カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

CANONの「Mシリーズ」(EF-Mマウント)レンズまとめ!おすすめはどれ?

 
  2018/03/05
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

CANONのミラーレスカメラも随分充実してきました。そこで今回はレンズに焦点をあてて「EF-Mマウントでおすすめのレンズはどれ?」というテーマで書いてみたいと思います。

あなたは単焦点派?それともズーム派?

スポンサーリンク

Mシリーズ(EF-M)マウントってなに?]

 

・CANON「EOS M100」は初心者も大満足のカメラ

 

CANONのミラーレスカメラは頭に「EOS M〇〇」とつきます。

大型のAPS-C規格のセンサーを搭載しながらも、小型軽量がウリのカメラです。高画質な写真を手軽に楽しめるモデルで人気を博しています。

初期型のカメラは性能的に良いとはお世辞にも言えなかったものに、ここにきてかなりの成長と充実ぶりを見せています。

「やや品数が弱いかな?」と思っていたレンズも、ユーザーから求められるものは最低限準備ができつつあります。

これからさらなる充実化を期待しておすすめのレンズを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

EF-Mレンズ

※おすすめ度を5点満点で評価(★★★★★5.0)

EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

 

おすすめ度:★★★★☆4.5

35mm判換算で17.6-35.2mmという焦点距離をカバー。超広角から広めの標準域まで撮影ができるので、1本ですんでしまうことも多い。

重さはたった220gで「軽い」「小型」「便利」の3拍子がそろってくる。おまけに安い。

開放値は暗めだが、手ぶれ補正もついているので心配なし。レンズ沈胴式が最近のトレンドか?

ネコ弟子
べんりにゃ

 

・EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM レビュー

 

EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM

 

おすすめ度:★★★☆3.5

24-72mm相当のレンズで、やや広めの焦点距離をカバー。

重さはなんとたったの130gというから驚き!動画撮影時にも静かなステッピングモーター採用で、スムーズなAFが可能。

軽快さを活かして気軽な撮影を楽しもう。EF-Mマウントのユーザーなら必携の1本になるか?

 

EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS

 

おすすめ度:★★★3.0

EOS Mシリーズの標準レンズといえばコレ。

35mm判換算で29-88mm相当の焦点距離をカバー。EF-M15-45mmよりも、望遠域を重視する人におすすめのレンズ。

個人的には広角側にふったほうが使い勝手が良いと思うので、おすすめ度はやや低め。

手ぶれ補正は4段分と効果に期待がもてる。

 

EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

 

おすすめ度:★★★★☆4.5

お待たせしました?高倍率ズームレンズが2016年11月に登場!

レンズ交換をせずにシステムをまとめられるので、旅行にも最適の1本。

気になるサイズ感もEF-M55-200とさほど変わらないのが嬉しい。最短撮影距離25cm、撮影倍率0.31倍とクローズアップ撮影にも意外と強い!

 

・EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM レビュー

 

EF-M22mm F2 STM

 

おすすめ度:★★★★★5.0

スナップにも最適な、薄型のパンケーキレンズ。

開放値がF2で円形絞り採用のためボケもきれい。光量の少ないシーンでも大活躍の1本。

最短撮影距離が15cmなのでテーブルフォトも楽々。とにかく軽量でMシリーズを使うなら、もっともおすすめのレンズ

 

・EF-M22mmF2 STM レビュー

 

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

 

おすすめ度:★★★★4.0

EF-Mレンズで唯一のマクロレンズ。等倍以上に大きく物を写せる(撮影倍率1.2倍)ので、本格的なマクロ撮影が楽しめる

レンズの全面にLEDライトを内蔵する面白いレンズ。マクロ撮影時には、自分やカメラで影を作りやすいがこれなら安心して撮影ができる。手ぶれ補正の搭載も見逃せないポイント。

 

EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

 

おすすめ度:★★★★4.0

35mm判換算で88-320mm相当の望遠ズームレンズ。

倍率の割りに小型なのが最大の特徴。望遠時に発生しやすい手ぶれも「約3.5段分の手ぶれ補正」でがっちりカバー。

望遠側で風景を切り取るように撮影すれば印象的な写真が撮れます。現時点で望遠が必要な人にはこれしか選択肢がない・・・涙

 

Mシリーズにおすすめのオプション

 

EOS MシリーズにEFレンズをつけるためのアダプター。純正品なので、AFや手ぶれ補正の問題もクリア!安心感もある。

ただし大型のレンズをつけると見合わないサイズ感になるのと、強度面がちょっと心配・・・

 

 

予備バッテリーはミラーレスカメラには必須!互換バッテリーは安さが魅力的だけど、自己判断でお願いします。

 

関連記事

・EOS Kiss Mは初心者も安心の高性能カメラ

・EOS M100なら、初心者大満足

・EOS M10とM3はどちらがおすすめ?

・Mシリーズにおすすめのレンズ【まとめ】

 

まとめ

EF-Mレンズのラインナップは必要最低限!これからの拡大に期待。

広角、標準、望遠のズームレンズがあり、明るい単焦点レンズとマクロレンズもあります。最低限のラインナップはできたものの、ユーザーからするとまだまだサミシイというのが本音でしょう。

特に小型を活かした単焦点レンズがもう少しそろってくると、ユーザーに対する訴求力も上がってくる気がするんですが・・・

EFマウントもこれからいよいよ?という雰囲気が出てきましたので、これからが楽しみですね♪

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.