カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

穂谷コスモス畑で写真を撮ってきた!アクセス方法や駐車場は?

 
  2017/12/05
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら

秋に絶対撮りたいお花と言えば「コスモス」です。

大阪は枚方市の「穂谷コスモス畑」で写真を撮ってきました。

せっかくなので、撮った写真と一緒にアクセス方法を紹介します。

スポンサーリンク

穂谷コスモス畑

大阪は枚方市の比較的山側にあるのが「穂谷コスモス畑」。

最近大きなTSUTAYAが出来た、枚方市駅からバスで向かいます。バスに揺られ(20~30分程)田舎道を行くというのもオツでした。

関西外国語大学を左手に見ながら、進むと田園地帯に入ります。そこまで来たら、コスモスの名所とお目見えです!

 

住所:大阪府枚方市穂谷地区(関西外国語大学学研都市キャンパス南側)

見頃:9月下旬~10月下旬

料金:無料(10本100円での販売有)

駐車場:無料

電車・バス:京阪枚方市駅からバス穂谷行きで「境橋」下車。徒歩10分

 

コスモスの花言葉

絶対ではないのですが、僕はお花を撮る時に花言葉を意識しています。

コスモスはギリシア語の「kosmos」に由来していると言われており、意味は「美しさ」「調和」「宇宙」「真心」「謙虚さ」などです。

赤色だと「愛情」が加わり、白色だと「優美さ」が加わります。

物事の意味を知ってから撮影すると、どう表現するか?を迷う事が減りますし、結果的に「意図」が生まれます。これは見てくれる人に、自分が感じたことが伝わりやすくなるのでおすすめです。

はるペン
思い入れだペン

▼お花の撮り方のコツはこちら

かわいいお花の写真の撮り方!レンズは何を使えばいいの?

写真

▼まずは表情いっぱいにアップで撮影。横からの撮影なのは、目が合うと照れてしまうから(←うるさい)

▼コスモスの後ろ姿も、好きでよく撮ります。なんとなく儚さが漂っている気がしませんか?

▼アップの写真が多いのは、見頃を少し過ぎてしまっていたから(汗)僕を待って綺麗に咲いてくれてた子たちを中心に撮影します。ご覧の通り後ろは山です。

▼虫たちも遊びにやってきている。冬支度お疲れ様。

感想

行ってみて思ったのが、まず「遠い」と言う事。大阪市内から1時間くらいかかります。これは公共機関を使ったからだと思います。

バスの本数も決して多くはないですし、事前のスケジューリングは必要でしょう。マイカーの人なら、この限りではないのでアクセスも気にならないでしょう。

車で来られている人は、ほとんどが側道に路上駐車しています。それはそれで良いのですが、往来を妨げる原因になります。他のマイカーの人がすれ違うのを妨げたり、思わぬ事故の呼び水となる事も考えられます。

無料駐車スペースが設けられていますので、そこに駐車するようにしましょう。その土地へお邪魔する最低限のマナーだと思います。

使った機材

 

◆ヘリオス44-2

オールドレンズ入門に最適!ヘリオス44-2 58mmf2.0を買ってみた

まとめ

穂谷コスモス畑は、たくさんのコスモスに合える名所!マイカーならかなりおすすめ。

ほとんど感想の所で書いてしまっていますが、公共機関なら割と時間がかかると言う事を覚悟しましょう。近くにお店や、別のスポットもないので時間をつぶすということが出来ません。

人によっては、ここだけで1日終わってしまうという事もあるでしょう。

その点マイカーだと自分のペースで行程を決めれるので良いデートスポットになりますよ!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.