カメラのこと、写真の撮り方、写真編集PCなどを紹介しているブログ

グッドアピールの「一眼レフカメラ上達講座」の評判は?潜入捜査の結果をレビュー!

 
  2018/02/08
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

女子高生が予想したトレンドランキングで「一眼レフ」が1位を獲得したそうです(拍手)

このように、今では老若男女問わずに注目されている一眼レフですが、困っているという声をよく耳にするのも事実。

 

「初心者では使いこなせない」「機能が多すぎる」「プロみたいな写真が撮れない」などなど・・・あげればキリがありません。

そんな悩みを吹き飛ばしてくれるのが「プロによる実演指導」であり「カメラの教材」です。

 

プロが実演指導してくれる写真教室を調べてみると、ウン十万円も費用がかかり、とても趣味レベルで受講なんてできません。

 

そこでもう1つの「カメラの教材」を探すと、良い物がありました。

コチラです⇒“感動の1枚”をわずか3ステップで撮れる!一眼レフカメラ講座

 

グッドアピールという会社さんが販売されているのですが、ネットを見る限りほとんど情報が出ていなかったんですね。そこで今回は「グッドアピールの一眼レフ講座は本物か?」と題して、潜入捜査を行ってきました(笑)

実際に僕が手にして、感想を書いていきますので参考にしてみて下さい。


グッドアピールの評判は?どんな会社?

グッドアピールは広島に籍をおく会社さんで、書籍やCD,DVDなどの出版や製作をしています。他にもWEBサイトの作成や、販売代行といったサービスを幅広く展開されています。

ちなみに、一眼レフカメラ上達講座の他にも、ピアノやギター、水彩画といった「習い事」や「趣味」の教材が人気のようです。当然ですが、この時点では怪しさは一切ありません。

 

それもそのはずで、公式ホームページを見るとこんな言葉が・・・

 

公式HPより

徹底的にユーザビリティにこだわり、手にして頂いた方が
心から笑顔になれることを目指しています。

 

もう、清々しいまでに真白です(笑)

カメラの専門誌や女性誌にも取り上げられるなど、信頼性に関しては全く問題がありませんでした。

 

一眼レフ講座の評判は?(レビュー)

会社さんのことはわかったとして、肝心なのは講座内容です。

誰が作ったかもわからないDVDに時間を割くほど暇な人は日本にはいないはずです。どれだけ疑っているんだ・・・という話ですが、僕は過去に高額の写真教室で痛い目をみています

その写真教室では何十万円も支払って、講師陣から受け取ったものは「成長」ではなく「嫌味な言葉」だけでした。

 

プロボ
僕が撮った方がましロボ
はるペン
だから習いに来てるんだろ・・・

 

ここでは詳細は省きますが、それから写真教室には通わなくなってしまいました。生徒の個性を伸ばすことよりも、自分の立場を振りかざすだけの講師をまったく信用できなかったからです。お金をドブに捨てた瞬間ですね(笑)

この記事を読んでくれている人には、同じ経験をして欲しくないので、徹底的にこの教材を調べ上げたいと思います!

 

ちなみに利用者の声はこんな感じです⇒利用者の声を見る

 

監修は「高崎勉」プロ

高崎プロは、広告の世界を中心にご活躍されているそうです。「毎日広告デザイン賞 発言広告の部 最高賞」をはじめをして多くの受賞歴があります。

活躍はそれだけに留まらず、雑誌書籍、写真集や個展、プロ向けの技術指導や、中高生に向けたワークショップなどを手がけています。

写真作品は「青」を基調にされているものが多く、どこか情緒的で心の奥深い場所に届く作風だと思いました。

実績+実力は折り紙つきだという事がわかったので、安心して教わることができますね。

 

高崎勉プロの詳しいプロフィールはこちら

 

教材の中身・開封の儀

では実際に教材ではどんなことを学べるのでしょうか?届いた商品をみながら中身を確認していきましょう。

 

いち早く中身を知りたい人はコチラ⇒“感動の1枚”をわずか3ステップで撮れる!一眼レフカメラ講座

 

商品の内容(中身)

・一眼レフカメラ上達講座DVD 3枚

・一眼レフカメラ上達講座テキスト冊子 3冊

・高崎先生からのお礼状

お礼状をつけてるあたりがユーザーを大切にしている感じが伝わってきますよね。コピーではありますが、直筆で書かれているので先生の人柄まで伝わって来るようです。

 

それでは実際に開封していきたいと思います。

 

▼かわいいイラストの箱で届きます。子どもが好きそう。

このボックスもこだわりだそうで、障害を持っている子が描いた作品だそうです。売り上げの一部が支援活動になっているんですね。僕も少しは貢献できた・・・のかな?(笑)

 

▼中身は緩衝材を使って丁寧に梱包されていました。基本となる人物編がセンターにきているあたり、こだわりを感じます・・・

 

▼中を見せてしまうとネタバレになるので問題なさそうなページを抽出してみました。

動画よりもテキストのほうが頭に入る!という人もいらっしゃるかもしれません。丁寧に解説されているので、とてもわかりやすいです。

ちなみにパソコンやタブレットで見たい人向けにPDFでダウンロードできるようにもなっています。購入時のメールを確認してみて下さい。

 

人物撮影編

人物撮影編(59分)

・カメラの機能を100%発揮する方法

・レンズの使い分け

・自然な笑顔の引き出し方

・バランスの良い構図とは?

・感動の1枚を撮る方法

・ブレなく子どもを撮る方法

・構図のバリエーションの広げ方

・プロ直伝!写真が上手くなる魔法の撮り方

子どもや女性を上手に撮りたいというカメラマンは多いです。でも、こんな疑問を感じたことはないでしょうか?

 

「プロはどういう設定で撮っているの?」

「自然な声のかけ方がわからない」

「笑顔の引き出し方がわからない」

「動き回る子どもにピントがあわない」

 

こうした疑問に答えてくれるのが「カメラ上達講座 第1弾~人物撮影編~」です。

カメラの基礎的な知識を吸収すれば、今すぐでもテクニックとして使っていくことができます。

 

はるペン
人物撮影は絶対に避けてはとおれないペン
ネコ弟子
いざという時にも役立つニャ

 

風景撮影編

風景撮影編(43分)

・風景撮影のためのプロの心構え

・風景撮影のための設定

・風景撮影に向いているカメラ・レンズとは?

・写真のメインと背景の決め方(バランス)

・ズームレンズを使った「切り取り」の極意

・あなたの写真に感情をのせるテクニック

・夕焼け(空)をきれいに写すポイント

雄大な自然や風景、旅行先の写真だって「もっとダイナミックに撮りたい!」と胸に秘めている人も多いです。

カメラを自由自在に操って「とっておきの1枚」を撮るためのポイントを教えてくれるのが「カメラ上達講座 第2弾~風景撮影編~」です。

コンテスト入賞を狙っている人には必携の教材になっているともいって良いでしょう。

プロの技さえ盗んでしまえば、もう何年も写真を撮ってきたかのようなダイナミックな写真が撮れます。

「思わずためいきが漏れる」ような感動的な写真を撮りたくはありませんか?

 

はるペン
特別な場所じゃなくても、感動的な写真が撮れるテクニックを教えてくれるペン
ネコ弟子
ターゲットを見つける目も養われるにゃ

 

物・花撮影編

物・花撮影編(37分)

・物を撮る時のプロの心構え

・ただのコップが芸術作品に変わるテクニック

・花を輝かせるとっておきの方法

・背景を変えるだけで写真が変わるコツ

・より心に響く写真の選び方

・プロとアマの決定的な違いとは?

風景とはちがって、屋内で上手に撮影するテクニックを紹介しているのが「カメラ上達講座 第3弾~物・花撮影編~」です。

写真は何も外に出て行って撮るだけではありません。

この教材を見た後には、家の中にあるものを片っ端から撮りたくなる衝動にかられるでしょう(笑)

 

それだけ、身近な場所にも芸術的な要素は隠されています。

 

プロが踏んでるステップを真似るだけで、その魅力は何倍にも膨れ上がり本来の美しさを写真に収めることが出来ます。

 

オークション出品者や自社製品を販売している人にも参考になる内容だと思います。

ある人に教えてもらいましたが、スマホとイチガンで撮った写真では、オークションの反応が全然ちがうそうです。今まで写真にこだわってきてないのであれば、売り上げがのびる可能性だって大いにありますね。

 

メリット

・プロが培った技術をポイントを絞って吸収できる

・動画なので、プロの動作をマネするだけで良い

・専門用語がわからなくてもトライできる

・好きな時間に自宅で勉強することができる

・継続的に学べるので、知識がとぎれない

・近くに写真教室のない人でも写真が学べる

・写真教室に通うよりずっとリーズナブル

・気になるテーマについて集中的に学べる

・テキストもついているので詳細が確認できる

・テキストを持ち出せば、外出時にも勉強できる

・自分のペースで知識を吸収できる

・カメラの基礎的な知識が網羅されている

・撮りたい写真にふさわしいレンズがわかる

・「人物」「風景」「物・花」など人気のテーマを網羅

・シャッターチャンスに強くなる

・自分の撮りたい写真に最短で辿りつくことができる

・感動が見た人にも伝わる写真が撮れる

 

デメリット

・1度見ただけでは知識として定着しない

・役者じゃないので演技は・・・

・初心者向けの内容が多い

 

この教材がおすすめな人

こんな人におすすめ

・写真初心者の人

・カメラを買ったばかりの人

・カメラが家で眠っている人

・趣味を探している人

・写真をはじめた両親へのプレゼントに

・独学で勉強してきた人

・自分の写真にマンネリ(不満)を感じる人

・写真教室に通おうか悩んでいる人

 

購入者の感想を見ていると、中には85歳なんて高齢の方もいらっしゃいました!

僕が、その年齢にたどり着くまで、まだ何十年もあります。

その間シャッターチャンスを逃し続けていたとしたら?ぞっとしますね。逆に、その年齢になっても使えるテクニックが早い段階で知れて良かったと思います。

仮に30歳でプロ級の技を身につけたら、50年以上も使っていられると思うとコスパ良すぎですよね(笑)

 

まとめ

「見る」「知る」「撮る」のわずか3ステップで上達!と言うのはさすがに言い過ぎかもしれませんが、この反復練習で写真は見違えるほど変わると思います。

写真教室で良い先生に恵まれるとは限りませんし、地理的に教室なんてないよ~という人もいるかもしれません。中には「他の参加者と馴染めるか心配」という僕のような奥手の方もいらっしゃるかもしれません。

写真教室は隔週や月イチで開催なんていうところも多いので、知識が断片的になってしまうこともあります。動画だと自分のペースで継続的に学べるので、知識が途切れることがありません。

撮影に出ても「あっ!これ動画のあのシーンで」と頭をよぎることがあります。

上手くいったら課題をクリアしているし、上手くいかなくても自宅で動画を確認すれば良いだけです。

注文から到着もはやいですし、ためしに質問を送ったのですが回答もその日のうちにくださいました。サポート面も心配なさそうです。

 

最高の1枚に出逢うためには「撮りたい場所で、最適な行動をする」必要があります。

その「最適な行動」を効率よくプロから学んでしまうのは、後のカメラ人生にとってきっと有益なものになると思います。

あなたの写真ライフが、よりよいものになることを願っています!


“感動の1枚”をわずか3ステップで撮れる!一眼レフカメラ講座

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.