カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

【3万円以下】CANON のEOS Kissで使ってみたい!おすすめレンズまとめ

 
  2018/10/03
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、はるか(@harucamera3)です。

今回のテーマは「CANONのAPS機におすすめ!3万円以下で買えるレンズ」です。

デジタル一眼レフを買ったけど「まだレンズ交換したことない!」「どれが良いのかわからない!」という人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

ズームレンズ

ズームレンズなら買った時に一緒についてたキットレンズを持っているよ?という人にもおすすめしたい理由があります。

その理由は「性能が良い事」「画質が良い事」と「明るいレンズだと言う事」です。

最初からボディだけで購入して、セットでこれらのレンズを購入するのも手ですし、あえてレンズキットで買ってレンズは売却⇒おすすめレンズを購入というのもあり。

キットレンズよりも使いやすく、不満の出にくいレンズなので長く愛用していけます。たとえボディを買い替えたとしても使えるのがレンズなので、早めに用意しておいても損はありませんよ!

 

シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

 

いわゆるサードパーティー製(CANON以外)のレンズ。レンズを作り続けている会社なので、決して劣っているという事はないです。

このレンズは超音波モーターのHSMを搭載しており、AFのスピード感が増している。さらにおよそ4段分の手ぶれ補正を搭載しており、初心者の撮影をがっちりサポート。

さらに全域でF2.8の明るいレンズなので、室内など暗い撮影にも対応できる。設定もコロコロ変わらないので使いやすい。

焦点距離もキットレンズとほぼ変わらず、使い勝手が良い。

 

・手ぶれ補正が付いている

・全域で明るいレンズ

・描写がクリア

 

TAMRON(タムロン)SP AF 28-75mm F/2.8  (Model A09)

 

タムロンもいわゆるサードパーティーと言われる。シグマと並ぶ2大メーカーで、各社に技術を提供出来るほど高い技術力をもっている。

シグマのレンズに比べると、ぬくもりのある優しい描写をしている。昔使っていたことがあったけど、特に不満はなかったですね。

子供を撮りたい人やポートレートに向いてるレンズが良いならこちらがおすすめ。

APS-Cで使うと広角側の撮影ができず、広がりのある写真は撮れないが、中望遠で使えば立体感とボケ味のある写真が撮れるのが魅力。

フルサイズにも対応しているので、後々ボディを買い替えても使える点もメリットが大きい。

 

・ぬくもりのある描写

・フルサイズでも使える

・レンズが全域でF2.8と明るい

 

TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 (Model B001)

 

キットレンズでは画角が狭いという人なら、広角レンズがおすすめ!

最短撮影距離も24cmで近づいて撮れば、背景との奥行き感を出した写真を撮ることができる。

ダイナミックな広い風景を撮影したい人はもちろん、これ以上は後ろに下がれないというシーンでも全体を撮影することが可能。

広角の世界は1度ハマルと抜け出せないくらい魅力的。

 

・超広角でダイナミックな写真が撮れる

・フルサイズ換算で16-37mmで標準域もカバー

・24cmの近接撮影が可能

 

TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di II VC (Model B018)

 

レンズを交換するのが手間!旅行に行くから1本で済ませたい!という人にはこのレンズがおすすめ。

高倍率ズームという広い範囲をカバーするレンズなので、少し大きく重たくなってしまうけど利便性とトレードオフ。とは言え、手ぶれ補正も搭載しているので性能面が勝利!

気づけばタムロンばかりになっているけど別に回し者ではありません(笑)

 

・手ぶれ補正つき

・1本で全てをカバーできる

・重量400gは、最軽量クラス

 

スポンサーリンク

単焦点レンズ

一眼レフの醍醐味と言えば「ボケ」という人も多いはず。そのボケを出しやすいのが単焦点レンズです。

写真にどっぷりハマルには欠かせない、単焦点レンズの魅力を出来れば早めに味わって!

ネコ弟子
素晴らしいボケにゃ

 

CANON EF50mm F1.8 STM

 

誰が言ったか撒き餌レンズ。レンズを買い替える人のことを「レンズ沼にはまる」とこの業界では言うのだが、このレンズはそんな沼への第一歩にいざなうレンズ。

新型になってフルサイズに対応。デジタル一眼レフの性能を発揮しやすくなった。描写はクリアでシャープ、かつボケが大きいと魅力満載のレンズ。しかも何といっても安い!

・ボケが大きい

・クリアでシャープな写真が簡単に撮れる

・とにかく安い!

はるペン
とりあえずの1本ペン

CANON EF-S24mm F2.8 STM

 

キヤノンの50mmでは画角が狭いと言う人はこちらのレンズがおすすめ。薄くて軽い「パンケーキレンズ」に分類されるレンズ。

50mmよりも広い範囲を写すことができるので、スマホの写真になれた人には扱いやすいかもしれない。

EOS KISSシリーズの軽量さも損なわないので、ライトな撮影をしたい人にはうってつけ。

・薄くて軽量

・広めの範囲で写真を撮れる

・安い

 

TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)

 

小さいものを大きく写したいならマクロレンズ!

このレンズは「伝説のマクロ」とまで言われており描写性能は折り紙付き。僕もこのレンズからマクロの世界に入ったくち。

フルサイズでも使えるので、マクロの世界を覗いてみたいという人でも長くつかえる1本。

 

・マクロの世界が撮影できる

・中望遠(ポートレート)レンズとしても使える

・フルサイズにも対応

 

xf80

EOS Kiss 関連記事

EOS KISSシリーズの違いや選び方は?X7やX7i、X9との性能差がわからない人に読んで欲しい

・EOS Kiss なら「X8i」がおすすめだと言う理由をわかりやすく解説

・EOS 8000Dを買いました!購入レビュー

まとめ

3万円以下のレンズでも、一眼レフらしい写真を楽しむことは十分可能です。

ズームレンズなら今までよりも「失敗」と言われる写真が減るかもしれませんし、単焦点レンズなら「やっぱり一眼レフ買って良かったな~」と思えるような写真が撮れるでしょう。

この記事を読んで写真好きが増えることを祈っています。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.