カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

【2018】初めてのCP+(シーピープラス)の歩きかた!混雑状況は?

 
  2018/03/05
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

カメラの祭典、CP+にはじめて参加してきました!

そこで感じたことや、オススメのまわりかた、最新カメラのプチ情報などを描いてみたいと思います。

題して「はじめてのCP+の歩きかた」いってみましょう〜!

スポンサーリンク

CP+2018に参加してきたよ!

どんなイベント?

毎年3月に開催される、カメラの祭典です。

1年に1回だけのお祭り騒ぎということもあり、各メーカーもこの時期に合わせて新製品を投入してきます。

2018年はソニーからスタンダードフルサイズ機の「α7ⅲ」が、富士フイルムからは「X-H1」、CANONからも「EOS Kiss M」というミラーレスカメラが発表され展示されていました。

どのブースも混雑必至で、特にSONYは発表直後ということもあり長蛇の列になっていました。

 

▼僕の中でのメイン会場(富士フイルム)

 

会場はパシフィコ横浜!(行きかた)

みなとみらい駅からは屋根づたいで行けるので、雨でも濡れる心配はありません。

周辺にはレンガ倉庫や、帆船、歴史を感じることのできる建築物が多数あるので、写真を撮るには最高のロケーション!

 

 

入場料金

入場料:1500円

事前にウェブで予約することで無料となります。

 

混雑具合

僕は初日と2日目に行きましたが、混雑具合は2日目のほうが上でした。

 

初日は平日の木曜日ということもあり、人は多いですが普通に歩くことはできます。(初日の午前中は招待者やプレス関係者のみが入場可能)

目玉商品以外の機材は少し待つだけで触れますし、メーカースタッフの説明を受けることもできました。トークショーも時間に余裕を持って向かえば、ほぼ間違いなく席に着くことができます。

平日ということと、初日の午前中が関係者のみ入場可能なので2日目からガッツリという人も多いのかもしれません。

 

2日目は「混雑しているな」という印象。

機材を思い通りに触ることは、やや難しくなります。トークショーも立ち見が増え、会場では思い通りに進むことが難しくなります。(すれ違い時にぶつかることもしばしば・・・)

発表された来場者数を見るとあながち間違ってなかったとわかります。

CP+ 2018 登録来場者数

合計 : 68,111人

1日目 : 12,647人←ねらい目

2日目 : 17,492人

3日目 : 22,248人

4日目 : 15,724人←ねらい目

 

ちなみに全日を通して気をつけたいのが昼食です。

コンビニやうどんなどの軽食を販売している場所がありますが、行列が外までできます。入店待ちなのか?レジ待ちか?判別不能なレベルです。

田舎育ちの僕には行列は恐怖でしかないので(大げさ)可能であれば食事はとってからか、軽食を持参しておくのをおすすめします。

みなとみらい駅でもパン屋さんとか、ミスドとかありましたよ。体を休めるための椅子は、会場外にそれなりの数が準備されています。

トイレは並ぶほどではありませんでした。

 

スポンサーリンク

2018年のおすすめのブース・歩きかた

新製品情報は必ずチェック!

各メーカーともに、このお祭り騒ぎを目指して商品が投入されます。気になる製品は必ず触っておきましょう。まだ市場に出回っていない物ならなおさらです。

写真はソニーのスタンダードフルサイズ機「α7Ⅲ」です!やっぱり良い!!!

 

・SONYから「α7Ⅲ」が正式発表!気になる性能・発売日・価格は?

 

気になるトークショー・セミナーは参加すべし!

トークショーも是非とも参加しましょう!

普段は聞けない開発者の思いや、フォトグラファーの作品にかける情熱を聞くことができます。

会場のいたるところでセミナーも開催されているので、自分のレベルアップを目指してみるのも面白いと思います。

 

▼内田ユキオさんのトークショー最高でした

Without X,life would be a mistake.

「人生にXがないなんて間違いだ」

はるペン
名言過ぎるペン

 

記念品が欲しいなら午前中に!狙いを絞って

ノベルティーを目指している人は多くはないかもしれませんが、各ブースでは記念品が配られています。

午前中にはほぼ売り切れるため、欲しい人は早めに会場入りしましょう。僕はソニーでメモリーカードケースをゲットしました。やったね!

 

アウトレット・カメラコーナーの狙い目

毎年混雑必至のアウトレット・カメラコーナーは午前中なら比較的すいています。

土日は終日混んでいるようですが、最終日の午後~閉店にかけて少しづつ緩和していくという情報もありました。

最終日なら意外と相談に乗ってくれて、お買い得になったりするのでしょうか?(笑)

書籍も通常よりもお安く販売されており、僕はハセオさんの本を購入しました。

 

▼画像は2日目の午前中。ガラガラです(笑)

 

隣人は仲間と心得よ

僕も予想していなかったことですが、セミナーなどで横に座った方とは話が盛り上がります。

使っているメーカーが一緒だったり、好きな写真家さんの話をしているだけでも幸せになれます。僕は結構話しかけてもらえて、登壇者と近しい人から裏話なども聞けました(笑)

普段写真愛好家との交流に飢えている人は、オープンマインドで話しかけてみると楽しいと思いますよ♪

 

関連記事

・【2018年発売のカメラ予想】CP+で期待している新機種まとめ!

・SONY「α7Ⅲ」と「α7Ⅱ」のちがい

・富士フイルム「X-H1」はX-T2の上位機種?発売日はいつ?

・EOS Kiss Mは初心者も安心の高性能カメラ

・Panasonic小型高性能ミラーレス「DC-GX7MK3」

・写真上達の裏技

 

まとめ

楽しかったCP+もあっという間に終わってしまいましたね。この記事が公開される頃には、会場も後片付けまっしぐらでしょう。

カメラメーカーが力を入れて作ったブースも見ごたえがあって、熱気が伝わってきました。1日だけでは全てまわりきれないボリュームです!

 

半面「来年は行かなくても良いかな?」と頭をよぎったのも事実(笑)

新しいカメラは少しまてば、家電量販店などで混雑を回避してさわれます。セミナーやトークショーも情報さえ得ておけば、聞くことができます。クリーニングサービスなども他の手段がありますからね・・・

 

全てが一度にまとまっているのがCP+の魅力であり、カメラの用事が一気に片付いてしまうメリットも大きいですけどね!

プロの話を1日に何回も聞くことなんてできないし・・・知識も増えるし・・・うん?

やっぱり来年も行こう!(←さっきまでの話はなんだったんだ)

 

ちなみにCP+でおすすめなのは初日です!

午前中の関係者パスを入手できれば、余裕をもってまわることができます。午後からでもさほど混雑はしないし、アウトレットも在庫が多く欲しいものを見つけやすいはずです。土日は混雑必至です。昼食は済ませるか、軽食持参で向かいましょう!

 

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.