カメラ・パソコン・ガジェットなどの情報発信ブログ

※当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています
※当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

Core Ultra 7搭載の14型クリエイトノートPC 「DAIV S4-I7G60SR-C」登場!

はるか、アイコン
WRITER
 
DAIV S4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格,DAIV S4-I7G60SR-C
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターが「DAIV S4-I7G60SR-C」の販売を開始しました。

14型クリエイトノートパソコンで、CPUに Core Ultra 7 プロセッサー 155Hを採用したのはDAIVブランド初となります。GPUにはGeForce RTX4060を搭載し、画像や動画編集作業を快適にこなせるようになっています、価格は26万9800円~で、3年間センドバック修理保証、24時間×365日電話サポートがついています。

発売直後なので価格はそれなりにしますが、公式サイトでは「期間限定セール」「特別クーポン」「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」のセールを行う場合があります。しばらくしてからチェックしてみると良いことがあるかもしれません。

特徴・スペックなど

DAIV S4-I7G60SR-C

DAIV S4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格,DAIV S4-I7G60SR-C
CPUCore Ultra 7 155H
GPUGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4
価格269,800~
リンク販売ページ

14型WQXGA+(2,880×1,800)を採用したノートパソコンです。120Hzリフレッシュレート、 sRGB比100%にも対応しており緻密さと表現力に優れたモデルに仕上がっています。出荷時にはカラーキャリブレーションも行ってくれますので、写真編集やデザイン、動画編集などで正確な作業が行えます。

クリエイト作業はもちろん、ゲームプレイも快適に行えますので広い用途で活躍が期待できますね。

DAIV S4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格,DAIV S4-I7G60SR-C

最新のCPUにはAI処理をメインに行うNPUを搭載しているので、AI処理速度がアップしています。また消費電力も抑えられているため長時間の作業をバッテリーで行えるのも特徴の1つです。(最大で約10.5時間、動画再生約7時間)

DAIV S4,ブログ,レビュー,感想,購入,開封,比較,価格,DAIV S4-I7G60SR-C

本体サイズは317×240×19.93mm、重量は約1.76kgです。ハイパフォーマンスモデルとしてはかなり軽量ですし、機材と一緒に持ち運ぶにも良さそうです。microSDメモリーカードリーダー、Thunderbolt 4端子も備わっています。

▼過去モデルレビュー

DAIV Z4は専用グラフィック搭載で約1.32kgの軽さ!?長寿命バッテリーも魅力

 

CPU:Core Ultra 7 155H

CPUPASSMARKスコア
Core Ultra 9 185H28733
Core Ultra 7 155H24924
Core Ultra 5 125H21155
Core i7-13700H29810
Core i5-13500H22725
Core i7-1360P19176
Core i5-1340P19524

PASSMARKの参考スコアによるとCore Ultra 7 155Hは約25000ものスコアが出ています。Core i7-13700Hにはスコアでは及ばないものの、省電力やAI処理能力を加えると納得範囲だと思います。従来の省電力タイプCore i7-1360Pと比較しても約30%高いスコアが出ているため、処理能力不足で頭を悩ますなんてことはそう起こらないはずです。

 

GPU:ゲーミング性能

G-Tune E4-I7G60DB-B,レビュー,ブログ,評価,性能,口コミ,価格,比較,

モデル設定結果
DAIV S4-I7G60SR-C
(RTX4060/参考)
1920×1080(標準設定)12852(非常に快適)
3840×2160(標準品質)4501(普通)
G-Tune P6-I7G50BK-A
(RTX4050)
1920×1080(標準設定)11543(とても快適)
3840×2160(標準品質)4111(普通)
G-Tune P6-A7G50BK-A
(RTX3050)
1920×1080(標準設定)7131(普通)

実機は未使用で参考スコアにはなりますが、GeForce RTX4060なら高解像領域でも快適な動作が見込めます。

公式サイトでは、CAD、建築デザイン、4K/8Kなどの動画編集なども推奨されていますし、ゲームの実況配信なんかも快適に行えるパフォーマンスは発揮してくれると思います。

 

DAIV S4-I7G60SR-C 感想まとめ

マウスコンピューターの「DAIV S4-I7G60SR-C」は、軽さとパワーを両立させた魅力的なクリエイトノートパソコンだと思います。お値段はちょっと高いですが、現場で本格的な作業が行えるのは魅力的でしょう。今後伸びていくだろうAI分野への適正もあるので先進的なクリエイターには選んでもらいたいところですね。

当ブログでも貸出をお願いしていますので、実機が届き次第詳細なレビューをお伝えしたいと思います。楽しみにお待ちいただければ幸いです。

参考リンク

>>マウスコンピューター関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© はるふれ , 2024 All Rights Reserved.