カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

オリンパスの「PEN Lite E-PL7」をレビュー!自撮りもスマホ連携もおまかせのお手軽カメラだった

 
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

ミラーレスカメラ人気の火付け役と言えば、OLYMPUSさんですね。中でもPENシリーズはビギナーをはじめ、女性や、デザインにこだわる感性の高い人、デジイチのサブカメラとしても人気があります。

そこで今回は「OLYMPUSのE-PL7を徹底レビュー」していきたいと思います。

スポンサーリンク

E-PL7とは?

 

クラシックな外観からは想像できないような、最新技術てんこ盛りのカメラです。デザインの良さだけでなく、性能にもこだわっているのがオリンパスの姿勢や本気度を感じますね。

小型なので気楽に使えるのも良いですし、性能を引き出すようなこだわった使い方も可能です。

はるペン
いいカメラペン

E-PL7の性能表

画素数  有効1605万画素
ISO ISO100~1600
AF  81点
シャッタースピード  1/4000~60 秒
連写性能  8コマ/秒
手ぶれ補正 あり
動画性能  フルHD(30fps)
Wi-Fi/Bluetooth  あり
液晶モニター  可動式(自撮り可能)
撮影可能枚数  350枚
重さ  309g

スポンサーリンク

E-PL7のおすすめポイント!

性能・画質が良い

スマホやコンデジよりも大きなセンサーを搭載しているので、写真はとてもきれいに撮れます。

朝やけの色も、空の青さも、お料理や人、トワイライトのグラデーションだってお手の物です。ちょっと気になれば、アート風にも簡単にするこができます。

起動も速く・ピントも高速、レスポンスで心配する必用なんてありません。手ぶれ補正も搭載で初心者にもおすすめです。

 

カメラが軽量だから楽ちん

サイズが大きくて重たい一眼レフと比べて、当たり前ながら「軽量コンパクト」です。

どこでも持っていける携帯性は写真を撮る上でとっても大切な要素です。軽快さは気持ちの面でもフットワークを良くして、億劫さを吹き飛ばしてくれます。

「今日は撮るぞ~!」と気合をいれないといけないこともありません。

 

ふわふわ感をそのままにシャッターをきれる

 

説明書不要の快適操作

直観的な操作だけで、きれいな写真がどんどん撮れてしまうのもPENシリーズの良い所だと思います。難解な説明書を熟読しなくても、なんとか使えてしまいます。

 

ほとんどのシーンでカメラまかせにしてしまってもOKですし、ちょっとこだわりたくなったらアートフィルターなどのお手軽アート機能も搭載してあります。

 

デザインがおしゃれ

見た目がとにかくかわいいです。ごつごつした「いかにもカメラ」なデザインではないので、まわりからの注目度も抜群です!

こんなデザインなら、たくさん写真撮りたいとおもってしまいます!

撮れる写真もとってもかわいかったりします。

 

Wi-Fiが便利

専用アプリと連動させて、シャッターを切ったり、画像をスマホへ転送できます。

これだけSNSがはやると、写真の影響力は多大になっています。人とはちがう要素でアピールするときに「きれいな写真」があるととっても有利です。なによりイイネがたくさんつくと嬉しくなります。

連携も意外と簡単で、ケーブルでの画像転送はしていません。あれこれと準備をしなくても楽しめるなんて・・・技術の進歩を感じます。

 

あえて言うなら?デメリットも

・細かい設定はしづらい(オート向け)

・暗い場所での撮影にはやや弱い

・バッテリー消費が心配

・レンズがたくさん欲しくなる(笑)

 

軽快さを重視したモデルなので、ボタンが少なく、あれこれと設定をいじるのは液晶モニターの中でのことです。自分なりのカスタマイズをしていかないと「使いにくい」という印象をいだきかねないかもしれません。

できるだけ簡単に使えるようになっているので、カメラまかせで写真を撮ることがメインだと考えたほうが良いでしょう。

 

暗い場所での撮影時にはISO感度をどれだけ上げていけるかが気になります。残念ながらE-PL7では通常ISO1600が上限です。

これははっきり言って物足りないレベルです。ですが、ボディ内の手ぶれ補正も搭載しているので夜間の撮影もけっこういけちゃったりするんですよね。

 

お遊びでキラキラにしてしまいました・・・

 

関連

・OLYMPUSの便利機能まとめ

・カメラ女子におすすめの機種

・iPhoneよりミラーレス一眼の理由

・E-M5  MarkⅡのレビュー

・E-M10 MarkⅡのレビュー

・おすすめレンズ【厳選10本】

・OLYMPUSのPENシリーズで使いたいレンズ

・オリンパスのレンズを1本だけ選ぶなら

 

まとめ

小さなボディに機能が使いきれないほど搭載!常に携帯できるサイズ感は可能性が無限大だった

ISO感度上限が低かったり、ファインダーが非搭載と、気になることがないわけではないですが、気軽に遊べるカメラとしては完成度が高いと思います。

持ち運びの軽快さや、手ぶれ補正などのメリットもありますし「持ち出すこと」=「撮ること」に繋がるので、そういうところを重視したカメラだと思います。

女性が旅行にもっていくのにも荷物にならない(なりにくい)でしょうね。バッテリーの消費はそれなりなので、予備があると安心です。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.