EOS Kiss X9 は初心者でも指1本で思い通りの写真が撮れる!魔法のカメラ

こんにちは、はるかです!

今回のテーマは「EOS Kiss X9 は指1本で思い通りの写真が撮れる!」というテーマでお送りしたいと思います。

現在、一眼レフを買おうかな?とお悩みの方にも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

EOS Kiss X9 の性能

 

このクラスを検討されている方は、カメラの専門用語に詳しい!という方は稀だと思います。

コンデジやスマホで写真を撮ってたけど「一眼レフに憧れがあって」とか「もっと綺麗な写真を撮りたくて」というニーズがあるのかな?と思います。

そのあたりの事や、初心者の方が気にるだろうという事をまとめて解説していきます。最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

EOS Kiss X9 のポイント
・とにかく簡単!指1本で思い通りの写真が撮れる

・オートフォーカスや連写などのスピード感ある撮影もばっちり

・暗い場所でも手ぶれせずに撮れる

・撮った写真をすぐにシェアできる

とにかく簡単!指1本で思い通りの写真が撮れる

一眼レフをすぐに購入!とすぐにいかない訳は心配毎があるからだと思います。「操作が難しそう」「使いこなせるか不安」といったような心配ですね。

画質が良い事はわかっているけど、プロは特別な操作をしているんじゃないか?そう思うのは自然なことかもしれません。

EOS Kiss X9の液晶はタッチパネル式で自由に動くタイプです。スマホライクな使い方が出来るので、直観的にカメラを操作することができます。

ネコ弟子
サポート機能充実にゃ

一眼レフ特有の「ボケ」感のある写真も指でなぞるだけ、ピントを合わせたい場所も指で指定するだけ、モードダイヤルで撮影シーンを選べば、もう後はシャッターを押すだけで綺麗な写真を撮ることが出来ます。

指がまるで魔法の杖にでもなったかのように、素敵な写真を撮り続けることが可能です。

スポンサーリンク

スピード感ある撮影もばっちり

Kiss X9を検討している方の中には、パパさんママさんも多いはず。動きの早い子供を撮る上では、どれだけ早くカメラが反応してくれるかも大事になってきます。

一眼レフの醍醐味の1つでもあるファインダーを覗けば、9点のAFポイントが見えるはず。撮りたいものはカメラ中央にあることが多いので、中央にはより特別なセンサーを搭載してAFの高速化をはかっています。

連写も5コマ/秒と、十分な連写性能を持っています。

「運動会」「発表会」「公園」「旅行」など、こどもの一瞬の表情を確実に写真におさめたい場合に活用すると良いと思います。

暗い場所でも手ぶれせずに撮れる

手ぶれはビギナーの方にはつきもの。カメラになれた人でも、室内や夕方など暗くなってきたら手ブレはしてしまいます。それはシャッタースピードが遅くなるからですね。

このカメラでは「光にたいする敏感度」(ISO感度)を上げることでシャッタースピードを早くできます。標準上限であるISO25600は、上位モデルと比較しても遜色ない数値です。

例えばお子さんの誕生日会で照明を落とし、ケーキのろうそくを吹き消すシーンでさえ手ぶれをせずに写真を撮ることができます。

撮った写真をすぐにシェアできる

EOS Kiss X9にはスマホなどの機器と連動性が高いです。

BluetoothやWi-Fiで写真をスマホにダイレクトに送ることが可能です。NFCも入っていて、こうした機器との接続もワンタッチなので一度設定してしまえば良いというのも便利機能の1つです。

LINEで家族に写真を送ったり、FacebookやTwitter、インスタグラムへの投稿も楽々です!

写真をシェアすれば、楽しさは無限大に広がるので「撮る」ことが楽しくなります。「もっと早く買っておけばよかった~」という、嬉しい後悔なら早めに解消しておきたいですよね(笑)

初心者が目を通しておきたい内容

初心者の方が疑問に思いやすいことを記事にしています。気になるものがあれば、参考にしてみて下さい。

 

・カメラ購入時に必要なもの

・カメラに長期保証は必用?

・予算5万円でおすすめのカメラ

・予算10万円でおすすめのカメラ

・EOS Kiss なら「X8i」がおすすめ

はるペン
参考になるペン

まとめ

EOS Kiss X9 なら簡単にきれいな写真が撮れる!心配なのは「もっと早く買っておけばよかった」という後悔だけ(笑)

少しおおげさかもしれませんが、初心者の方が購入して困ったということにはすぐにならないはずです。

使い方も簡単で補助機能がしっかりしています。少しこだわった撮影をしたいと思った時にも十分こたえてくれるでしょう。すぐに不満という事にはならないはずです。

仮にすぐに不満が出たとしたら、あなたの成長が早すぎるだけです(笑)

最近の入門機は、上位機にせまるくらいの性能を備えているのも多くて魅力的ですね。もはや入門機なんて呼べなくなってきている気がする・・・・今になって悩める方が羨ましくもあります。

思う所をつらつらと書いたので、わかりにくい箇所もあったかも?なにか質問があればコメント下さい。と言うかコメント貰えるとかなり喜びます。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

管理人:はるか 子持ちの♂

FUJIFILMのXマウントが大好物

◆プロフィール詳細

◆僕が使っているカメラとレンズ

Twitter:@harucamera3

Instagram:harucamera33

Facebook:はるかめら