カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

【新年からJOJO三昧】脱出ゲームとJOJOバーに行ってきた

 
  2018/02/02
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

新年早々カメラとは関係ないネタですが、はじめて「リアル脱出ゲーム」というものにチャレンジしてきました。しかも僕が大好きなJOJO(全巻所持)の脱出ゲームです。

脱出ゲームの疲れをいやすのはもちろん、ジョジョの奇妙なBAR「スタープラチナ」でございます。

そんなたわいのない日記ですが「やれやれだぜ」といった感じでお付き合いください。

スポンサーリンク

JOJOの奇妙な館からの脱出

ジョジョの奇妙な冒険とは、ジャンプで掲載されていた大人気漫画です。スタンドと呼ばれる特殊能力を備えた幽霊のようなものを使って、エジプトにいる宿敵ディオを倒すことが目的です。

今回の脱出ゲームでは、日本からエジプトに向かう道中のお話。とあるホテルでの出来事です。

 

「お客様、死ぬまでの最後の1時間……どうお過ごしになるか決まりましたかな?」

身構える承太郎たちに謎の声は続ける。

「1時間以内にホテルを脱出できなかった方は……跡形もなく消滅していただきますッ!」

 

まんまと敵の罠に落ちた一行。ホテルはあっという間に迷宮へと姿を変えていきます。壁を破壊しようにもヒビ1つはいりません。

あげくにはスタンドも奪われていしまい、もはや「詰み」の状況ですが、たった1つだけ相手にも弱点があります。

それが「脱出のためのヒントがホテルにちりばめられている」ことです。迷宮の謎を解き、一時間以内に本体をたたく!これができれば脱出となります。

 

▼事前に勉強していくと有利かも?

 

参加条件・開催日時・料金

開催日時:2017年11月17日~1月28日

開催場所:大阪ヒミツキチオブスクラップ

料金

前売一般:3,000円(税込)

前売学生:2,500円(税込)

前売グループチケット:17,400円(税込)

当日一律 3,500円(税込)

※前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。

・1チーム6人でプレイ

・事前に参加したい日時のチケットを購入。受付時間に会場に入ること。当日会場で6名チームを作ってくれるので1人からの参加も可能。

スポンサーリンク

リアル脱出ゲームスタート!

6名はそれぞれの役割(キャラ)を決めて、一致団結して問題に挑戦していく必用があります。

ゲーム開始時にスタンドを発動するためのポーズの練習などもあり、会場は一気にジョジョムードに(笑)

僕はポルナレフのお役目をいただきました。「ブラボー!おお…ブラボー!!」といったのもつかの間、数分後には数々の難問にそれどころではなくなります。

「レロレロレロレロ」している花京院を横目に、「承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」と仲間の発言を促したり、イギーのように「(犬好きは)見殺しにはできねーぜ!」と助け舟を出すことも必用です。

時には「ホーリーシット!」と頭をかかえることもあるでしょう。あまりに白熱した環境に「やかましいッ!うっおとしいぜッ!!おまえらッ!」と叫びたくなることもあるかもしれません。

※注意:太字は全てJOJO語録です

 

部屋にあるアイテムなどを駆使して問題を解くのですが、とにかく難問ぞろいで、量も多く、こなすだけでも大変な思いをします。

60分後に脱出成功!とはいかなくとも、最後には「グッド なかなかおもしろいゲームだ」と言わざるを得ません。

あっという間ですが、本当に楽しめるので仲間と一緒にでかけてみてはいかがでしょう?おすすめですよ!

 

疲れた戦士には休息が必用、ジョジョバーへ

敵との対戦(謎解き)で、疲労困憊の我々一同を迎え入れてくれたのが「ジョジョの奇妙なBAR~スタープラチナ~」です。

▼バースタープラチナ

(評価4.9とか高すぎて笑っちゃいます)

 

念の為、事前に電話でお店の状況を確認。すると「空いていますよ」との事でした。向かったのは土曜日の夜でしたが、そこまで混雑はしないのかも?

 

ただし店内に入るには一定の条件を満たす必用があります。

・人間をやめた方

・時をとめられる方

・顔がうつろな方

・世界一ィィィ!!!な方

・寝たままの姿勢で空を飛べる方

 

・・・・・・ムリだ・・・僕には資格がないィィ!と、振り返りそうななった瞬間気が付くのです・・・

 

ここは・・・振り向いては行けない場所だった・・と。振り向こうなら魂まで一瞬で、異次元へ連れ去られることでしょう。

 

条件としては弱いですが「静かに暮らしたい方」を満たしていることにして店内へッ!この条件のオリジナルは、自分の平穏のために他者を平気で〇〇してしまうイカれた奴でした。

 

意外にも落ち着いた雰囲気の店内。部屋のいたるところにジョジョマニアを悦ばせる仕掛けがあります。

 

メニューが普通じゃないぜッ!

ジョジョに登場するスタンド名のドリンクが用意されています。これだけで感涙ものです。

あのトニオさんの名店のように「メニュー?献立表のことですか?そんなものウチにはないよ・・・」とは言われないので安心してください。

 

ドリンクの破壊力はアルコール度数を、スピードは辛口(キレ)を、成長性は量を表しています。

間違いにもディオのスタンド「ザ・ワールド」を注文してしまうと、破壊力満点の超辛口のお酒が、ショットに入って運ばれてきます。

口にした瞬間「おれは人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」と理性を保てなくなってしまうでしょう。

店員の様子が普通じゃないぜッ!

よく店内を観察してみると、スタッフは男が1人、女が1人、なんだか目がうつろな様子だ。

さては「こいつらもスタンド使いか?」と疑っていると、女がなにかをこちらに運んできます。「やるしかない」臨戦態勢の我々一行ッ!

 

すると突然、女が叫ぶッ!!!

 

 

「柔らかく、そして濡れている!!!」

 

 

我々:うおおおぉぉぉぉおおぉぉッツ!!!!!

 

 

ただ、お手拭きタオルの説明をしてくれただけでした(笑)

 

ドリンクやアラカルトを注文すると、名前にちなんだ名シーンを店員さんが再現してくれます。そのキレと、迫力、そして切り出しの細かさ、どうでも良さ、どれをとっても爆笑物です。

 

1つの動作にいちいち歓喜の声をあげてしまう、至高体験ができるBARです。ちなみに店員さんの時給は使えるスタンドでUPしていくそうです(笑)

 

▼こちらが肉の芽、大好きなサクランボも♬

ここは露伴先生よろしく「味もみておこう」と食べるのがスマートです。

「たべっ子どうぶつが」なかった気がするな~残念!

 

トイレだって普通じゃないぜッ!

ドリンクを数杯いただき、ほろ酔い気分になったところでトイレに立ちました。

ノックしてもしもお~し」店員さんのアクションに気分を良くしていたので、注意力が落ちていたのは事実。

まさか「ここに誘導するのが目的だったのかッ!」と気づいた時には、時すでに遅し・・・

「時よ止まれ」

 

なにいぃぃぃ!スタンド攻撃だとッ!!

 

このままの状態では・・・大人としての威厳を保てない・・あ・・あられもない姿に陥ってしまうんじゃあないかぁッ!

 

なんて非道ッ!!あまりに非道ッ!!!さすがディオ「おれたちにできない事を平然とやってのけるッ!」

 

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァーーーッ

 

反撃をして、なんとか非道な攻撃をかいくぐり、トイレに駆け込むと!さらなる罠がッ!

しまった・・今日はポルナレフだったんだッ!便所ではアレがまっている

 

「だずげでーーーーーツ」

 

チーン

 

(ここでは書けないのでコミックを見てね)

 

最後にひとこと

年明けからジョジョ三昧でかなり楽しんでしまいました!

リアル脱出ゲームは序盤かなり順調でしたが、じょじょにスタミナを奪われ後半戦は苦しい展開になりました。

さりげなく店員さんが「ドゥーユゥーアンダスタンンンンドゥ!」と、ヒントを差し出してくれたり、ヒント集なるものが会場にかくされているので最悪それを見るのも手です。(←僕たちは意地でも見ませんでした)

 

それにしても、破壊力満点なのはジョジョBARですよ!一度いってしまうと、リピートは間違いなしッ。スタンド使いはひかれあいますし、周囲の人の会話に耳をすませるのも面白いです。

まるでDVDを見ているような臨場感でした(笑)

 

 

今年は良い年になりそうだな~!最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.