カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

OLYMPUSの「E-PL8」におすすめのレンズは?単焦点?それともズーム

 
  2017/12/04
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

OLYMPUSのE-PL8を買ったんだけど、レンズってどれを買えばいいの?選ぶ基準がわからないんだけど・・・そんな質問をいただきました。

そこで今回は「E-PL8におすすめのレンズ」と題して、これを使えば良いよ~というものを紹介してみたいと思います。

予算や用途によってチョイスしてみて下さい。

スポンサーリンク

OLYMPUSのE-PL8って?

 

 

マイクロフォーサーズという規格で作られている、軽量でコンパクトなミラーレス一眼です。

ただ軽量なだけではなく「手ぶれ補正」「高速連射」「自撮り可能なタッチパネル液晶」「Wi-Fi」など必須となるような機能は全て搭載されています。

他の記事でもレビューしていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

 

・OLYMPUSのE-PL8のレビュー

 

E-PL8におすすめのレンズ

おすすめのレンズといっても、その使い勝手は微妙に違うので「自分の撮影スタイルにマッチしているか?」がとても大切です。

単焦点レンズなら特化できるので、高画質や軽量を追求できます。ズームレンズなら幅広い距離をカバーすることができます。

そのなかでもE-PL8と相性が良さそうなものをピックアップしてみました!

スポンサーリンク

単焦点レンズ

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

 

 

小型のPENのボディにも似合う、極薄のレンズ。パンケーキレンズとも呼ばれ携帯性重視なら抜群の相性をほこる。

35mm付近の焦点距離と、明るい開放F値(F2.8)でどんなものも手軽に写真に残せる万能感のあるレンズ。

コンデジの一回り大きいくらいのサイズ感で持ち運びができるので、カバンにいれっぱなしにして撮影チャンスをうかがおう!

中古だと1万円程度でも手にはいることもあるので、お試しにも最適な1本。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

 

 

写真の基本と言われる50mm相当の焦点距離のレンズ。

ターゲットから離れたり、近づいて撮影したり、絞りを変更したりと撮影において大事な要素を身に着けやすいレンズでもあります。

当然クリアな描写で、ボケも期待ができるので、これから写真を趣味にしようと考えているならもっておきたい1本。

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

 

 

中望遠域にあたる焦点距離をもつレンズ。

写せる範囲は狭くなりますが、くっきりとターゲットを浮き上がらせることが出来、背景もボケるので「写真がうまくなった?」と感じられるレンズでもあります。

多くのものを写そうとするよりも、コレと思ったものを切り取るような写真に仕上げましょう。全部を移さなくても、一部で説明ができるシーンも多いものです。

ここぞという時には使いたい、非常にコスパの高い1本だと思います。

ズームレンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

 

 

広角好きなら使いたいのがこのレンズ。

広範囲を写すことができて、歪みも少なく、AFも静かなので動画を撮る目的でもよさそう。

開放感のある写真は見ていて気持ちがよいので旅行とも相性バッチリ。次に紹介する高倍率ズームと2本あれば、かなりのシーンをカバーできると思います。

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

 

 

少しサイズ感が大きくなってしまうけど、高倍率ズームレンズがあればあらゆるシーンで撮影ができます。

標準レンズと望遠レンズを1本化できるので、レンズ交換の手間を省いてくれます。チャンスがきたときにとっさに構えられるという強みがあります。

このレンズは新型になったことで、防滴性能もそなえ天候に左右されにくくなりました。アウトドアの撮影もこなすことができます。

旅行などにも最適の1本ですが、できれば明るめの単焦点レンズとくませてあげたいところです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

 

 

マイクロフォーサーズ規格の真骨頂?とも言える、超望遠域をカバーするレンズです。

焦点距離は600mm相当をカバーするので、飛行機や野鳥を撮影することもできます。

常用レンズとしては使い勝手はよくないので、目的がはっきりしているレンズでもあります。

関連記事

 

まとめ

せっかくのレンズ交換式カメラ!いろいろな撮影を楽しもう

個人的には17mmF2.8や、25mmF1.8なんかを使うと手軽に撮影を楽しめて面白いと思います。ズームレンズの便利さは捨てがたいですけどね(笑)

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.