EOS KISSシリーズの違いや選び方は?X7やX7i、X9との性能差がわからない人に読んで欲しい

パパ・ママカメラマンのみなさまこんにちは、はるかです。

最近ブログを書くようになって、入門機の事が気になりました。

このブログの目的は「明るい写真活動」なので、写真を好きになってくれる人を増やしたいという純粋な思いがあります。

なので今回は入門機の登竜門的存在である、キヤノンの「EOS KISS」シリーズに焦点を当てたいと思います。

数字が違うだけで性能がちがう?「いったいなにが違うの?」という初心者さんのために参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

EOS KISS7を軸に考えてみる!

 

2013年に発売されたモデルでありながら、ロングセールを続けて2017年現在で未だに人気のあるモデル。決して新しいモデルではないけれど、基本的な性能は備えており必用十分。

はじめて一眼レフを扱う人にも使いやすいスタンダードモデル。

EOS KISS7の性能

画素数 1800万画素
連写 4コマ/秒
液晶 固定
タッチパネル 有
Wi-Fi 無
重さ 407g

価格はレンズキットで約5万円。

本当にミラーが付いてるの?と思う程軽量で、初めて一眼レフを買う人にも負担にならないサイズが素晴らしい。

AFは9点測距で、中央1点のみがクロスセンサー。物足りなさを感じる人がいるかもしれないが、わかって使えば割り切れるし必要十分。⇒EOS Kiss X7の詳細記事はこちら

高速なAFシステム「ハイブリッドCMOS AF II」のおかげで、お子さんの動きもしっかりキャッチ。

残念な点はモニターが固定式であることくらい。低いアングルから子供を見上げるスタイルの撮影の時に寝ころばないといけなかったり、運動会で列の後ろに入ってしまうとカメラがどこを捉えているかがわかりにくい。

相対的にコストパフォーマンスが高く、わかって買えば納得の1台。

「i」がつくモデルは何が違うの?

 

簡単に言うと「i」を冠したモデルは、EOS KISS7の上位モデルだと考えてもらえば良い。

カメラの性能がミドルクラスに匹敵する程になるので、長く愛用したいと考えている人にはおすすめのモデル。

EOS KISS7iの性能

画素数 1800万画素
連写 5コマ/秒
液晶 フリーアングル
タッチパネル 有
Wi-Fi 無
重さ 580g

EOS Kiss X7i レンズキット ⇒ 5万円

EOS Kiss X8i レンズキット ⇒ 6万円

一見すると性能にあまり変化がなく、重くなっただけの印象かもしれないが性能はかなりの違いがあると思ってほしい。

特にAF測距点9点がオールクロスになっているので、検出性能では大きな開きがある。ファインダーを覗かずに液晶モニターで撮影する場合はかなりのんびりした撮影になるのがデメリット。

予算が許すのであれば、後継機の「Kiss X8i」を選択しよう!理由は後述。

スポンサーリンク

「8」や「9」新モデルになるとなにが違うの?

 

X8iともなると最新の性能を備えてくる。

ミドル機に搭載されていた全19点クロスの測距点や、バリアングル液晶、高速AFハイブリッドCMOS AF III対応、Wi-Fi機能なども搭載されている。

よくわからない専門用語が並んだと思うけど、一言で言うと「使いやすく」「便利になっている」と思ってくれてOK。

EOS Kiss X8i の性能

画素数 2420万画素
連写 5コマ/秒
液晶 フリーアングル
タッチパネル 有
Wi-Fi 有
重さ 555g

EOS Kiss X8i レンズキット ⇒ 6万円

EOS Kiss X9  レンズキット ⇒ 6万円

EOS Kiss X9i ボディ ⇒ 8万円

 

あえてX8iを上げたのはお買い得感が強いから。現時点でX9シリーズに手を出すのはコストパフォーマンスの観点からあまりおすすめできない。

わかった「X70」や「X80」が良いんでしょ!?

残念ながらKissシリーズで最もおすすめできないモデル。

価格はレンズキットでも4.5万円と優れているが、大幅なコストダウンのために性能を削られている。

特にX70は検討しているなら除外する事を推奨。数千円足して他の機種を選択したほうが幸せになれます。

理由はセンサーが取り入れた情報を処理するエンジンが非力だから。外観は普通車なのに、軽自動車の馬力しかないと言えばわかりやすいかな??

結局はどれを買えばいいの?

 

コストパフォーマンスに最も優れていると感じるのは「EOS KISS X8i」です!

初心者必見!EOS Kissなら「X8i」がおすすめな理由をわかりやすく解説

基本性能の高さと、フリーアングルの液晶、スマホに撮った画像をすぐに飛ばせるWi-Fiなど、最新の技術が搭載されています。

この辺の性能は使ってないとイメージしにくいかもしれません。でも使い勝手の良さは写真ライフの楽しさに直結します。

せっかく購入しても持ち出さないのが一番もったいないですからね。

価格が最優先という方はEOS Kiss X7も良いかと思います。

予算に余裕がある人は上位モデルのEOS 8000Dがおすすめ!ダブルズームで9万円ほどですが、ながく使っていけるモデルです。でも女性にはちょっと重いかも?

最終的な判断は、店頭で実際にさわってみてからあ良いと思います。

お子さんを愛する、パパママカメラマンの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

管理人:はるか 子持ちの♂

FUJIFILMのXマウントが大好物

◆プロフィール詳細

◆僕が使っているカメラとレンズ

Twitter:@harucamera3

Instagram:harucamera33

Facebook:はるかめら