カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

動画編集をマウスコンピューター「DAIV」のノートパソコンで試してみた感想

 
  2018/08/09
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

マウスコンピューター様よりお借りしているパソコンで「動画編集」にチャレンジしてみました。

とは言っても、もともと動画作成スキルが達者な訳ではないので、動画をつないで、快適に動作はしたのか?フリーズやもっさりすることはなかったか?そのあたりを書いていきたいと思います。つまり「DAIVのノートパソコンで動画編集が可能か?使ってみた感想」ということになります。

ノートパソコンで動画編集を考えている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

動画編集に使ったパソコンは「DAIV-NG5720」シリーズ!

今回お借りしているパソコンは、DAIV-NG5720シリーズです。マウスコンピューターの製品の中でも、クリエイター向けモデルとしてはスタンダードな機種です。

よりハイスペックなパソコンもあるので、少しでも作業を快適にしたい方や、スタンダードでは満足できないという方も安心してください。


・Windows10 Home 64ビット

・Core i7-7700HQ

・メモリ32GB

・240GB SSD +1TB HDD

・GeForce GTX1060(3GB)

・sRGB比95% フルHDノングレア液晶

・USB3.0×3/USB3.1×2

写真や動画を扱うには必要十分なスペックにあると思います。「RAW現像・写真編集に必要なパソコンのスぺック」という記事でも触れているので、判断材料にしてみて下さい。

 

ノートパソコンで動画を作ってみた

実際に作った映像がこちらになります。動画を選らんでつないで、30分程で完成させました(笑)

 

 

4月に「布引ハーブ園で写真を撮ろう!」ということで、「神戸ファインダー」というブログを運営するAki(@Aki_for_fun)さんに案内してもらった時の映像です。

 

▼使用したカメラはPanasonicのミラーレスカメラ。動画はもちろん4Kで記録しています。

 

動画を作った手順

今回はSONYが無料で提供している「PlayMemories」という動画編集ソフトをつかいました。

データの取り込みや閲覧は当然のこと、動画を作成したり、クラウドで管理したりすることもできます。2画面以上の画像を同時に表示する「マルチビュー動画」や、「タイムラプス」写真の作成もできるので結構遊べちゃうソフトです。

 

 

動画作成の手順

①動画を撮り込む

②ビデオの編集/変換

③入れたい動画をチョイス

④音楽や文字を入れる

⑤結合と書き出し

 

手順はいたって簡単でシンプルです。

 

PlayMemories の動画編集画面

 

文字を入れたり、音楽を入れたりといった基本的なことが可能です。

フェードインや、フェードアウト、その他高度なエフェクト?や効果は入れられませんでしたが、おかげで簡単にサクっと動画を作成することができました。

4秒×20個の動画をつないで、文字も少しだけ入れて書き出し時間は5分程だったと思います。

 

より高度な編集をしたい方は、別途ソフトを用意する必要がありそうです。みんなどんなソフト使ってるんだろ??

 

▼こういうの??

DAIV「DAIV-NG5720」シリーズで動画を作った感想!

  • 処理がサクサク!
  • 画面が大きいから作業が捗る
  • まだまだ余裕を感じた

 

処理がサクサク!

久しぶりにハイスペックなパソコンを使ったおかげか?処理がものすごく早かったです。

動画を扱っているのに、動作が遅くなったり、フリーズしたりといったことは皆無でした。

動画って細かな修正を入れたりすることが多いので、そのたびもモサっとした動きをされると作業が進まなくてストレスなんですよね。

万が一フリーズ!!なんてことになると、今までの作業がパーです・・・・そういったことは起こらなかったので心配無用でしょう。

スポンサーリンク

画面が大きいから作業が捗る

今回使ったパソコンは15型の液晶を搭載しています。

動画編集には様々なステップがあり、管理画面で色々と設定をさわる必要が出てきます。そんな時に小さな画面だと、肝心の画像を細部まで確認できません。

携帯性こそ若干損なわれますが、これ以上小さくなってしまうと作業が非効率的になると思います。

 

まだまだ余裕を感じた

今回の作業のついでに写真編集も触ってみましたが、動作はまさに快適!まったくノンストレスで作業ができました。

ファンが頑張りだすというのも、動画の書き出しの時くらいだったので、スペックには余裕を感じました。

これでも十分なくらいですが、ハイスペックな仕様があるとさらに安心感が高まるでしょうね。

 

関連記事

 

まとめ

マウスコンピューターの「DAIV-NG5720」シリーズは動画編集もこなせるハイスペックなノートパソコンでした。

 

動画作成って動作の安定性とかを求める上でも、スペックはかなり大切だと思うんです。

「ギリギリ動画が作れる」レベルのパソコンだと、ソフトのフリーズやシャットダウンもあり得ます。せっかく途中まで作成した動画を失うのは、ストレス以外のなんでもありませんからね。

YouTubeにアップする動画を作りたい人や、結婚式の時のようなムービーを作りたいって人にも向いてるパソコンだと思いましたね。

「DAIV」のホームページを見に行くと詳細を確認できる他、期間限定セールや、アウトレット(訳アリ特価)のものを見つけることもできますので、良ければチェックしてみて下さい。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.