カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

【はるかめら限定】パソコンご購入でAmazonギフト券5000円分がもらえるキャンペーン実施中

【2018年】おすすめのフルサイズコンデジ!

 
  2018/04/20
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

フルサイズセンサーが世に広まった感のある、今日この頃・・・みなさんいかがお過ごしですか?

この記事では「フルサイズセンサー搭載のおすすめコンデジ」について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

フルサイズセンサー搭載の機種はこちら!

フルサイズセンサー搭載の一眼レフが発売されたばかりの頃は「とてもじゃないが手が出ない!」とその価格に驚いたものです。

ここ数年では、発売力後でも10数万円で買えてしまう時代になりました。ほんとに技術の進歩が早い!

そして今では「コンデジだってフルサイズ」!そんな時代に突入した感じさえあります。

それでは2018年現在で、購入が可能な機種について見ていきましょう。

 

元祖フルサイズコンデジ!DSC-RX1

 

元祖フルサイズコンデジと言えばRX-1!

発売は2012年で、当時は話題をさらいまくっていた気がする。コンデジながらもフルサイズらしい、解像感やボケ、ダイナミックレンジ、高感度耐性などなど今でも通用する部分は多い。

中古市場では10万円前後で見かけることも多くなって、値ごろ感が増している。

ネコ弟子
気になっていた人は今がチャンスにゃ

 

待望の第二機!DSC-RX1R

 

解像感をさらに高めるためにローパスフィルターを除去した、待望の2代目モデル。

シャッターさえ切れば「プロ並み」の写真が撮れる。「画質はこだわりたいけど気軽に撮りたい」「重たいフルサイズはもういやだ」って人が手にしたら幸せになれる。

写真は撮ってナンボだから、いつでも手元においておけるアドバンテージは計り知れない。

スポンサーリンク

イチガンを超えるハイスペック!!DSC-RX1RM2

 

究極のサイバーショットと言えば、このカメラのこと。

ソニーのフルサイズミラーレスカメラの「α7R2」と同じイメージセンサーを搭載。コンデジながら4240万画素という脅威の画素数を誇っている。

またレンズにはカールツァイスのゾナーレンズを搭載。焦点距離35mm、開放F2と実用的かつ、繊細な描写を得意とする。

「ファストハイブリッドAF」のおかげでAFも高速とあって「もはやこれ1台あればいいのでは?」とさえ思える。

ミラーレスカメラが重くて躊躇している人達の助け舟となることは間違いない!!

SONYだけじゃない!LEICA Q Typ116

 

2016年にライカから登場した、お値段50万円オーバーの小さな巨人がLEICA Q Typ116だ。

撮った人の感情をそのままに写真にすると言えばいいのか?やっぱりライカは一味ちがうと感じざるを得ない。

「ライカかっこいい!」「ライカ欲しい!」という気持ちになってしまったら、もはや逃れることは不可能なので買ってしまって楽になろう(笑)

 

関連記事

・DSC-RX100M5 レビュー

・SONY「α7Ⅲ」と「α7Ⅱ」のちがい

・SONYのフルサイズ(Eマウント)で使いたいレンズ

・SONY α9発売後にα7を買ったけど今更なの?

ソニーストア

最後に・・おすすめフルサイズコンデジは?

フルサイズのコンデジと言うだけあって、撮れば納得の写真が撮れます。正直どれもおすすめだし、機会があれば使ってみたいともいます。

ただそれでは面白くないのでDSC-RX1 RM2がおすすめ!とここではさせてもらいたいと思います。理由は順当に進化している点に、価格以上の価値があると感じるからです。

ライカの魅力は価格に換算するのは不可能ですね(笑)納得する人が選ぶカメラだと思います。

RAWで撮ってじっくり現像するのも楽しそうですね。⇒RAW現像・写真編集に必要なパソコンのスぺック

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

Amazonギフト券プレゼント企画!
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.