カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

CANON「EF-M22mm F2 STM」レビュー!抜群の携帯性で気軽に撮影が楽しめる

 
  2018/03/05
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今回は「CANON EF-M22mm F2 STM」をレビュー!

「軽量」「高画質」「明るい」など、万能感のあるおすすめレンズです。

スポンサーリンク

CANON EF-M22mm F2 STM レビュー

 

CANONのミラーレス用(EF-Mマウント)として開発されたレンズです。ミラーレスカメラにマッチするサイズ感で、外観も金属仕上げて高級感があります。

ステッピングモーター(STM)のおかげで、滑らかで繊細なピント合わせが可能。動画時にも気になる駆動音をひろいにくいというメリットも嬉しい。

 

スペック表

焦点距離 22 mm
開放F値 F2
手ぶれ補正
防塵防滴
レンズ構成 6群7枚
絞り羽枚数 7枚
最大撮影倍率 0.21倍
最短撮影距離 0.15m
フィルター径 43mm
重量 105g

薄型のパンケーキレンズで、重さはたったの105g。本当に撮影できるか?心配になるレベルだけど、写真を見ていても高解像でクリアな描写のレンズだという事がわかる。

軽量なEOS Mシリーズにつければ、デジカメのようなサイズ感できれいな写真が撮影ができる。

手ぶれ補正こそ非搭載だが、開放F2の明るさで光量が少なくとも手ぶれを押さえた写真を撮影することが可能。

開放で撮影すれば「大きなボケ」にも期待ができるので、ある意味最強のスナップカメラの誕生!

EF-MシリーズはF値の暗いズームレンズが多いので、補完する意味でもこのレンズがあると使い勝手が良い。

最短撮影距離も15cmと短く、座席にすわったまま料理を撮影できるので「カメラ女子」にもおすすめのレンズです。

スポンサーリンク

EF-M22mmF2 STMの紹介動画

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

CANON EF-M22mm F2 STMのメリット

・軽量

・明るいF値

・安い

 

CANON EF-M22mm F2 STMのデメリット

・ズームできない

・手ぶれ補正がない

 

ズバリこんな人におすすめ!

・できるだけ気軽に高画質を手に入れたい人

・軽さは正義!ライト思考な人

・EOS Mシリーズ ユーザー全て(笑)

 

スマホやコンデジの画質では満足できない!でも重たいカメラは嫌!!というわがままを叶えてくれるレンズだと思います。

EOS Mシリーズなら自撮りも楽ですし、片手でもって負担にならないというのはメリットが大きいと思うんですよね。

EOS Mシリーズユーザーなら必携のおすすめNo1レンズです!

 

CANON関連記事

・EF-Mマウントおすすめレンズ【まとめ】

・EOS Kiss Mは初心者も安心の高性能カメラ

・CANON「EOS M100」レビュー

・CANON「EOS M3」「EOS M10」ちがいを比較

・CANON「EOS M10」激安だけど買っても大丈夫?

 

まとめ

EF-M22mm F2 STMは「軽い」「寄れる」「高画質」の万能レンズだった。しかも安いよ?

 

EF-M22mmは難しいことを考えずにシャッターを切るだけでもきれいな写真が撮れます。もちろん「写真上達の裏技」で紹介したような教材を使えばもっと雰囲気のある写真が撮れますけどね(笑)

このレンズは軽量なフットワークを活かして、常にカバンにいれておくことで真価を発揮するのかな?なんて思っています。

空の青もしっかり出ますし、料理もどこかツヤっぽく美味しそうに写ります。コスパで考えてもかなりお得なレンズと言えそうです。

参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.