(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

DAIV 5P(2020)が登場!モバイル性に優れたクリエイト向けノートPC

はるか
WRITER
 
DAIV 5P,2020年,レビュー,性能,ブログ,感想,口コミ
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターより「DAIV 5P」2020年モデルが発表されました。

第10世代Core i7-10750H×GeForce GTX1650を搭載しパフォーマンスは上々。従来モデルよりも約500g軽量化に成功し、約18.5時間のロングライフバッテリーも備えるなどモバイル性も抜群です!

実機もテスト予定ですが機材到着まではDAIV 5Pに似たスペックのmouse K7や従来モデルのデータを元に紹介したいと思います。

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV 5P(2020)シリーズとは?

DAIV 5P,2020,公式,画像,価格

マウスコンピューターが展開するブランドは、一般向けの「mouse」、ゲーミングの「G-Tune」、クリエイター向けの「DAIV」とあります。

DAIV 5P(2020)はクリエイター向けのDAIVブランドとしては中堅的なモデルにあたります。高性能CPUとグラフィックを搭載し、写真編集や動画編集といったクリエイティブワークをこなせるスタンダードなノートパソコンです。

DAIV 5P(2020)シリーズの特徴をまとめるとこんな感じです。

  • 高性能なCPU(Core i7-10750H)を採用
  • GTX1650を搭載し描画性能も高め
  • 15.6型ながら軽量(約1.53kg)
  • 18.5時間のバッテリー持ち
  • ライトな写真編集、動画編集、ゲームにもおすすめ
  • 税別¥139,800~
はるペン
持ち運びも楽々ですね!

 

DAIV 5P(2020)のスペック・外観チェック

DAIV 5P,2020年,公式画像,写真

スペック
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-10750H
  • GPU:GeForce GTX 1650
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB NVMe対応
  • 液晶:15.6型フルHDノングレア
  • 重量:約1.53㎏
  • 動作時間:約18.5時間

公式サイトでチェック

従来モデルから基本的なスペックは据置きとなっていますが、マグネシウム合金をボディに採用し約1.53kgを実現。リチウムポリマーバッテリーは1日のほとんどをカバーできるほどのタフさをもっています。

ほどよい性能を気軽に持ち運べるという点において優れたノートパソコンに仕上がっていますね。

DAIV 5P,2020年,公式画像,写真

シルバーベースで、液晶背面にDAIVのロゴが入ってます。マグネシウム合金ということもあって、おそらく質感は高いものと思われます。

15.6型だとだいたい2kgくらいが相場ですが、DAIV 5Pは約1.53kgはこのクラスとしてはかなり軽いです。サイズは356×233×17.9mmと薄いですね。

DAIV 5P,2020年,公式画像,写真

注目したいのはバッテリーのもちです。公式で18.5時間のロングライフを実現、実用レベルだともう少しもちは悪くなるかもしれませんが、充電しないでもあるていど安心できるレベルです。

DAIV 5P,2020年,公式画像,写真

ACアダプターは90Wです。これくらいならType-C給電可能な仕様になっていれば嬉しいですが一切触れていないので不可なんでしょうね。。

 

キーボード

DAIV 5P,2020年,公式画像,写真

キーボードはテンキーがなく、右側縦一列にもボタンが設置されているタイプ。ちょっと特殊な配置ですが意外とすぐに慣れます。

 

15.6型フルHD液晶(ノングレア)を搭載

DAIV 5P,2020年,公式画像,写真,液晶

本製品は、NTSC比約72%(sRGB比換算約102%)の広色域に対応。本格的な編集作業には物足りませんが、Web環境なら申し分ない値です。

忠実な編集作業を行う人は、別途カラーマネージメントディスプレイを用意したほうが良いかもしれません。

 

DAIV 5P(2020)のインターフェース

DAIV 5P,2020年,公式画像,写真,インターフェース

DAIV 5P(2020)のインターフェースは、HDMI、USB2.0、USB3.0(Type-A、Type-C)、microSDメモリーカードリーダーになります。Wi-Fi6にも対応しているので高速なネッツ通信を楽しむことも可能です。

Webカメラもあるのでオンラインでのミーティングなんかにも便利そうですね。

 

ベンチマークテスト

DAIV 5P(2020)のCPUチェック

Core i7-10750H,CPUZ,ベンチ性能,

6コア/12スレッドの第10世代Core i7-10750Hを採用しています。

参考までに他モデルと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

モデルCPUスコア
DAIV 5P(K7)Core i7-10750H12728
G-Tune H5Core i7-10875H15814
G-Tune P5Core i7-9750H11439
DAIV Z7Core i7-970013752

Core i7-10750Hは、従来モデルのCore i7-9750Hと比較すると約10%ほど高性能化しています。

写真や動画編集などのクリエイト作業においてより良い結果をもたらしてくれるはずです。性能が良くなって悪いことはなにもありませんからね。なんならデスクトップCPUのCore i7-9700に迫る勢いです。

さらに強いモデルが欲しい人には、Core i7-10875H×RTX2060を搭載したDAIV 5Nもおすすめです。

 

RAW現像の処理時間を計測

実行速度をテストするためにRAW現像にかかった時間を計測します。

無料ソフトのRawTherapeeで100枚のRAW現像にかかった時間を計測しました。

モデルCPU時間
DAIV 5P(K7)Core i7-10750H3分32秒
G-Tune H5Core i7-10875H3分23秒
DAIV 5P(従来モデル)Core i7-9750H3分55秒
DAIV Z7Core i7-9700K3分15秒

最新CPUを搭載したことで従来モデルよりも短い時間で処理が完了しています。RAW現像でより多くの時間を生んでくれるので、他の作業にあてる時間が増えるかもしれません。

 

高速なSSDを標準搭載

DAIV 5D,SSD,転送速度

CドライブにはNVMe対応のSSDが採用されています。おそらく2000MB/s前後のの読み込み速度になっていると思われます。

公式によると「PCI Express Gen.3 ×4接続 M.2規格のSSDを2基搭載可能」とありますがカスタマイズで追加ができない謎の仕様です。そのうち追加できるようになるのかもしれません。

 

DAIV 5P(2020)のゲーム性能はどれくらい?

DAIV 5PにはGeForce GTX1650が搭載されています。エントリー向けのパーツにはなりますが、簡単な動画編集もできますしゲームも設定次第で割と遊べます。

GeForce GTX1650
写真イラスト動画編集ゲーム

 

FF15のベンチスコアを比較

重量級タイトルのFF15でゲーミング性能をチェックします。

mouse K7,GTX1650,ゲーム,性能,ベンチ,FF15

モデル設定結果
DAIV 5P(K7)
(GTX1650)
3840×2160(標準設定)
1920×1080(標準設定)5552(やや快適)
DAIV 5D
(GTX1660Ti)
3840×2160(標準設定)2800(やや重い)
1920×1080(標準設定)8000(快適)

重量級タイトルで有名なFF15ですが、フルHDなら「やや快適」にプレイが可能。GeForce  GTX1650は高解像データを扱うには向いていませんが、フルHDクラスなら割と快適に処理が行えます。

より描画性能を求めるならRTX2060を搭載したDAIV 5N、GTX1660Tiを搭載したDAIV 5Dあたりも候補にしても良いかもしれません。

 

動画編集性能もチェック

無料ソフトのResolve使って動画編集をテストします。ミラーレスカメラで撮影した5分程度の動画を書きだす時間を計測。

モデルパーツ構成時間
DAIV 5P(K7)Core i7-10750H×GTX16502分47秒
G-Tune H5Core i7-10875H×RTX2070S1分58秒
DAIV 5NCore i7-10875H×RTX2060約2分
DAIV Z7Core i7-9700K×RTX2060S約2分

編集作業中においてもフルHDクラスのデータであれば問題ありません。これだけ多用途に使えて、モバイル性能も高いノートパソコンってそう多くはありません。

 

DAIV 5P(2020)の総合パフォーマンス

mouse K7,novabench,総合スコア

モデルmouse K7MacBook Pro(2019)
総合26191490
CPU1404828
GPU846267
RAM279275
Disk90120

価格帯的に競合するかもしれないMacBook Pro(下位モデル)と比較してもパフォーマンスは明らかに上です。

mouse k7のSSDはSATA接続でそれほど高速ではないタイプなので、DAIV 5Pのスコアはもう少し上になってくるかもしれません。

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV 5P(2020)シリーズの感想や評価

良いところ

  • CPUの性能がほどよく高い!
  • 軽くて持ち運びに便利!
  • 独立グラフィックを搭載し描画性能高め!
  • ライトなゲーム、編集作業にもおすすめ!
  • 18.5時間のバッテリーもち!

DAIV 5Pはとてもバランス感覚に優れたノートパソコンです。よほど大きなデータを扱う人でもない限り不満は感じないでしょうし、価格も税別15万円以下と手頃です。コストパフォーマンスはとても優秀だと思います。

 

ちょっとイマイチなところ

  • グラフィック性能がもう一歩ほしい
  • メモリがシングル
  • Type-C給電には未対応?

とても完成度が高いだけに「もう少し」と欲張りたくなるのが本モデルです。

グラフィック性能がもう少し欲しいというのが素直な感想。せめてGTX1650Tiだったら旧モデルとの差別化もより図れたのかなという印象もあります。

 

DAIV 5P(2020)をおすすめしたい人

こんな人におすすめ
  • コスパの良いノートPCがほしい人
  • 気軽にクリエイト作業を楽しみたい人
  • モバイル環境での作業が多い人
  • 15万円程度でパソコンを探している人

公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

マウスコンピューターのDAIV 5P(2020)を紹介してきました。

DAIVシリーズの中核を担う存在として、非常にバランス感覚に優れたパソコンに仕上がっていると感じます。性能も比較的高めですし、軽量さ、バッテリーライフがそれを猛烈に後押ししています。

ほとんどのユーザーにとって不満のない完成度ですし、スタンダードという意味では「迷ったらコレ」なのかなという感じもしますね。

DAIVには他にも魅力的なパソコンがありますので、あわせて検討してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2020 All Rights Reserved.