CANON「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」レビュー!ミラーレスもやっぱり高倍率ズームが正義

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

今回は「CANON EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」をレビュー!

キヤノンのMシリーズ用レンズとしては高級な部類に入りますが、はたしてその価値はあるのか?

スポンサーリンク

CANON EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM レビュー

CANONのミラーレスカメラ用に2016年11月に登場したレンズ。

EF-Mマウントとしては初の高倍率ズームレンズになったので、待ちに待ったという人も多いのではないでしょうか?

「手ぶれ補正」は4段分なので、望遠時にも頼りになります。

1本で広角から望遠まで撮れるという意味では、あらゆる被写体に向いたレンズだとも言えます。

特に風景を撮影する人には強い味方になってくれるはずです。

スペック表

焦点距離18~150 mm
開放F値F3.5-6.3
手ぶれ補正
防塵防滴
レンズ構成13群17枚
絞り羽枚数7枚
最大撮影倍率0.31倍
最短撮影距離0.25m
フィルター径55mm
重量300g

35mmフィルム換算で、29~240mm相当の焦点距離のレンズです。こういった高倍率レンズでは必ず欲しい手ぶれ補正も入っています。

絞り羽根は7枚で円形絞りを採用しているのでボケもきれいです。

このレンズがあれば、標準レンズと、望遠レンズは不要という人もいるでしょうね。

EF-M 22mmF2とあわせて使えば、お互いの弱点を補いあえる素敵な関係ができあがります。

せっかく軽いシステムなので、レンズを何本も持ち歩きたくないという人におすすめのレンズですね。

サイズもEF-M 55-200とさほどかわりません。

スポンサーリンク

紹介動画

この動画を見る分にはEF-M 55-200mmよりも使い勝手が良さそうですね。手ぶれ補正がかなりきいている印象を受けます。

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

CANON EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM STMのメリット

・1本で広範囲の撮影ができる

・レンズを何本も持ち歩く必用がない

・手ぶれ補正が強力

CANON EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMのデメリット

・EF-Mマウントにしては高価

・高価なのにプラマウント

ズバリこんな人におすすめ!

・撮影チャンスは逃したくないという人

・レンズ交換なにそれ?というズームレンズ派の人

・旅行に持ち出せる1本をさがしている人

 

CANON関連記事

まとめ

EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMは待ちに待った高倍率ズームレンズ!Mシリーズの救世主だ

軽量なMシリーズに高倍率ズームレンズって、持ち出しが楽でなんでも撮れるんですからずるいですよね(笑)

EF-Mマウントのレンズは、例にもれずクローズアップ性能が良いのでこのレンズもテーブルフォトで立ち上がる必用はありません。

レンズとしては高価ですが、その価値は十分にありそうですね。このレンズに広角の「EF-M11-22mm」や、単焦点の「EF-M22mm」を組み合わせたら、かなり楽しそう・・・・

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

管理人:はるか 子持ちの♂

FUJIFILMのXマウントが大好物

◆プロフィール詳細

◆僕が使っているカメラとレンズ

Twitter:@harucamera3

Instagram:harucamera33

Facebook:はるかめら