富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

Ryzenと高性能グラフィックスを搭載した「DAIV A9」は写真編集や動画編集に強い

はるか、アイコン
WRITER
 
DAIV A9,レビュー,ブログ,感想,性能

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターの「DAIV A9」を紹介します。

Ryzen 5000番台に高性能グラフィックスを搭載した本格的なクリエイト向けのデスクトップパソコンです。写真の編集やRAW現像、動画編集といったクリエイティブワークに最適なモデルとなっています。

※記事では独自に集計したデータを活用する場合があります

DAIV A9 レビュー

DAIV A5,公式,価格

マウスコンピューターが展開するクリエイターモデルが「DAIV」です。

負荷のかかる作業にも耐えられるパフォーマンスを前提に作られています。また利便性やメンテナンス性、冷却性能という面でもテストを重ねており「安心して使えるパソコン」というのが特徴です。

DAIV A9の特徴をまとめるとこんな感じです。

  • Ryzen 7 5700Xを搭載!
  • GeForce RTX3070搭載!
  • あらゆるクリエイト作業に最適!

クリエイターの専門的なニーズに応えてくれるハイエンドモデルになっています。

従来モデルではRyzen 7が搭載されていましたが、新モデルはRyzen 9へと切り替えられておりパフォーマンスは大きく向上しています。より結果にこだわりたい人には最適なモデルとなっています。

 

DAIV X9 性能(スペック)

DAIV,デスクトップ

スペック

CPU: Ryzen 7 5700X
グラフィックス:GeForce RTX3070
メモリ:64GB
ストレージ:512GB NVMe SSD+2TB HDD
電源:700W 【80PLUS TITANIUM】
サイズ:190×490×490 mm
重量:約11.6kg

写真4K動画編集ゲーム

 

性能チェック

CPU性能チェック

参考)PassMarkが公開しているデータを参照

モデルCPUスコア
G-Tune EP-ARyzen 7 5800X
28495
DAIV A9Ryzen 7 5700X26578
DAIV A5Ryzen 5 5600X22168
DAIV A9(旧)Ryzen 9 3900XT32957
DAIV Z9Core i9-1290036597
DAIV Z7Core i7-1270031282

Ryzen 7 5700Xは発売当初こそパフォーマンスで話題を呼びましたが、第12世代インテルCPUが登場している中では少し物足りない性能に見えてしまいます。

同クラスでIntel CPUを採用した「DAIV Z9」(Core i9-12900)には1万ほどのスコア差となっています。クリエイト性能はCPUがモノを言うところもあるので、これは無視できない数字でしょう。せめてRyzen 7 5800Xに切り替えてほしいところ。

 

RAW現像でCPUをテスト

DAIV,ハンドル,キャスター,

「RawTherapee」を使って100枚のRAW現像にかかった時間を計測したデータです。

モデルCPU時間
DAIV A9Ryzen 7 5800X2分39秒
DAIV A5Ryzen 5 5600X2分43秒
DAIV Z9Core i9-129002分13秒
DAIV Z7Core i7-127002分16秒
DAIV Z9Core i7-117002分58秒

処理能力という点では全く問題がありませんが、最新世代のインテルCPUと比較すると若干遅いです。

DAIV A9DAIV Z7の値段は、記事執筆時点で約28万円で横並びです。ただしDAIV Z7に搭載されているGPUはRTX3060です。DAIV A9にはRTX3070が採用されているので、CPU/GPUどちらの性能を重視するかが問われそうです。

 

GPU(ゲーミング)性能チェック

DAIV A9に標準搭載されているのはGeForce RTX3070です。従来のハイエンドGPUに匹敵するので映像表現力を求めているクリエイターにも最適です。

FF15のゲームスコア

自作パソコン,RTX3070,ゲーム性能,ベンチ

モデル(GPU)設定スコア
DAIV Z7
(RTX3060)
1920×1080(標準品質)11522(とても快適)
3840×2160(標準品質)4274(普通)
DAIV A9
(RTX3070)
1920×1080(標準品質)16658(非常に快適)
3840×2160(標準品質)6646(快適)
G-Tune EP-A
(RX6700XT)
1920×1080(標準品質)15430(非常に快適)
3840×2160(標準品質)5477(やや快適)
G -Tune EP-Z
(RTX3080)
1920×1080(標準品質)18538(非常に快適)
3840×2160(標準品質)8564(快適)

FF15のスコアは4K標準設定で快適という結果になりました。

ゲーミング性能を発揮できていると言うに相応しい結果で、この水準だったらどのゲームも快適に遊べると思います。GeForce RTX3060と比較しても、パフォーマンスの差はかなりありますよね!

 

DAIV A9は動画編集に使える?

Resolveを使って動画編集のテストを行った参考データです。ミラーレスカメラで撮影した5分程度の4Kデータをレンダリング(フルHD)の時間を測定しています。

モデル構成処理時間
DAIV A9Ryzen 7 5700X×RTX3070
G-Tune EP-ARyzen 7 5800X×RX6700XT1分25秒
GALLERIA XA7R-R36Ryzen 7 3700X×RTX30601分36秒
DAIV Z7(新)Core i7-12700×RTX30601分12秒
DAIV Z7(旧)Core i7-11700×RTX30602分05秒

DAIV A9のスペックと過去のデータを照らし合わせるて考えると、恐らくこの中でもトップクラスの処理能力を見せてくれるでしょう。フルHD領域だけの処理をするのはもったいないレベルですので、本格的な高解像データ編集に使ってあげてください。

 

SSDの転送速度

DAIV A7,Cドライブ,Gen4

【転送(読み込み)速度理論値】

  • HDD→200MB/s
  • SATA SSD→600MB/s
  • 一般的なNVMe SSD→2000MB/s
  • 高性能なNVMe SSD→3500MB/s

あとは好みに合わせてHDDを追加するだけなので、カスタマイズ費用も抑えられそうです。

 

DAIV A9 感想・評価

DAIV A9 メリット

  • 処理能力が高い
  • RAW現像や動画編集などに最適
  • グラフィック性能も高くゲームにも最適

DAIV A9はCPU・GPUの性能がとても高いので、どのような目的でもストレスなく使うことができるでしょう。ゲームの実況配信、プレイ動画をこだわって編集してみたいという人にもおすすめできるモデルだったりします。

20万円を超えるモデルなので価格的なハードルは高いですが、自作をしても割と同じ値段くらいにはなってきます。自作は好きなパーツで組めるのがメリットですが、自分の時間を奪われることや相性、組み立てミスなどのリスクを考えると万人におすすめはできません。しかもBTOパソコンならメーカー保証もついてくるので安心です。

 

DAIV X9 デメリット

  • 更新が遅れている
  • インテルCPUに劣る処理能力

DAIV A9はパフォーマンス面では不満はありませんが、現状を考えると処理能力ではIntelに劣っている印象です。早めに更新がかかると安心して購入できそうな気はするんですけどね…

マウスコンピューターの傾向として、DAIVシリーズの上位モデルはなぜか更新が遅れがちな印象があります。DAIV A9を検討するような人は、かなりこだわりも強いはず。本来ならこうしたハイエンドモデルには真っ先に最新の技術を搭載してほしいところです。

 

DAIV A9をおすすめしたい人

DAIV,デスクトップ

  • 高めの処理能力が必要な人
  • グラフィック性能を求める人
  • 高解像データ編集をしたい人
  • ゲームに快適性を求める人

DAIV A9を紹介してきました。

従来モデルよりも全体的にパフォーマンスを上げてきた点は素晴らしく、一般販売されているモデルでは高い性能を誇っていると言っても過言ではないでしょう。高解像データ編集にも負けないパフォーマンスは圧巻です。ただし若干の世代遅れ感が出始めているのは注意してください。

少しでも安く購入したいのであれば、公式サイトの「期間限定のセール品」「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」を狙うのがおすすめ!マウスコンピューターは、安心の国内生産に加えて、サポート面でも定評があるので安心ですよ!

【独自取材】マウスコンピューターのカスタマーサポートセンターへ潜入!評判の真偽を探ってきた

関連リンク

>>>マウスコンピューター関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.