カメラのこと、写真の撮り方、写真編集PCなどを紹介しているブログ

富士フイルム「X-T100」の性能と率直な感想【※追記】

 
  2018/06/04
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

富士フイルムのX-T100の情報がそろそろ固まって来た時期⇒発表になりましたね!やったー。

「X-T100」はX-A5とX-T20の間を埋めるような性能になるだろうと予想されていましたが、実際はどうなのでしょう?

現時点で分かっている性能発売日などをまとめてみました。

スポンサーリンク

FUJIFILM X-T100とは?

 

富士フイルムのX-T100は、すでに発売されているエントリーモデル「X-A5」と同様のベイヤーセンサーを搭載しています。

デザインは一眼レフスタイルで、EVFの他にもチルト式の液晶を備えるなど実用性を重視したカメラになっています。同社のX-T20よりも性能は抑えられていますが、少々サイズアップしたようです。

 

▼ほぼ同スペックのX-A5

 

価格と発売日は?

  • 2018/6/21(木)
  • ボディ単品:7万5000円
  • レンズキット:8万7500円
  • Wズームキット:10万円

 

1ヶ月後には発売ということで、非常に楽しみですね。

 

X-T100の紹介動画

 

X-T100の性能表(予想)

X-T100の特徴
  • X-A5と同じベイヤー配列のセンサーを搭載
  • 電動ズームのレンズキット
  • 勇気ELのEVF搭載
  • 操作性・実用性を高めたデザイン
  • 3方向チルト液晶でセルフィー撮影も可能
  • 撮影可能枚数430枚
画素数 有効2420万画素
シャッタースピード 1/4000~60 秒
連写性能 6コマ/秒
EVF 3.0型 104万ドット
動画性能 4K(15fps)
Wi-Fi/Bluetooth あり
液晶モニター 3方向チルト、タッチパネル
サイズ 121.0mm x 83.0mm x 47.4mm
重さ 399g
価格

性能的には特筆する部分も見当たりませんね。動画も4K対応にはなっていますが、おまけ程度かもしれません。エントリー機でのサイズアップは少々残念に感じますね。

少しマイナスなコメントが続いてしまいましたが、実用性を見てみると小さなポイントに過ぎないと思います。

このクラスで動画を積極的に撮る人は少ないでしょうし、連射が必要であれば上位機種から検討するでしょう。

他にも気になったところをあげていきたいと思います。

スポンサーリンク

3色展開が嬉しい!

出典:デジカメWatch

カラーは「ブラック」「ダークシルバー」「シャンパンゴールド」の3色が予定されているとのことです。個人的にはシャンパンゴールドが気になって仕方ありません!

ダークシルバーもいいなぁ・・・従来からのグラファイトモデルに近いカラーリングで特別感がありますね。さすがに質感は負けるでしょうが・・・

 

手振れ補正は搭載されるの?

手振れ補正は非搭載です。

X-H1同等のX-TRANSであれば期待もできたでしょうが、搭載されるのはベイヤータイプです。ましてやエントリー機から手振れ補正を搭載するのは、少し考えにくいです。

時期モデルで言えば「X-T3以上のクラスに搭載してほしい」という思いはありますが、その説も今のところ有力ではないようです。

手振れ補正が搭載されれば、優秀なレンズ達の魅力が高まりますし、スナップやポートレート、動画など、幅広い被写体の撮影が捗りそうですね。

 

自撮りは可能なのか?

出典:富士フイルム

水平方向に反転する3方向チルト式の液晶モニターが搭載されるので「自撮りは可能」です。タッチ操作も対応しているので、スマホ的な感覚でピント合わせや撮影ができるのも嬉しいですね。

僕は液晶固定式のX-E3が2台という、不思議な状態なのでチルトで自撮りが可能であれば1台を入れ替えるかもしれません。

家族旅行で使いたい!

 

FUJIFILM「X-T20」「X-E3」がライバル?比較対象になる?

 

同社からは上位モデルに「X-T20」「X-E3」といったカメラがあります。富士フイルム特有の「X-TRANS」センサーを搭載しているカメラですね。

個人的な考えでは、これらは比較対象にならない!と思っています。

色や解像度をじっくり眺めてそこまで違いを感じるほどではないでしょうし、ついてくるレンズも違いますからね。

富士の色を手軽に楽しめるという意味で、X-T100は魅力的ですが、やはりエントリー層に向けたカメラです。できるだけ安価で購入したい人からすると、良い選択になることは間違いありません。

 

関連記事

・X-T100におすすめのレンズ

・X-T100とX-A5はどっちがおすすめ?

・X-T100とX-T20はどっちがおすすめ?

・X-T100とX-E3はどっちがおすすめ?

・FUJIFILMの神レンズ【まとめ】

 

最後にひとこと

とりあえずX-T100の発売が楽しみで仕方ない!という感じになってきました。実際の色味とかが気になるところです。

これまで富士のエントリーモデルって、X-A5とかのファインダー非搭載のモデルしかありませんでした。アジア圏では非常に人気のあるカメラですが「胸をはっておすすめできる!!」と言うわけでもありませんでした。

野外での明るい場所での撮影は、やっぱりファインダーが欲しいですし、没入感も全然違いますからね。

富士フイルムエントリーの方には、これまではX-T20をおすすめしてきましたが、X-T100の登場で選択肢は広くなりました。

X-T100の発表で、富士フイルムのユーザーさんがもっともっと増えると嬉しいな~!

ミラーレスカメラではCANONからKiss Mが発売されたり、オリンパスにはE-M10シリーズという優秀なカメラがあるので、そのあたりのカメラと「どのように勝負していくか」も実は楽しみだったりします。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.