(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

【期間限定】「DAIV Z5」が10万円以下で買えるセールをマウスコンピューターが開催中

はるか
WRITER

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューター,セール,DAIV,10万円

まさかまさかのDAIVが10万円切り!?

マウスコンコンピューターが、2020/5/20(水)11時 ~ 2020/6/3 (水)11時までの期間限定で最大60,000円OFFのセールを開催しています。

これまであまりセールの対象になることのなかった、クリエイター向けPC「DAIV」までが対象に入っています。最も安価なモデル「DAIV Z5」なら2万円オフで99,800円!10万円を割りました…

当サイトでも限定的に10万円を切るモデルを販売したことがありますが、直販でこの価格は見覚えがありません。コレはちょっとした事件です!ということで鼻息あらめに紹介していきます(笑)

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV Z5のセール

DAIV Z5,セール

DAIV Z5:119,800 → 99,800-

DAIV Z5」は、DAIVブランドで最もエントリー向けの製品にはなりますが、クリエイター向けにデザインされたとあって性能はお墨付き。写真編集、イラスト、動画編集といったクリエイティブな作業を快適に行えるだけのパフォーマンスをもっています。

後々カスタマイズして使ったりと長く使えるという点も素晴らしいですし、なんと言っても無骨なデザインの筐体はカッコいい!これまでセール状況はあまりお伝えしていなかったのですが、あまりにお得感が強かったので紹介させてもらいます。

はるペン
これは欲しい・・・

DAIV Z5のスペック

DAIV Z5,セール

スペック:Core i5-9400/GTX1650 SUPER/16GBメモリ/256GB SSD

DAIV Z5」のスペック(性能)を確認していきましょう。

CPUはCore i5ですが、従来のCore i7に匹敵するとも言われるコスパ最高なCPUです。さらに独立グラフィック(GTX1650 SUPER)で映像処理能力も高めているのが魅力的です。メモリも標準で16GBあるので、ストレージをカスタマイズするくらいで良さそう。

マウスコンピューターは、サポート面でも定評があるので安心ですよ→【独自取材】マウスコンピューターのカスタマーサポートセンターへ潜入!

ざっとパフォーマンスを確認していきましょう。参考にするのは「PASSMARK」が公開しているスコアです。

 

CPU:Core i5-9400の性能

Core i5-9400,比較,i5-8400,i7-7700,i7-8700,i7-9700,

標準搭載のCore i5-9400は、従来のCore i5-7400と比較すると約40%も性能がアップしています。Core i7-7700すら上回るスコアなので、かなり期待ができそうな気がしますよね。さすがに同世代のCore i7と比較すると30%程劣る性能ではありますが、一般的な用途では性能差に気づくことはまずないでしょう。

動画の書き出しや、100枚を超えるようなRAWデータを処理をする人ならCore i7にすることで恩恵がありますが、ライトユーザーならそこまで気にする必要はありません。それどころかコスト面の恩恵の方が大きい可能性もあります。

オンラインゲームだとCore i5あたりの性能があれば十分とも言われていますし、ブログ用の写真を整えたりするなら標準搭載のCore i5-9400でも十分だったりします。

 

GPU:GeForce GTX1650 SUPERの性能

GTX1650 SUPER,GTX1060,GTX1050,比較,

標準搭載のグラボ性能も捨てたもんじゃありません。ここ最近で最新のGeForce GTX1650 SUPERに切り替わったので、むしろお得感さえあります。

性能的にはGeForce GTX1060に迫る勢いであり、ゲームならほとんどのタイトルを問題なく動かせるでしょう。最新ゲームではやや重たいと感じるシーンもありそうですが、設定次第で動けばOKというようなライトユーザーならコスパは良く感じるはずです。

フルHDクラスの動画編集を想定している人でも快適に動作すると思います。これだけ使えるのに本当に10万円切るの?

 

気になるポイント(デメリット)

デメリットはストレージ容量が少ないことと、転送速度がそこまで速くないことです。

ストレージが256GBの1個だけというのは少なすぎです。クリエイターは独自でデータ保管方法を確立させているケースもあるので「自由に選んでくださいね」という意味合いだと思います。

採用されているのはM.2 SSD(SATA)なので、転送速度も「並」といったところ。快適性をさらに高めたいなら「M.2 PCI Express 接続」といったような記載があるSSDを選ぶのがベターでしょう。体感的にも差を感じると思います。

DGZ530 Cドライブ

標準搭載(SATA)

LITTLEGEAR Cドライブ

カスタマイズ

標準構成のものより高速なタイプを選ぶと、PCやソフトの立ち上がり、動画の書き出しといった作業が速くなります。

カスタマイズ方法は簡単で、購入画面のSSD(M.2)の項目から選ぶだけです。おすすめは最大3,500MB/s超の連続読み出し性能を誇る「SAMSUNG PM981a 」です。

Cドライブ,カスタマイズ画面

カスタマイズ画面

はるペン
冷却性を高めるためにM.2シールドをつけるのも良いですね!

 

Core i7-9700にカスタマイズがおすすめ!

より高いパフォーマンスを求める方には、CPUをCore i7-9700にカスタマイズするのがおすすめです。

カスタマイズ料金は19,800円なので、総額は税別119,600円になります。2万円の割引を上手にカスタマイズに回せば、高性能なマシンに仕上げることができますよ!

はるペン
CPUが高性能だと長く使えますよ!

その他おすすめのセール対象製品

【DAIV】

DAIV Z9:Core i9-9900K/RTX2070 S/32GBメモリ/512GB SSD+2TB HDD/3万円OFF
DAIV X9:Core i9-10900K/RTX2070 S/32GBメモリ/512GB SSD/3万円OFF

 

【G-Tune】
NEXTGEAR-NOTE i7931GA1:Core i7-9750H/RTX2060/16GBメモリ/512GB SSD/5万円OFF
G-Tune E5:Core i7-9750H/GTX1660Ti/16GBメモリ/512GB SSD/2万円OFF
MASTERPIECE i1640GA2-SP:Core i7-9700K/RTX2070S/32GBメモリ/512GB SSD/6万円OFF
G-Tune PL-B:Core i5-9400/GTX1650S/8GBメモリ/256GB SSD/1,5万円OFF

 

【mouse】
m-Book K700XN-M2SH5:Core i7-9750H/MX250/32GBメモリ/512GB SSD+1TB HDD/2万円OFF

はるふれ限定PCもお得!

はるふれ はるかめら マウスコンピューター 限定パソコン

マウスコンピューター×はるふれ限定のお得なパソコンが¥109,800から販売中です!価格も構成も頑張っているのでチェックしてみてください。

関連記事

マウスコンピューター/G-Tune

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2020 All Rights Reserved.