【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!初めてのレンズの買い方

こんにちは!はるかです。

一眼レフやミラーレスカメラを購入した。「画質はたしかに良いんだけど・・・・何かが足りない気がするんだよなー。」そうあなたに足りないのはレンズかもしれません!

▼まだカメラの購入で悩んでいるよという人はこちら

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!初めてのカメラの買い方

レンズで何が変わる?

はじめて購入したカメラについてきているのが、広角~標準域あたりのズームレンズだと思います。メーカーが最初につけているというだけあって、かなりお安くセットでつけてくれています。

写真ライフのほとんどをこのレンズでカバーする事は可能ですが、残念ながらSNSなどで見る印象的な写真には仕上がりません。

え?ほとんどをカバーできるって言ったじゃん?

ごめんなさい。説明不足でした。たしかに撮影するという点ではキットレンズは比較的軽くて便利です。ただし性能はあくまで標準的なものです。誤解をおそれずいうと器用貧乏な感じです。

一眼レフ特有のボケ感や、被写体にググっと寄ったマクロ撮影などはキットレンズだけじゃ表現しきれないんですね。世にたくさんのレンズが生まれているのも、様々な撮影に対応するためなんです。

撮影するもの(被写体)のスペシャリストがレンズにいるので、用途に合わせてレンズを交換すると言う事です。

スポンサーリンク

レンズの種類

まずは大きく分けてズーム出来るか出来ないかの2つに分かれます。

ズームレンズ

「ズームできる方が便利じゃん」って?その通りです(笑)ズームが出来るレンズの一番の特徴は便利さなんですね。1本で色々と撮ることが出来るので非常に心強いです。

デメリットとしては、レンズが大きく・長くなるので重量感が出ること。筒の中を通る光がセンサーに当たるまでに少なくなってしまう(暗いレンズ)と言う事です。

 

単焦点レンズ

単焦点レンズはズームが出来ない事がデメリットです。使い方を選ぶので、中には使いにくいという印象を持つ人もいるかもしれません。

メリットは性能を特化することが出来ることです。使用目的に合わせて開発をするので、画質を犠牲にすることなく作ることができます。明るいレンズを使えば大きなボケを作れるので、レンズ交換式のカメラのだいご味を味わう事ができます。

 

レンズの数字

f値

明るいレンズとはf値が1に近いものを言います。ちょっと独特な刻みかたをするので難しい印象を与えますが、実際それほどでもありません。f1が光が100%通ると考えて下さい。

f1.4⇒f2.0⇒f2.8と進むにつれてセンサーに届く光が減少していき、ピントの合う範囲(奥行)は広くなります。逆にピントの合う範囲を狭く(f1に近く)すれば大きなボケを作れると覚えておきましょう。

単焦点レンズの方が比較的明るいレンズが多くなります。

 

焦点距離(mm)

センサーからレンズの前玉までの距離です。数字が小さければ広い範囲を、大きければ狭い範囲(遠く)を撮影することができます。明確な基準がある訳ではないですが、30mm程度までを広角、30~50mm程度までを標準、50~70mm中望遠、70mm以上は望遠と呼んでいます。

 

▼ちょっと写真をながめて休憩

選び方

いきなりたくさんの事を言われて頭がパンク状態になってきましたか?情報を整理しつつ、次の事を考えていきましょう。

スポンサーリンク

目的

まず最初に目的を考えましょう

よくある使用目的から、レンズを選ぶ参考にしてみて下さい。

人物:明るい単焦点

風景:広角派と望遠派に分かれる(ズームレンズ)

花・食べ物:マクロレンズ(単焦点)

スナップ:30mm前後の単焦点レンズ

鳥・スポーツ:望遠のズームレンズ

少しあげただけでも使うレンズが違うことがわかりますね(^^)上記にない場合はお気軽にコメントしてみて下さい。出来る範囲でお答えさせていただきますので!

 

おすすめのレンズ

単焦点レンズ

各メーカーには最初に買ってほしいレンズがあります。いわゆる撒き餌レンズとか沼の入り口とかシンデレラレンズって言われるやつです。比較的に安価で、メーカーはファンになってもらいたいので頑張って作っています。よく写るレンズばかりですので検討してみて下さい。

※メーカーが同じでもマウントによっては使えないものもありますので注意して下さい。(APS専用等)

CANONユーザーなら最初は誰でもコレ?新品で2万円を切る価格が魅力。f1.8を活かしたボケを楽しめる。

 

こちらは2万円半ばくらいで購入が可能。非球面レンズを使用しており画質は十分満足できる。超音波モーターで静かなAFが良い。

 

SONYのおすすめレンズは中望遠に位置するレンズ。主題を明確にした撮影が可能で、写りもとってもシャープ。標準レンズが良い人はE 35mm F1.8 OSS もおすすめ。

 

コスパが最高とオリンパスユーザーの間では話題になっている。2万円半ばのレンズとは思えない程よく写る。最短でピントがあう距離が長いのでマクロコンバーター MCON-P02を付けよう。レンズとコンバーターで3万円前後でマクロ的な撮影まで出来るのでかなりおすすめ。

 

シグマはサードパーティーと呼ばれる、各メーカーのマウントでレンズを作っている会社。非常にシャープな写りでキレのある写真が撮れる。使用メーカーのレンズで価格的な折り合いがつかいない場合なども検討の余地がある。

 

 

ズームレンズ

18-200mmの焦点距離を1本でカバーしてくれる為、非常に便利。風景をメインに撮影する人もレンズ交換が不要になるので、ゴミの付着を防ぐ意味でも効果がある。

 

ニコンの超広角レンズ。人間の目で見えている以上のものが撮れ、かなり印象的な写真に仕上がる。空を広く撮りたい人や室内が多い人にもおすすめ。

 

とりあえず望遠レンズが欲しい人におすすめ。かなり遠くのものまで撮影できる、望遠レンズらしい圧縮効果を楽しみながら被写体を明確にして撮影しよう。

 

マイクロフォーサーズは換算距離が約2倍になる。24-120mm相当なのに重さがたった210gという驚き。疲れ知らずで歩き回りたい人におすすめ。

はるペン
悩んでる時が一番楽しいという説も

▼興味があればコチラもどうぞ

僕が使っているおすすめのカメラとレンズ

まとめ

レンズを交換して写真を楽しもう!

写真を撮る人にとっては「楽しむ」ことが第一だと思う。せっかく買ったカメラもピンとこないから眠らせているというのはもったいない話。レンズ交換で「腕が上がった?」と思うような写真を量産しよう。きっとカメラ購入時の新鮮な気持ちも戻ってくるはずだ。

初心者の人にとっても、長続きする趣味としておすすめですので参考にしてみて下さいね!

最後まで読んでいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

管理人:はるか 子持ちの♂

FUJIFILMのXマウントが大好物

◆プロフィール詳細

◆僕が使っているカメラとレンズ

Twitter:@harucamera3

Instagram:harucamera33

Facebook:はるかめら