カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

ミラーレスカメラよりもNIKON「D5600」を選ぶ理由【D5500・D5300】

 
  2018/01/15
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

XF50

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

ここ最近になってミラーレスカメラの勢いがすごいわけですが、一眼レフだってまだまだ負けていません。そもそも必要とするポイントが違うので簡単に比べるわけにも行きませんが・・・

そこで今回は「ミラーレスカメラではなく、NIKONのD5000シリーズを選ぶ理由」について書いて見たいと思います。もちろんミラーレスカメラが悪いという意味ではありません。(僕もユーザーです)

スポンサーリンク

D5600のレビュー

 

・上位機種並みの高画質

・高速なAF

・快適操作のバリアングルタッチパネル液晶

・Bluetooth搭載でスマホに画像が送れる

・新開発AF-Pレンズがよくできている

・一眼レフだが小型で軽量

 

簡単に特徴をあげるとこんな感じです。

一眼レフらしい高画質を備えながら、タッチパネルやスマホとの連携など、ユーザーにとって使い勝手の良い機能が搭載されています。

これまでは一眼レフといえば趣味や一部の人が手にするだけでしたが、こうした機能のおかげで広い人に受け入れられるようになってきました。ユーザーが増えた事で、だいぶ低価格化が進んだように思います。

D5600も少し前なら中級機に搭載されていたくらいの性能がありますので、ほとんどの人にとっては十分すぎると言って良いです。

 

ミラーレスよりもD5000シリーズを選ぶ理由

ホールド感が良い

カメラはしっかり構えないと手ブレや、写真が斜めになってしまうことも多いです。

小型化を重視しているミラーレスではグリップがそもそもない、というデザインのものも多く「しっかりと写真を撮りたい」人には向いていない傾向もあります。

D5600の外観はグリップ部が、深くえぐれたようになっていて、大きい手の人も、小さい手の人も、握りやすくなっています。

ボディは薄くなっているので重心がグリップの方によるのか、握っていても疲れにくいという点も見逃せません。かなりの工夫と改善が見られるので、メーカーさんも頑張って設計されたんでしょうね♪

 

スポンサーリンク

操作性を損なわない

エントリー向けのミラーレスカメラだと、ボタンが排除されて設定はメニューを呼び出して変更することが多いです。いちいち呼び出すのが手間になりますし、メニューも複雑化して「あの設定どこにあったっけ?」なんてこともしばしば・・・

D5600は物理的なボタン類が押しやすく、レスポンスも良いです。

キビキビとした操作感は、使っていてストレスになりません。中古ショップでD7000シリーズの旧型と比較しても、レスポンス性は上に思えました。そういう意味ではミドルレンジを超える可能性もあると感じます。

 

光学ファインダーは目に優しい

ミラーレスカメラはその機構から、EVFを搭載しています。

撮影結果が反映されてくるので、結果をイメージしやすいのはメリットですが。チカチカとして目に優しくない感じがする人も多いはずです。

光学ファインダーは「自分の目でしっかり被写体を見ている」感じがします。昔からカメラを親しんでいる人なら、やっぱり光学ファインダー!という人もいるのではないでしょうか。

フラッグシップに比べると、多少小さい気がしないでもないですが、クリアで見やすい光学ファインダーは目に優しいです(笑)

 

スマホユーザーも納得のタッチパネル液晶

スマホから一眼レフに変更すると「難しい」と思う人もいると思いますが、D5600はタッチパネルでかなりのことができるようになっています。

液晶自体も美しく、屋外でも比較的見やすいので困ることは少ないでしょう。これからカメラを使う人にとって、素早く操作に馴染めるのは大きなメリットになりますよね!

フリーアングルなので、どんな構図でも写真をモノにできますし、自撮りだってできます。スマホユーザーが欲しかった機能全部盛りと言ってしまって良いくらいです!

こだわりのイチガン画質

大きなセンサーで撮影された写真は、繊細でボケ味もあって、撮影した瞬間から「プロみたい」な写真を提供してくれます。

小型のミラーレスカメラだと、センサーも小型化しているので、大きなボケを得られないこともあります。(デジカメやスマホに比べると段違いですが・・・)

 

夜や暗い場所での撮影に強いのも特徴です。スマホではブレてしまって、わけのわからない写真になることも多いです。一眼レフならそんな心配はグンと少なくなります。

他にもノイズが気になってきますが、D5600の常用感度はISO25600です。ミラーレスカメラでは常用感度がISO1600程度のこともあるので、かなり差があることがわかりますね。

 

風景・ポートレート・旅行・学校の行事や・運動会、どんなものでも一通り撮影することができます。朝焼けや夕暮れの時間帯の空のグラデーションの美しさも、しっかりと表現してくれますよ!

ローパスフィルターレス仕様で高解像なのも、個人的には推しなポイントです。

 

関連記事

・NIKON機「買い」の1台はコレだ!

・NIKON APS(DX)機まとめ

・NIKON 「D5600」「D5500」「D5300」比較

・D5500が初心者にもおすすめな理由

・NIKONの「D5600」「D5500」を「EOS Kiss X8i」と比較?

・NIKONの新型「AF-P」レンズが調子良いらしい

 

まとめ

NIKONのD5600はミラーレス機にない魅力もいっぱい!初心者も安心して使えるモデルだ。

 

グリップ・光学ファインダー・内蔵フラッシュにバリアングルタッチパネル液晶など、カメラをこれから始める人も、これまで使ってきた人でも馴染めるスタイルというのが特徴ですね。

 

 

中級機並みの画質と性能が小型ボディに詰まっていると考えたら、コストパフォーマンスもかなり高いと思います。ミラーレスカメラと比較検討されている方の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.