【カメラレビュー】OLYMPUS E-M5MarkⅡの手ぶれ補正が最高すぎる!

女子大学生が海外旅行に行くのに選んだカメラがOLYMPUSE-M5MarkⅡでした。

買い物の後に「設定をしてあげるから」と上手いこといって触らしてもらいました(笑)

一緒に買い物に行った時の記事がコチラ

実際に写真も撮ってきましたが、これがかなりすごい事になっていましたのでレビューしたいと思います。

はるペン
名機の予感

E-M5MarkⅡとは?

 

OLYMPUSというカメラメーカーが2015/2月に発売したカメラです。

発売から数年が経ってますが、性能としてはまだまだ現役?というかある意味トップクラスです。

画素数こそ1600万画素ちょっととそれなりですが、世界最高峰の手ぶれ補正、防塵防滴機能、バリアングル液晶、アートフィルターなど小さなボディにこれでもか!と機能が詰め込まれています。

発売から少し経過していることもありお値段が手ごろになっています。新品で高倍率のズームレンズキットが10万円前後というのは、異常なコストパフォーマンスです。

レンズも防塵防滴機能が搭載されているので、どんな天候でも撮影ができる心強いヤツです。

はるペン
俺みたいに世界一ブレない奴だぜ

基本性能(スペック)

名称OM-D E-M5 Mark II
画素数1605万画素(有効画素)
センサー4/3型(フォーサーズ)
ISO感度100~1600(拡張25600)
連射性能10コマ/秒
撮影可能枚数310枚(液晶モニタ使用)
動画性能フルHD
サイズ123.7x85x44.5 mm
重量417g
その他機能

・5軸手ぶれ補正

・バリアングル液晶

・防塵防滴

基本性能の高さが見てとれます。雑誌を見ているとプロも愛用されているので「お墨付き」です。

とにかく軽い!軽いのに金属ボディで質感が高く、グリップもしやすいです。

レンズのラインナップも豊富で、軽量で写りの良さが魅力的です。次々と開発・発売されているのでスキはないと言ってもよいでしょう。

 

とにかく手ぶれ補正がすごい!

メーカーのホムページでも大々的に売り出しているのが「世界最高の5軸手ぶれ補正」です。(発売時点において)

2015/11月のファームアップにより、6段の補正性能を誇る「5軸シンクロ手ぶれ補正」に対応したそうです。なんかもうよく分かりません(笑)

手ぶれ補正の詳細については公式ホームページへ

ここで1枚写真を見てもらいたいと思います。

▼カメラ初心者が撮った写真です

ちなみにこれを撮ったのは夜の21時くらいです。オサレなイタリアンレストランでテスト撮影をしました。店内は薄暗く「手持ち撮影はしんどいかな?」と思いましたが、ご覧の結果です。

絞り解放で撮影しているのでピントはアレですが、プラス補正もしているのに手ぶれのない写真が撮れました。本当に世界一ブレないやつです!

 

 

Wi-FiでサクっとSNS

OLYMPUSのE-M5MarkⅡにはWi-Fiも搭載されています。

僕は何もアドバイスしてないのに簡単に設定を終わらせていました。メニュー画面でWi-Fi設定に行くとQRコードが表示されます。あとはそれをスマホで読み取るだけで設定完了。好きな写真をスマホに飛ばし放題です。

撮った写真をすぐにスマホに転送ができて、SNSでの拡散もすぐ!

 

E-M5MarkⅡのデメリット

画素数が少ない

現時点ではほとんどのカメラが2000万画素を超えてきている中で、1600万画素は少し物足りなさを感じます。

これに関しては無理に画素数を上げて、写真が破たんするよりは良いという選択なのでしょう。

ISO感度上限が低い

ISO感度の初期上限が1600なので、上限にすぐ達する可能性があります。感度を上げ過ぎるとノイズが発生するので、これも画質面と計りにかけた結果でしょう。

最強の手ぶれ補正があるので、そこまで心配は要らないかもしれません。

バッテリーの持ちが悪い

これはE-M5MarkⅡがというより、ミラーレスカメラの宿命です。全ての機能を電子制御に頼るしかないので、消耗が早いです。

本格的な撮影を1日しようと思うとバッテリーが1個では足りないでしょう。予備は必須です。これがなかなかのお値段。

まとめ

E-M5MarkⅡは最高クラスのコストパフォーマンスを持ったカメラだ!

色々なサイトで作例を見ていると、高コントラストでシャープという印象です。使うレンズにもよるでしょうがヌケが良いので「目が良くなったかな?」と錯覚するほどクリアな写真が撮れます。

この性能が10万円前後というのは投げ売りに近いでしょう(笑)ほんとキットレンズと購入すれば、システムが完結する可能性すらありますからね。

暗い室内でも高速にピントはあいますし、アートフィルターなどは使いきれない可能性すらあります(笑)長期間相棒として活躍してくれることは間違いありません!

予算があわない方は弟分のE-M10 MarkⅡもおすすめです!

E-M10 MarkⅡ

E-M10 MarkⅡのレビューはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。