(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

DAIV NG5300シリーズをレビュー!処理能力と色再現に優れたコストパフォーマンスが魅力のノートPC

はるか
WRITER




この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

DAIV NG5300 レビュー

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

DAIVNG5300シリーズをレビューしていきます!

ノートパソコンでありながら、デスクトップCPUを搭載し処理能力が高めたモデルです。Adobe RGB比換算約98%(NTSC比約94%)の色表現に優れたディスプレイも搭載。しかも¥99,800からという低価格も魅力的な大人気モデルです。

RAW現像やイラスト製作といったクリエイティブな作業におすすめの1台です。

DAIV-NG5300シリーズとは?

DAIV NG5300 公式

マウスコンピューターが展開するクリエイター向けのモデルがDAIVです。写真やイラスト、動画編集やCG製作などのパフォーマンスを求められる作業に対応しているハイスペックなパソコンです。

その中でも、写真やイラストなど色を大切にするクリエイターにおすすめなのが、今回ご紹介するNG5300シリーズになります。人気ランキングでも3位に食い込むなど、人気の高さがうかがえます。

NG5300シリーズの特徴
  • 高性能なデスクトップCPUが搭載されている
  • 独立グラフィックが搭載されている
  • 価格と性能のバランスが良い
  • デスクトップ並みの処理能力
  • 液晶ディスプレイが優秀

高性能なパソコンを少しでも安く買いたい人におすすめという訳です。

はるペン
コスパは良しですよ!

ちなみに1位、2位のモデルもレビューしているので気になる方はどうぞ。

 

DAIV-NG5300S1-S2の性能(スペック)

スペック

CPU: インテル Core i5-8400
グラフィックス:GeForce MX250
(2GB)
メモリ:16GB
ストレージ:256GB M.2 SSD(SATA)
液晶:15.6型 フルHDノングレア
サイズ:378×250×31.1mm
重量:2.3kg

今回お借りしたDAIV-NG5300S1-S2は、Core i5-8400搭載でシリーズの中堅的な立ち位置のモデルです。

他にCore i3-8100を搭載したDAIV-NG5300E1-S1、Core i7-8700を搭載したDAIV-NG5300H1-SH2があります。Core i3だと処理能力が不足する可能性があるので、個人的にはそれ以上のモデルがおすすめです。

Core i5-8400は性能も良いですし、RAW現像などの処理ならこれで十分だと感じる人も多いでしょう。グラフィックも搭載、メモリも16GBとスキがありません。もちろんSSDなので動作もキビキビしています。

これで税別11万円代なのですから、正直言って安すぎるくらいだと思います。

 

Intel Core i5-8400の性能

NG5500 CPUZ Core i8-8400

CPUは6コア6スレッドのIntel Core i5-8400です。「Core i5だと処理能力が足りないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

参考までに、一部のCPUと比較してみました。

目的CPUスコア
本機Core i5-840011633
モバイル用Core i7-8750H12468
デスクトップ(旧世代)Core i7-770010739

モバイル用の上位CPUと比較しても、そん色ない処理能力を持っているのがCore i5-8400です。さすがは高性能なデスクトップCPUといったところでしょう。

4000万画素を超えるようなフルサイズのRAWデータや、4K動画などを扱うにはしんどいかもしれません。そういう人はCore i7-8700搭載のモデルを選びましょう。

 

GeForce MX250を搭載

グラフィックは映像系の処理能力を高めるので、クリエイト作業を行うならば必須のパーツです。NG5300シリーズのようにグラフィック搭載であることが購入の決め手になってくることもあります。

MX250はエントリークラスの性能ではあるものの、快適性を高めてくれることは間違いありません。ゲームのプレイにも大きく影響するので慎重に選びたいとことです。

DAIV-NG5300S1-S2 DQ10

DQ10はとっても快適

 

DAIV-NG5300S1-S2 FF15 軽量品質

最新のゲームや重量級のゲームはかなり設定を落としてやらないと動作困難です。タイトルによっては動作不可ということになりかねないので、推奨環境はしっかり確認するようにしましょう。

 

SSD搭載でキビキビ動作

DAIV-NG5300S1-S2 C

Cドライブには256GB M.2 SSD(SATA)が搭載されています。少し容量が少ないは気になりますが、必要性を感じたらカスタマイズで対応可能です。

HDDだとパソコンの起動や動作がもっさりしますが、SSDはサクサク動きます。もしもメインストレージがまだHDDだよって方は、それだけでも買い替えるメリットは大きいと思います。

 

RAW現像・動画編集クリエイティブ作業は快適?

今度はクリエイティブな作業についてテストしていきます。

まずRAW現像ですが、無料ソフトの「RawTherapee5.4」を使って100枚のRAWデータの一括変換にかかった時間は4分25秒でした。(設定はJPEG品質は90%、高画質です。)

2400万画素クラスの一般的なスペックなので、このクラスをお使いの方も多いはず。処理自体は普通にできますし、特にストレスを感じることもなく作業を進められました。

日常的に現像作業をする人や、より快適性を求めるのであれば、CPUを上位のCore i7-8700にカスタマイズするとよいでしょう。

 

動画編集にはResolveを使いテストします。まず4Kのデータを扱えるかテストしましたが、さすがに無理なレベル。一度フルHDの解像度に変換してから設定を色々触ってみましたが、ストレスを感じるレベルです。個人的には動画編集には積極的に使いたくはないな・・・という印象を持ちました。

動画編集まで考えているならNG5800シリーズを選ぶほうが後悔は少ないはずです。⇒DAIV-NG5800シリーズレビュー

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV-NG5300シリーズの外観・開封写真

シンプルなデザインが好印象

DAIV NG5500 外観写真

余計な装飾はなし

DAIVの良いところの1つが、ゲーミングモデルのような派手目の装飾がないところです。どちらかと言えば武骨かつシンプルなデザインなので万人受けすると思います。

 

DAIV NG5300 レビュー

液晶部はすごく薄い仕上がりで、手にすると実際よりも軽い印象を与えます。

 

15.6型液晶はノートPCでトップクラスの性能

DAIV NG5300 ディスプレイ

NG5300シリーズのウリは、液晶ディスプレイにこだわっている点です。ノートパソコンで広色域に対応したディスプレイを搭載しているのは市場でもほとんどありません。

NG5300はNTCS比94%の広色域に対応しているので、画像などのデジタルコンテンツを扱うには最適。さらにリフレッシュレートは120Hzに対応しているので映像も滑らかです。

これだけ高品質なディスプレイを搭載しているので、別途ディスプレイを購入する必要もありません。

 

NG5300はインターフェースが充実

DAIV NG5300 インターフェース

インターフェースは、HDMI、D-Sub、USB3.0(Type-A、Type-C)など一通りそろっています。カードリーダーも標準搭載ながら UHS-Iに対応しており、最大で95MB/sの転送速度を実現しています。ちょっとしたデータも瞬時にパソコンに取り込める点は便利ですね!

 

キーボードはやや不満が残る

NG5300 キーボード

キーボードにはテンキーも搭載されており、エクセルやワードなどの資料作成に効果的です。最新のパソコンをよく触っているからでしょうか、ちょっとキーストロークは深めに感じました。公式では「約1.8mmのキーストロークで打ちやすさを重視した」とあるので気にしすぎかもしれません。

黒ベースなので、指紋や汚れがやや目立つのも気になる・・・

NG5300 キーボード

NG5300シリーズで最大のというか唯一の不満点はキーボードの配列です。

右側のShiftが小いので「?」を作りにくく、間違えて↑を押してしまうこともしばしば・・・「Del」「Back Space」「Num LK」あたりの誤タイプも多く、テキスト入力にはストレスを感じます。慣れの問題かもしれませんけど・・・

 

DAIV-NG5300S1-S2の感想や評価

DAIV-NG5300S1-S2の良いところ

  • ノートPCなのに処理能力が高い!
  • 広色域の液晶ディスプレイを搭載!
  • 専用グラフィック搭載!
  • RAW現像に最適なスペック!
  • 外観がスタイリッシュ
  • 性能の割に価格が安い

DAIV-NG5300S1-S2は、画像編集やイラスト、ごく軽めのクリエイト作業に向いているパソコンだと思います。重量級のデータを扱うにはグラフィック性能面でやや不向きですが、そこまでは必要ないよって人には良い選択になるかと思います。

色再現にも優れていますし、なによりデスクトップCPU搭載ながら安いっていうのがすごい!

 

DAIV-NG5300S1-S2のいまいちなところ

  • サイズが大きく、ややヘビー
  • テキスト入力しづらい
  • バッテリーライフが短い

性能をもたせているだけモバイル性能は落ちてしまっているのが、NG5300シリーズの弱点でしょうか。それでも15.6型クラスとしては一般的な重さです。

それよりもテキスト入力にストレスを感じるのがいただけません。テキストは絶対に避けて通れないですからね。いっそ自分好みのキーボードをつないで使う方が気持ちよく使えるかもしれません。

 

DAIV-NG5300S1-S2をおすすめしたい人

こんな人におすすめ
  • 処理能力の高いパソコンが欲しい人
  • グラフィック性能はそこそこで良い人
  • たまに外に持ち出して使えるPCが欲しい人
  • 静止画編集やイラスト製作をしたい人
  • 息抜きにちょっとしたゲームで遊ぶ人
  • カメラマンのサブパソコンとして

 

DAIV-NG5300S1-S2をレビューしてきましたが、これからRAW現像を勉強したいとか、趣味でイラスト書いてますっていう人にはパーフェクトに近い製品だと思います。価格的にも学生さんとかも手を出しやすいと思います。

カスタマイズでより自分好みにできますし、CPUをCore i7-8700にしたり、メモリを32GBにしたりというのも面白そうですよね。

パソコン検討されている方は、候補の1つに入れてみてはいかがでしょう!

マウスコンピューター/G-Tune

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2019 All Rights Reserved.