富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

G-Tune P5-RTレビュー!初心者にもおすすめのコスパ抜群ゲーミングノート

はるか、アイコン
WRITER
 
G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターより「G-Tune P5-RT」をお借りしましたのでレビューします。

第11世代Core i7-11800H×GeForce RTX3050を搭載したゲーミングノートパソコンで、カジュアルにゲームや写真・動画の編集を楽しむことができます。性能の高さだけでなく、15.6型フルHDモニター、クセのないキーボード、良心的な価格、約2kgでモバイル可能、まさにスタンダードゲーミングと呼ぶにふさわしいスペックが魅力です!

各種ベンチマークの結果、RAW現像や動画編集にかかった時間も計測しています。ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです!

G-Tune P5-RTシリーズとは?

マウスコンピューターが展開するブランドは、一般向けの「mouse」、ゲーミングの「G-Tune」、クリエイター向けの「DAIV」とあります。

G-Tune P5-RTは、ゲーミングブランドのG-Tuneの取り扱いになります。高性能なパソコンが多いゲーミングモデルですので、位置づけとしてはエントリー~ミドルクラスあたりといったところでしょうか。大きく突出したところはありませんが、逆に言うと外しているところもない「王道的」なモデルに仕上がっていると感じます。

初めてゲーミングパソコンを購入しようとしているユーザーや、コスパよく色々なことを楽しみたいユーザーに向いているモデルでもあります。実売価格も16万円台と良心的ですし、割と手をだしやすいと思います。

クリエイトモデルの「DAIV 5P」は全く同じスペックですが、価格は18万円台とやや割高です。その分、筐体が軽かったり、デザインがスタイリッシュだったりもします。そういう意味ではG-Tune P5-RTはコスパがよく、価格で推せるモデルにもなっています。

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク

最新の第11世代CPUとRTX3000シリーズを搭載したことで、ゲームだけでなく、RAW現像や動画編集といったクリエイティブな作業もこなせます。無駄のないデザインで万人受けしそうなところも良いですね!

G-Tune P5-RTの特徴をまとめるとこんな感じです。

  • 8コア16スレッドCore i7-11800Hを採用
  • RTX3050搭載で描画性能もそこそこ高め
  • 15.6型フルHDノングレア液晶
  • 高速SSD搭載でサクサク動作
  • 写真編集、動画編集、ゲームにもおすすめ
  • 税込¥164,780~
はるペン
Theスタンダードモデルって感じです

YouTubeレビュー動画

You Tubeでも解説していますので、よければご覧ください。高評価、チャンネル登録してもらえると喜びます!

 

G-Tune P5-RTのスペック・外観チェック

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク

スペック
  • OS:Windows 11 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-11800H
  • GPU:GeForce RTX 3050
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB NVMe対応
  • 液晶:15.6型フルHDノングレア
  • 重量:約2.01㎏
  • サイズ:359.5×238×22.8mm
  • 動作時間:約5.5時間

公式サイトでチェック

サイズや重量は最近のモデルとしては薄型で軽量とまでは言えませんが、従来までの15.6型と比べる比較的軽量です。リチウムポリマーバッテリーを採用するなど駆動時間への配慮も見えますが、性能がやや高めですのでバッテリー駆動時間も長くはありません。

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク,モニター,ディスプレイ,

カラーはブラウンがかったブラックで高級感を演出しています。

全体的なデザインを見た印象を一言で言ってしまえば「良くも悪くも普通」というところですが、装飾も控えめで使うシーンを選びません。実際に手にもってみると、サイズの割に軽い印象を抱く人が多いと思います。

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク,モニター,ディスプレイ,

15.6型フルHDノングレア液晶モニターを採用しており、発色やコントラストも良好です。変に青っぽかったりすることもありませんし、色が派手(薄い)ということもありません。安心して使えるモニターです。

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク

背面も冷却穴が用意されており、しっかりと冷たい空気をとりこんでPCを冷却します。性能を維持するために必要なことですが、ファンの音はそれなりに大きいです。

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク,モニター,ディスプレイ,

ACアダプターはゲーミングモデルとしてはコンパクトで、持ち歩く負担も小さいでしょう。ノートパソコンの最大のメリットでもある「モバイル性」をしっかり確保しています。

 

キーボード

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク,キーボード

キーボードは一部のキーが小さくなっているもののクセはなく、ゴムのような素材で打鍵感もソフトです。テンキーも装備されているのでオフィス系アプリもしっかり使えます。本当に王道的なスペックで「外さないなぁ~」という印象。

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク,キーボード

もちろんバックライトも搭載されており、暗い場所でのタイピングも快適です。

 

15.6型フルHD液晶(ノングレア)を搭載

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク,キーボード

モニターに関しても特筆すべき点はありませんが、Webブラウジング、ブログの執筆、動画視聴など色々なシーンで使ってみましたが不満を抱くようなことはありませんでした。こだわりの強い人であれば気になるかもしれませんが、多くのユーザーにとって満足できる水準です。

もしも編集作業に使うのであればカラーマネジメントモニターなどを使うほうが良いでしょう。

 

G-Tune P5-RT インターフェース

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク,インターフェース
G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク,インターフェース

G-Tune P5-RTのインターフェースは、HDMI、Mini DisplayPort、USB2.0、USB3.0×2、USB3.1 Type-C×1、カードリーダー、LAN端子、ヘッドフォン出力、マイク入力端子などです。Wi-Fi 6、Bluetooth 5にも対応。100万画素のWebカメラもあるのでオンラインミーティングも可能。

 

ベンチマークテスト

G-Tune P5-RT CPUチェック

DAIV 5P,2021,CPU性能,ベンチマーク,Core i7-11800H,CPUZ,レビュー,感想,口コミ

G-Tune P5-RTは8コア/16スレッドの第11世代Core i7-11800Hを採用しています。

参考までに他モデルと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

モデルCPUスコア
G-Tune P5-RTCore i7-11800H21964
DAIV 5P(旧)Core i7-10750H12728
DAIV 5NCore i7-10870H15408
DAIV 4PCore i7-1165G710605

Core i7-11800Hは、従来モデルのCore i7-10750Hと比較すると約73%も高性能化しています!

さらっと第10世代よりも大幅な性能アップを果たしており、高負荷作業にも耐えることができます。グラフィック性能を重視する人には、RTX3060を搭載したG-Tune E5-165あたりもおすすめです。

 

RAW現像の処理時間を計測

実行速度をテストするためにRAW現像にかかった時間を計測します。

無料ソフトのRawTherapeeで100枚のRAW現像にかかった時間を計測しました。

モデルCPU時間
G-Tune P5-RTCore i7-11800H2分49秒
DAIV 5P(新)Core i7-11800H3分05秒
DAIV 5P(旧)Core i7-10750H4分12秒
DAIV 5NCore i7-10870H3分21秒
DAIV 4PCore i7-1165G73分37秒

RAW現像処理時間は2分49秒と短く、ゲームだけでなく写真編集も楽しみたいという人にもおすすめです。

かつてスタンダードだったCore i7-10750Hよりも1分30秒近く短縮しています。CPUの処理能力だけならミドルクラスといっても良いかもしれません。

 

高速なSSDを標準搭載

DAIV 5D,SSD,転送速度

高速な転送速度を実現するNVMe対応SSDが採用されているので、実測で約2000MB/sの読み込み速度が出ています。パソコンの起動も早いですし、アプリのインストールも高速です。もちろん、これより速いSSDはありますが、体感ではほとんどわからないレベルです。

 

RTX3050のゲーミング性能はどれくらい?

G-Tune P5-RTは、GeForce RTX3050が搭載されています。カジュアルにゲームを楽しみたい人向けのパーツにはなりますが、最新技術のレイトレーシングやDLSSに対応しているのが特徴!

写真動画編集ゲーム

 

FF15のベンチスコアを比較

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク,ゲーミング,ゲーム
RTX3050

DAIV 5P,2021年,ゲーム,ベンチ,GTX1650Ti
GTX1650Ti

モデル設定結果
G-Tune P5-RT
(RTX3050)
3840×2160(標準設定)2428(重い)
1920×1080(標準設定)6257(快適)
DAIV 5P(旧)
(GTX1650Ti)
1920×1080(標準設定)3773(普通)
DAIV 5D
(GTX1660Ti)
3840×2160(標準設定)2800(やや重い)
1920×1080(標準設定)8000(快適)
DAIV 5N
(RTX3060)
3840×2160(標準設定)4428(普通)
1920×1080(標準設定)10532(とても快適)

重量級タイトルのFF15では、フルHD標準設定で「快適」にプレイが可能。設定次第でほとんどのゲームを快適に動作させることができるでしょう。

GeForce  GTX1650Tiの約66%も高いスコアで、GTX1660Tiにはわずかに劣る結果となりました。ただし、レイトレーシングやDLSSに対応していることを考えるとRTX3050は悪い選択ではありません。

より描画性能を求めるならRTX3060を搭載したモデルを候補にしても良いかもしれません。

 

動画編集性能もチェック

無料ソフトのResolve使って動画編集をテストします。ミラーレスカメラで撮影した5分程度の動画を書きだす時間を計測。

モデルパーツ構成時間
G-Tune P5-RTCore i7-11800H×RTX30502分07秒
DAIV 5P(新)Core i7-11800H×RTX30501分55秒
DAIV 5P(旧)Core i7-10750H×GTX1650Ti3分20秒
DAIV 5NCore i7-10870H×RTX30602分00秒
DAIV 4PCore i7-1165G7×Iris Xe Graphics5分30秒

性能的にはカジュアルな4K動画編集にも耐えられるほどですが、あくまでもフルHDクラスにとどめておくほうが無難という印象。

こだわり派には物足りないかもしれませんが、持ち運んでゲームをしたり、サクっと動画編集を楽しみたいという人には良いでしょう。

 

G-Tune P5-RT 総合パフォーマンス

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク

モデルG-Tune P5-RTDAIV 5P
総合34453463
CPU19981995
GPU932992
RAM298288
Disk217188

G-Tune P5-RTと、同スペックのDAIV 5Pを並べてみました。数値を見ている限りは、性能に大きなちがいを感じません。しいて言うなら、G-Tune P5-RTの方がストレージ(Disk)のスコアが良いくらいです。

スペックなりのスコアがしっかり出ているので、ボトルネック的なことを心配しなくても良いのは好印象です。

G-Tune P5-RTシリーズの感想や評価

良いところ(メリット)

  • CPU性能が高い!
  • 描画性能がほどよく高くゲームも快適!
  • RAW現像や動画編集にも使える!
  • ハズレなところがない!

G-Tune P5-RTは、バランス感覚に優れたモデルで大きく外す(気になる)ところがないのが最大のメリットかもしれません。しっかりした土台の上に、高いCPU処理能力と程よい描画性能がのっかっているので安心して使えるという印象でした。

様々な用途でしっかりと結果を出しており、これからゲーミングPCを買う人なら筆頭候補にしても良いのかなと感じます。

 

ちょっとイマイチなところ(デメリット)

  • 面白味がないかも
  • 電池もちはイマイチ
  • ファンの音が大きい

G-Tune P5-RTは、ツボをしっかりと押さえた良モデルだと思いますが、逆に言うと「面白味に欠ける」というのはあるかもしれません。

「軽いモデルが欲しい」「デザインを優先したい」「キーボードにこだわりたい」…etc

もう少し上を目指した時に物足りなさを感じてしまう可能性はあります。ただしこだわったモデルになると価格も上昇して当然ですし、それで20万円を超えてくるようならコスパは微妙になってきます。そういう意味では、全体的によい落としどころを見つけたモデルだと感じます。

マウスコンピューターはセールも頻繁に行っているので、しばらくするとセール対象として登場するかもしれません。そうなるとコスパはもっとヤバい(良い意味で)ことになっていまいますね(笑)

【定期更新】マウスコンピューターのセール情報!おすすめのモデルはどれ?【DAIV/G-Tune/mouse】

G-Tune P5-RTをおすすめしたい人

G-Tune P5-RT,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク

  • 初心者、ライトユーザーに
  • ゲームをカジュアルに楽しみたい人
  • RAW現像や動画編集もしたい人
  • 15万円前後でパソコンを探している人

マウスコンピューターのG-Tune P5-RTをレビューしてきました。

高めのCPU処理能力はあらゆる作業に向いていますし、母体もしっかりしているのでボトルネックが発生しないのが最大のウリ。描画性能もほどよく高く、設定にこだわらないライトゲーマーなら十分に満足できるはずです。流行のバトロワ系もしっかり動作するはずなので、はじめてのゲーミングノートパソコンとしてもおすすめできるモデルになっています。

マウスコンピューターは国内生産ですし、サポートの手厚さでも評判が良いです。実際に自分もサポート工場を見学して、その手厚さや熱意には感動しました。→マウスコンピューターのサポート工場に潜入!評判の真偽を探ってきた

クリエイター向けのDAIVにも魅力的なパソコンがありますので、あわせて検討してみてくださいね。

DAIVのノートパソコン全比較!RAW現像や動画編集におすすめのモデルはどれ?

参考リンク

>>>マウスコンピューター関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.