1日で写真が上手くなる構図のコツ

写真が上手くなる構図のコツ

写真が単調で面白味にかける。どうも素人っぽさが抜けない?そんな時には「構図」を意識しだすと良いかもしれません。

スポンサーリンク

構図とは?

写真の意図が明確に伝わるように被写体を配置することです。写真にリズム感や安定感が生まれます。ここで上げるのは代表的な例にすぎませんが、非常に強力ですぐにでも写真が上達するコツになりますので参考にしてみて下さい!

 

三分割

縦横を三分割にして線を引くことで構図に安定感をもたせる効果があります。線が交わる点をポイントとして主題や副題を配置しましょう。シンプルかつ最も効果の高い構図の手法になりますのでオススメです。厳密に三等分する必要はなくあくまで目安に使ってください。

▼右上の交点をポイントにハスを配置

 

日の丸

被写体を写真の中央に配置する構図でインパクトの強い写真に仕上げることができる。日の丸構図は失敗写真として例があがるケースもあるけど、僕はそうは思わない。特に被写体が力を持っている場合は積極的に使っていきたい。見る人の視線が中央に集まるので、奥行のある被写体や、トンネルなどに使っても面白い。

▼クラゲを中央に配置して目線を引く構図にした

ネコ弟子
これ得意にゃ
はるペン
他のも使おう

対角線

被写体をななめに配置することでリズム感をもたせることができる構図。線通りに配置し過ぎると狙いすぎて撮らされているような写真になってしまうので注意が必要。カメラを斜めに構えるケースもあり、ポートレートや風景など活用範囲は広い。

▼奥の木が中央に向かうことでお花にリズム感が生まれた

黄金比率

デザイン等をしている人なら知っているかも?ついで黄金比率を紹介しておく。かのモナリザや、ツイッターのアイコンなどもこの比率で作成されているという噂があるくらい秘めたパワーを持っている。狙って撮るのは難しいかもしれないが、ふとした瞬間に思い出せれば強力な作品を生み出すことが出来るかもしれない。

スポンサーリンク

サポート機能

有難いことに最近のカメラには構図を決めるのに便利な機能があるので有効活用していこう。

 

グリッド線

グリッド線は上記のような構図を仮想のラインで表示してくれる機能。iPhoneなどにも搭載されているくらいなので、おそらくほとんどのカメラに搭載されているだろう。

構図に慣れない初心者うや、並行に撮ったつもりが写真が傾いたというケースが多い人には使ってみることをおすすめする。邪魔になれば消すこともできるので、カラダが覚えるまではつかってみよう。

 

水準器

空気の玉を見ながら平行をとっていたのは昔の話。デジタルになってからは電子水準器がある。カメラの傾きを検知して教えてくれる機能。ひと昔前のものや、入門機にはもしかすると搭載されていないケースがあるかもしれない。

明け方や夜景などの暗いシーンだと、水平線が分からないこともあるのでカメラに助けてもらおう。

 

まとめ

単調さを抜け出すコツは構図にあり!

いろいろ書いてきましたが、これらはあくまでも参考。構図構図と難しく考えすぎて、逆に単調な写真になってしまうケースもある。リズムや奥行など「自分が目をひかれたのはどこなのか?」を意識していくことを大切にしよう。

構図はそれを表現することを助けてくれるはずです。

はるペン
参考にしてね

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

管理人:はるか 子持ちの♂

FUJIFILMのXマウントが大好物

◆プロフィール詳細

◆僕が使っているカメラとレンズ

Twitter:@harucamera3

Instagram:harucamera33

Facebook:はるかめら