カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

フルサイズミラーレスカメラの波を乗りこなせ!「キヤノン」「ニコン」「ソニー」どれを選ぶ?

 
  2018/10/03
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

CANONNIKONSONYどの舟に乗る? (1)

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

世はまさに群雄割拠のフルサイズミラーレス戦国時代へと突入しました。覇を競いあっているのは「キヤノン」「ニコン」「ソニー」の三社。もちろん他社も隙あらばと機を狙っているのは言うまでもありません。

天下をとるのはどのメーカーなのか?カメラファンとしてこれからの動きが楽しみで仕方ありません。そして現時点で明らかに輝きを放っている英雄(カメラ)があります。もはやコスパ異常と言わざるを得ない!そんなカメラについて書きたいと思います。

「あぁ・・・フルサイズミラーレスカメラが欲しい」そんな思いをただ吐き出した記事ですが、しばしの時間お付き合いください。

スポンサーリンク

 

 

CANON/NIKON/SONYのどれを選ぶ?

これはあくまで自分の印象ですが、現時点で各メーカーの関係性はこのような感じになっています。ちなみに価格はカメラのキタムラ ネットショップを参考にしています。ここがメインではないのでサラっと流してもらえれば!

CANON NIKON SONY
EOS R Z6(Z7) α7Ⅲ(α7RⅢ・α7RⅡ・α7Ⅱ)
23万円 25万円(40万円) 21万円(13〜32万円)
  • カメラシェアNo1
  • ミラーレス後発組
  •  一眼レフ機材が豊富
  • 業界人気No2
  • ミラーレスの実績は…
  •  一眼レフ機材が豊富
  • フルサイズミラーレス市場を独占
  • 先発組で専用レンズが豊富
  • 現在のスタンダード
詳細をチェック 詳細をチェック 詳細をチェック

この中で単純に使ってみたいな〜と思ったのはCANONです。3030万画素という色分けと、5655点という訳のわからない測距点。そしてちょうど良い価格設定。カメラが好きな人がグッとくる機能を踏まえつつ、ズラしながら反応を見ている感じが上手いな〜と思います。NIKONは散々ひっぱって蓋を開けてみると、期待を飛び越える感じもなくガチンコでSONYにぶつけた印象。

この2社に関しては一眼レフという圧倒的な実績があるので、マウントアダプターさえ使えばレンズ資産が活かせるという恩恵にあずかれます。僕のような「何も持たない者」はただ指を加えて眺めているのみです。正直パパの小遣いで20万円を超えるボディに投資しにくいのもあります。レンズだって1本10万円とかですからね。もう華麗にスルーです。

 

 

そう・・・

 

SONYのあいつに気づいてしまうまでは・・・

 

 

SONYのα7RⅡ(ILCE-7RM2)が激安すぎる

α7RⅡは後継機に「α7RⅢ」が発売になっています。どちらも約4240万画素の解像度モンスター番長なカメラですが、キヤノンとニコンの発表を受けてキャッシュバックキャンペーンが開催されています。

▼α7RⅡは3万円のキャッシュバック。α7Ⅱなら2万円…

  • α7RⅡの実売価格が20万円→キャッシュバックで実質17万円
  • α7Ⅱの実売価格が12万円→キャッシュバックで実質10万円
はるペン
これは事件だ
α7RⅡ(ILCE-7RM2)
Amazon 楽天市場 Yahooショッピング カメラのキタムラ
α7Ⅱ( ILCE-7M2)
Amazon 楽天市場 Yahooショッピング カメラのキタムラ

 

すでにお気づきだと思いますが、他社新製品よりかなり安く購入できちゃうんです!と言うことはレンズ購入の余裕が生まれます。憧れだった高画素フルサイズが手元に・・・なんて妄想が現実に叶っちゃうんです。しかも新機種と同じセンサーが搭載されていますから、写りも心配無用。もはや価格破壊としか言いようがありません。

キヤノン・ニコンに魅力を感じる人も大勢いるでしょうが、2社のニュースは僕にとってSONYへの布石になってしまうのでしょうか・・・

スポンサーリンク

フルサイズミラーレスで新境地に飛び込みたい

僕が普段撮る写真は、明るくてふんわりとした優しい感じの写真です。大きなボケと、プラス補正を使って仕上げています。普段使っているのが富士フイルムのカメラなのでAPS-Cというフルサイズセンサーよりも一回り小さなやつになります。

これがフルサイズになると・・・・!?

 

「どうなるんだろう??」(笑)

 

高画素モデルは解像感が桁違いなので、写真に立体感が生まれます。絞り解放でボケをうまく使うと、ピントがあった場所だけが浮き上がるような感じになる訳です(理屈上は)・・・・

そうなると「あれ?これって新しい境地にたどり着くんじゃないの?」なんて期待感(ただの妄想)をもってしまうんです。

しかもα7RⅡを選ぶ理由は他にもあります。ソニーは「PlayMemories Camera Apps」という撮影用のアプリを販売しています。タイムラプス動画や、比較明合成といった表現がカメラ単体で仕上げ切ることができるんです。実は後継機のα7RⅢは対応していないそうなので、選ぶ理由の1つとしてあげられるんです。→対応機種を確認する

 

▼タイムラプスはこんな感じ。あまりうまく撮れていないので、練習したい。

ネコ弟子
アプリ販売は人気がなかっとか言わないにゃ

 

まとめ

  • フルサイズミラーレスは群雄割拠の時代へ!
  • どのメーカーも一長一短!選ぶのは自由!
  • α7RⅡのコスパは異常!価格が上がる前にゲットしたい!

富士フイルムのX-T3の到着を待っている状態なので、どこまで動くか?動けるのか?もわかりませんが、SONYの動きだけは毎日チェックしています(笑)

▼この囁きは天使か悪魔か?

自分が考えてたことを人様から言ってもらえると気持ちがいいもんですね(ポチ)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.