【予算10万円】はじめてのカメラ選び!女子大学生のチョイスは?

はじめてのカメラって何を選べばいいかわからない!

一眼レフ?ミラーレス??ってなにが違うの???

値段が高いのがやっぱり良いカメラ?撮像素子??なんだそれ?

専門用語ばかり飛び交うカメラ選びは、初心者からすると二の足を踏んでしまいます。

知人の女子大学生から相談があり「よくわからないから、カメラ選びに着いてきてほしい」と言われてスキップで出かけてきました。

いったいどんなカメラを買ったんでしょうか~!

ネコ弟子
レンズも要るにゃ

▼前回のお話はコチラ

女子大学生が卒業旅行のためにカメラを買いにいくよ(準備編)

初心者のカメラ選びは難しい?

カメラや写真の世界は必ずしもビギナーに優しいとは言えません。

これは写真の世界に身を置いていた経験から、はっきりと宣言できます。基本的な用語を少しあげれば「撮像素子」「絞り」「ISO感度」「f値」「ミラーレス」などがあります。

ネコ弟子
ほにゃ??
はるペン
とても大切な用語ばかりだよ

言葉の雰囲気やニュアンスで読み取ろうとしても、理解が難しいので頭の中でブロックが働きます(笑)しかもこれが基本的な用語とか言われて突き放されます・・・優しいですよね(逆の意味で)

覚えることや、注意しないといけない事を全て上げていくと、キリがないし頭がショートしてしまいます。そこで、カメラを選ぶ際に一番のポイントを伝授します。

「ピンとくるかどうか!」

ほんとにコレに限ります。余談ですが人間の直観はかなり立派なセンサーで、外れることは少ないと言われています。

直観が働いたものなら愛着を持って使えますし、持ち出そうという気持ちにもなります。これって、スタートの時点でかなり先を走っているんですよ!

 

最初に決めること

いきなり直観と言われても・・・って感じですよね(笑)そこでいくつか直観を使うまでの条件を上げていきます。

・予算

・新品or中古

・何に使うか

予算を決める

最初に予算を決めましょう!これが曖昧だと店員さんに言いくるめられて「新型の高いカメラ」を買わされるかもしれません。お店は新型を常に買ってほしいという気持ちだと言う事をおさえておきましょう。

 

必ずしもあなたの気持ちにそってカメラを勧めてくれるとはかぎりません。

新品or中古

はじめて買うカメラなので、ほとんどの人は「新品が良い」と思うでしょう。それは間違いではありません。しかし状態が良いカメラが中古市場で回っているケースもあります。

「買って1日使ったけど、合わなかったから売りにきた」なんていうお客さんもいます。カメラ好きってよくわからないですよね(笑)

新品同然の状態のカメラが中古市場に出回るのは珍しいことではありません。予算が少ない場合でも上位機種に手が届くことがありますので検討してみて下さい。

はるペン
状態が良い物も多くておすすめ

おすすめの中古ショップ

中古でも良い場合は、こんなショップさんで探してみて下さい。僕もよく利用しますが裏切られたと言う事もなく、安心してお買い物ができます。

◆ソフマップ

週末セールや、5がつく日(5.15.25)は中古の日として破格の値段が提示されていることがあります。セール品以外は相場よりやや高めのイメージなので、セール品を狙うのがお得に買い物をするコツです。

ホームページはこちら

楽天ホームページはこちら

 

◆マップカメラ

不定期で開催される「夜市」がお得。品数も多くて、欲しいカメラやレンズはほとんど見つかる。ホームページに商品の写真をたくさんアップしてくれているので、確認後納得して買い物が出来るので安心。備品や新品同様なら裏切られることはまずない。

ホームページはこちら

 

◆カメラのキタムラ

ネタばらしだけど、今回お買い物したのがこちらのカメラ屋さん。町のカメラ屋さんとして、日本全国に展開しているのがポイント。アフターサービスも安心。時期がかみあうとオドロキの値段で購入できることがある。新品と中古を同時に検討できるのも嬉しい。

ホームページはこちら

 

◆J-カメラ

こちらはお店じゃないけど、全国の商品を一括で検索できるので、商品の有無や相場を見たい時におすすめ。

ホームページはこちら

 

 

女子大学生の条件

ここで女子大学生の条件をおさらいします。

・予算10万円迄

・海外旅行向き

・簡単に綺麗な写真が撮れる

海外旅行で使うカメラということで、小型軽量のミラーレスカメラを中心に候補を上げていきます。簡単に綺麗な写真が撮りたいということなので、手ぶれ補正機能や、アートフィルターなどサポート機能が充実している機種を吟味しました。

▼SONYのミラーレスで撮った写真

 

予算10万円で出来る事

新品

・中級ランクの機種

・レンズは1~2本

写真を撮ることにおいて大切なのはボディよりレンズと言われています。

最高級のカメラを買っても、レンズが入門モデルならちょっと残念な組み合わせになります。ボディに費用を使った分だけ、レンズに予算が回らず1本しか買えない可能性があります。

個人的な意見ですが、せっかくレンズ交換式カメラを買うのにもったいないと思います。予算をレンズに回しつつ、ボディもミドルクラスの物で機能が充実したものを選びましょう。

 

中古

・中級~上位ランクの機種

・レンズは1~2本

・備品も充実

中古でも構わないと言う事であれば、選択の範囲が広がります。

デジタルになってから旧モデルは値下がりが大きくなり、上位機種でも5~6万円前後で購入できる場合があります。残りの予算でレンズを購入しましょう。

上手く購入できれば、三脚やバッグなどの備品も充実できる可能性があります。

 

候補にあがった機種

富士フイルム X-T10

簡単に綺麗な写真が撮りたいなら富士フイルムがおすすめ。シャッターを押すだけで、感性にビシバシささる写真が撮れる。

今はX-T20というモデルが最新だけど、少し高めで予算に合わない。新モデルのオートフォーカスの高速化、高画素化など魅力は大きい。しかし前モデルなら4万円強で買えるので、コストパフォーマンスが高い機種。

僕が主力においているメーカー。

 

SONY α6000

モデルとしては目新しさは無いけど、高速なオートフォーカスでテンポよく撮影が出来る。SONYらしく動画にも強いの素敵。そんな機種が、レンズ2本ついたセットで7万円程度で買えるバーゲン状態。撮影スピードを求める人にはおすすめ。

 

OLYMPUS E-M10 MarkⅡ

全てのカメラメーカーの中でもトップクラスの手ぶれ補正が何といっても魅力。さらに写真表現を助ける多数のアートフィルターが搭載!レンズも比較的優しいお値段設定で入門者に優しいメーカー。レンズ2本セットで6万円中程で買える。コストパフォーマンスが異常に高いカメラ。

【レビュー】OLYMPUSのE-M10 MarkⅡがコンパクトでおすすめ!補助機能も満載すぎる

購入したカメラ

SONY α6000は男性的なデザインから消去。富士フイルムはセンタのファインダーがナイスなものの、レンズを付けた雰囲気が大きくて消去。

残ったのがE-M5&E-M10のMarkⅡでした。防塵防滴や、バリアングル液晶で自撮りが可能な事、安心の手ぶれ補正、握ったときの質感などが直観的にピンときたようです。

幸いにも状態の良い中古のE-M5 MarkⅡがあったので、結果として購入にいたりました。

ネコ弟子
直観にゃ

OLYMPUS E-M5 MarkⅡ

E-M5 MarkⅡのメリット
・世界最高峰の手ぶれ補正機能

・高画質なレンズがそろっている

・40Mハイレゾショットの高画質

・多種多様なアートフィルター

・防塵防滴

・ライブコンポジットやカラークリエイターなどのお手軽機能

・数々の賞を受賞している安心感

僕の中では、一番入門者におすすめ機種!とにかく性能と価格とバランスが良い意味で釣り合っていない。この性能なら、めちゃんこお買い得な機種だと思う。

⇒E-M5MarkⅡのレビューはコチラ

 

セットで購入したレンズ

LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH

LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH

高倍率ズームと単焦点レンズのセットで、どんなシーンでも撮影できるセットを目指しました。どちらのレンズも2万円前後で購入できました。

高倍率レンズがあれば、旅行で遠くを撮影したい時や、運動会、目的がはっきりしない日などに持ち出すのが便利!旅行とも相性がバツグンなので1本あると頼りになるレンズ。

暗い場所やボケをいかした撮影には単焦点レンズを使えばよいので、レンズ2本の相性もバッチリ!!今回とっても良い構成でお買い物を終えることが出来ました。

▼1stショット:プラス補正しただけでこんなに綺麗。

 

まとめ

OLYMPUSのカメラは初心者にとってもおすすめ!

OLYMPUSさんのカメラは基本性能が高く、小型でレンズも安価な割りに高品質と良い条件がそろっています。特に手ぶれ補正は、前メーカーでもトップクラスの性能なのでビギナーさんの助けになってくれる事は間違いありません。

気をつけたいのはセンサーサイズが小さいので、画質が最優先という人は作例を見るなどして事前に確認しましょう。

 

そんな人にはSONYのα7(初代)がおすすめです!

予算に余裕があるならα7Ⅱのほうがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。