

▼コレがZEROフック

収納力もしっかりあり、日帰りの登山なら問題ない。ライト思考な人なら春~夏の山小屋泊くらいならイケるかもしれない。

Amazonベーシックのカメラリュックは激安

 

 

なによりも安さ重視という人におすすめなのがAmazonが販売しているカメラリュック。

「クッション性」「収納力」「保護力」をもっているので、カメラ機材をがっちりガードしてくれる。

他の用途に応用できないのがネックだが、カメラを持ち運ぶことを前提にしている人にはおすすめのバッグ。

 

本気カメラマンにはLowproのカメラリュック

 

 

カメラ2台にレンズ数本、フラッシュからノートパソコン、アクセサリー類が全部おさまる収納力が魅力的なバッグ。

機材をあれこれ入れ替えたりするのが面倒な、本気のカメラマンにおすすめのモデル。

 

マンハッタンポーテージのメッセンジャーバッグ

 

 

ブラックに赤のロゴが特徴的なマンハッタンポーテージ。

ルーツであるニューヨーカーが認めたバッグだけあり、デザイン性と機能性はトップクラス。一見カメラバッグと見えないさりげなさも嬉しいポイント。

あまり重たい機材を入れると負担がかかり、カバンが反るように崩れてしまう。フルサイズに大三元レンズなどは入れずに、ミラーレスなどの軽量なカメラに使うのがバランス的に良さそうです。

 

ポーターのフリースタイルカメラバッグ

 

 

毎日のちょっとした撮影やお散歩に相性が良さそうなのが、ポーターのカメラバッグ。

コンパクトな一眼レフや、ミラーレスカメラなら、カメラ1台と交換レンズ1本くらいは収納可能。小物やスマホが入るスペースも確保されています。

 

おしゃれママや女子にはトートタイプも!

 

 

トートバッグならPCやタブレットも持ち運べるし、お子さんの飲み物やおやつもばっちり入ります。

丈夫な帆布で作られたバックなので、重たい機材を入れても問題無し!上部はチャックになっているので防犯性もばっちり。

中の緩衝材も厚みが合って、サイドにポケットがありメモリーカードやレンズキャップもしまっておける。再度にはキップやスマホを入れておけるポケットがあったりと心遣いが感じられるバッグ

ショルダーストラップは付属せず、肩掛けはできないので注意が必用。

 

インナーバッグと市販のバッグが最強かも?

 

 

普段のカバンは自分の生活にあったものを選んでいるはず。なのでそこにカメラ入れる余裕があるなら、インナーバッグを買ってしまうのが一番お手軽です。

実は僕が使っているのがこのタイプで、ノースフェイスのリュックに入れて使っています。

 

 

ポケットもたくさんあるし、パソコンも入る。カメラとレンズ数本をクッションに入れても少しスペースがあるので、着替えも1日分くらいならなんとか入ります。

カメラを使わない時は、インナーバッグごと取り出してしまえば保管もできます。実に便利でございます。

 

まとめ

用途に合わせてカメラバッグを選択しよう!最重要項目はデザイン(笑)なんならインナーバッグが最強?

できるだけデザイン性と、機能性のあるものをピックアップしながら、最後はインナーバッグ推しとか・・・少ししまらない記事ですが、本音なので仕方がないですね(笑)

これからも良いものを見つけたら随時更新していきたいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.