カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

CANONの広角「EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」レビュー!軽量で旅行にも最適の1本

 
  2018/01/16
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今回は「CANON EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」をレビュー!

超広角ながら1本でスナップまでこなせる懐の深いレンズです。

スポンサーリンク

CANON EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMとは?

 

CANONのミラーレス用(EF-Mマウント)として開発されたレンズです。ミラーレスカメラにマッチするサイズ感で、外観も金属仕上げて高級感があります。

手ぶれ補正やステッピングモーター(STM)など、ツボをおさえているので万人に使いやすいレンズになっています。

スペック表

焦点距離 11~22 mm
開放F値 F4-5.6
手ぶれ補正
防塵防滴
レンズ構成 9群12枚
絞り羽枚数 7枚
最大撮影倍率 0.3倍
最短撮影距離 0.15m
フィルター径 55mm
重量 220g

フルサイズ換算で18-35mm相当となるレンズ。

超広角ながら軽量というのが最大のポイントで、重さはわずか220gしかありません。レンズは収納式なのでコンパクトなのも嬉しいポイントです。

ステッピングモーターを採用しているので、AFは滑らかで静か。静止画の撮影時はもちろんのこと、動画撮影においても恩恵にあずかれます。

やや解放値が暗いのが気になりますが、3段分の手ぶれ補正搭載なのでふどまりは悪くないでしょう。

 

広角レンズとしては便利な機能も!

広角レンズは写しこめる範囲が広いため、思った箇所にピントがこないこともしばしば・・・

このレンズはAF合焦後でも、フォーカスリングをマニュアルで回転させることでピント調整が可能な「フルタイムマニュアルフォーカス」(長い)を搭載しています。

 

個人的にこのレンズでおいしいなと思うのは、ズーム全域で最短撮影距離が0.15m(最大撮影倍率0.3倍)というクローズアップ撮影が可能なことです。

テーブルフォトや、スナップ撮影まで使えるのでこれ1本で旅行なども済ませられるでしょう。

ネコ弟子
荷物が減るってすばらしいにゃ

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

CANON EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMのメリット

・超広角のダイナミックな世界を堪能できる

・沈胴式の軽量・コンパクト設計

・クローズアップ撮影も可能で応用力がある

・しかも安い!

 

スポンサーリンク

CANON EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMのデメリット

・開放値が暗い

・もうちょっと広角が欲しいシーンも?

 

ズバリこんな人におすすめ!

・広角の世界を手軽に楽しみたい人

・標準レンズとは違う表現を試したい人

・旅行に連れて行くレンズを検討している人

・こどもの撮影に使いたい人

 

基本的な性能が高く、それでいて低価格、軽量・コンパクトと3拍子そろったレンズです。

目に見える範囲を超えたダイナミックな世界は、これまでと違う世界を見せてくれるはずです。

35mm相当まで撮影可能なのでスナップも可能!旅行に最適な1本とも言えます。こどもは距離が近いので広角があると、自分が下がる必用がないので便利です♪

CANON関連記事

・EF-Mマウントおすすめレンズ【まとめ】

・CANON「EOS M100」レビュー

・CANON「EOS M3」「EOS M10」ちがいを比較

・CANON「EOS M10」激安だけど買っても大丈夫?

 

まとめ

EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMは広角が欲しいと思っている人にはコスパ抜群!

ここまで見てくると買わない理由が見つからないくらい、よくできたレンズだと思いますね(笑)

これだけの広角レンズでありながら、クローズアップ性能も目を見張るものがあります。メインは大きく、背景はダイナミックにという広角レンズならではの撮影も楽しめます。

レンズの沈胴の儀式がめんどくさい人は伸ばしっぱなしでも、それほど携帯性は損なわないと思います。鞄にどうしても沈胴しないと入らない!ということは稀でしょうし・・・

EOS Mシリーズを使っている人なら必ず手に入れておきたいレンズかもしれません。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.