カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

NIKONのD5500は初心者にも、サブカメラとしてもおすすめ!

 
  2018/03/15
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今日はNIKONのD5000シリーズについて書いて見たいと思います。これまでも何度か扱ってきたテーマですが、入門機としての性能の高さや、写りの良さといった魅力はなかなか語りつくせないところがあるんですよね。

「NIKONのデジタル一眼レフ、D5500レビュー」いってみましょう!

スポンサーリンク

NIKON D5500とは?

 

NIKONから発売されている一眼レフカメラで、入門機のなかでも上位クラスに位置するカメラです。

「重い」というイメージがありがちな、一眼レフにおいては軽量な部類です。ミラーレスカメラ?と思うくらいにコンパクトなボディは持ち出しにも苦になりません。

2400万画素のセンサーで撮影された写真は鮮明で、操作も簡単だということから大変な人気商品になっています。すでに後継機のD5600というカメラが発売になっていますが、マイナーチェンジ的な意味合いも強いので、今でも十分に魅力的です。

そんな魅力をもう少し細かくみていきましょう。

NIKON D5500の魅力とは?

一眼レフの大型のセンサーは、コンデジやスマホとは違う写真を確実にプレゼントしてくれます。

「綺麗な写真が撮れる」という事は大前提で、あえてそのほかの面を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

何といっても軽い!

一眼レフらしいデザインは、撮影することに重点を置かれています。撮影するには便利で、構えているとカッコいいんですが、なんだか威圧感を感じないこともない・・・

そんなイメージを払拭してくれるくらい、ボディコンパクトにまとめられています。グリップのホールド感も良いので、実際の重さ以上に軽く感じる人も多いようです。

3.2型のバリアングル式液晶も「本当についてる?」と、店頭で確認したのは良い思い出です(笑)しかもタッチパネル搭載なので操作も楽!

こんなに便利で軽いカメラがよくないはずがありません!

 

沈胴式のキットレンズに衝撃!

標準ズームキットのレンズは沈胴式を採用しているので、非常に小さいです!コンパクトなD5500のボディにマッチしていて、カバンに入れる前に一度にやける事は間違い無いでしょう!笑

持ち出すときに苦にならないどころか、一瞬「今日は何が撮れるかな?」なんてことが頭によぎるので、出かける瞬間から楽しくなってきますね♪

これから写真を始める人なら、一番多くの人手にするレンズなだけに、細かいけど嬉しいポイントなんだと思います。

望遠が必要になるって方は、ダブルズームか、18-140のキットがおすすめです!

 

撮る気にさせてくれるシャッター音

見落としがちなのがシャッター音です。

最近は無音にできたりといったのも便利ですが、カシャカシャ!と小気味好いリズムを刻んでくれるカメラは使っていても気持ちが良いものです。

実はメーカーもかなりこだわっている!なんて話もちょくちょく耳にしますし、意外と大事なポイントなんですよね。

好みに左右されることもありますが、リズムがぴったりくるカメラというのはモチベーションに大きく関わってきます!

 

関連記事

・NIKON機「買い」の1台はコレだ!

・NIKON APS(DX)機まとめ

・NIKON 「D5600」「D5500」「D5300」比較

・NIKON D5300が欲しくてたまらないという叫び

・NIKONの「D5600」「D5500」を「EOS Kiss X8i」と比較?

・NIKONの新型「AF-P」レンズが調子良いらしい

 

まとめ

NIKONのD5500は初心者も安心して使える!もちろん本格的な撮影も可能!!

 

改めて見てみると「良いカメラだな〜」と思いますね。入門機といっても、性能を大幅にカットしたりしていることもないですし、本格派の人がサブカメラに使うにも耐えてくれるでしょう。

旅行や、休日カメラマンにもぴったりの一眼レフではないでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.