富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

mouse B4シリーズをレビュー!ビジネスもプライベートもこなせるモバイルノートPC

はるか、アイコン
WRITER
 
マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターの「Mouse B4シリーズ」をレビューします。

第12世代インテルCPU(Core i5-1240P/Core i7-1260P)を採用した14型モバイルノートパソコンです。どのモデルも16GBメモリ、512GB SSDと余裕のあるパーツ構成になっており、ビジネスからプライベート利用も快適に楽しめます。バッテリー駆動時間は約10時間で、重量は約1,38kgと軽いのも嬉しいポイント。カラーもシャンパンゴールドとオリーブブラックから選べます。

公式サイトでは「期間限定のセール品」「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」などお得に購入できるパソコンが多数用意されています!

Mouse B4シリーズ 特徴・スペックなど

マウスコンピューター,mouse B4,公式写真,比較,価格,

マウスコンピューターが展開するブランドは、一般向けの「mouse」、ゲーミングの「G-Tune」、クリエイター向けの「DAIV」があります。

Mouse B4シリーズは、パフォーマンスとモバイル性を両立させたモデルになっています。第12世代 インテル Core i5 / i7 プロセッサーは、内臓グラフィックも強化されているので軽めの動画編集なんかにも使えます。駆動時間約10時間ですので、ビジネスでも問題なく1日乗り越えられるでしょう。

Windows Hello(顔認証)機能に対応しているのでセキュリティー面も安心ですし、フルスロットのSDカード、Dolby Atmos、Thunderbolt 4に対応していたりと利便性の面でも充実しています。もちろんHDMIも搭載されています。

 

Mouse B4シリーズのラインナップ

今回お借りしたモデルは、mouse B4シリーズの中でも下位モデルの「Mouse B4-i5」です。

モデル名構成価格
Mouse B4-i5
(シャンパンゴールド)
Core i5-1240P/Iris Xe/16GB/512GB SSD139,800
Mouse B4-i5
(オリーブブラック)
Core i5-1240P/Iris Xe/16GB/512GB SSD139,800
Mouse B4-i7
(シャンパンゴールド)
Core i7-1260P/Iris Xe/16GB/512GB SSD159,800
Mouse B4-i7
(オリーブブラック)
Core i7-1260P/Iris Xe/16GB/512GB SSD159,800

Mouse B4シリーズのラインナップは複数存在していますが、大きなちがいはCPUとカラーリングだけです。ちなみにこのクラスのCore i5/Core i7の性能差はそこまで大きくなかったりします。内臓グラフィックス(Iris Xe)は、16GB以上の方が効果を発揮します。最初から16GBメモリにしてくれているのはメーカーの良心を感じます。

描画性能もCPU内蔵型としては強力ですので、軽めの写真、動画編集、ゲームなど多用途に使えるのもメリットです。

 

mouse B4シリーズ 外観チェック

マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,

ブランドロゴのチーズがあしらわれたデザイン。カラーはオリーブブラックをお借りしたのですが、ほぼブラックで光の加減でグリーンが浮き出て面白いです。他にも明るい印象のシャンパンゴールドがあります。質感も思ったより良かったです。

マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,

底面もいたってシンプルですね。空気穴などもしっかり設けられていますので、冷却性能もなかなか良さそうです。ただし負荷がかかるシーンでは、ファン音はしっかり聞こえる印象。もう少し静かなほうが個人的には好みですが、この辺はファンコントロール(パフォーマンス設定)などをうまく使えば解決できるかもしれません。

マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,

サイズは320×215×19 mm、重量は約1.38kgです。「超」がつくほどではありませんが、モバイルパソコンとしては一般的な数字だと思います。可もなく不可もない感じですね。

マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,

14型モニターの発色は良く、長時間作業していてもあまり疲れを感じませんでした。Webコンテンツ制作や、ちょっとした写真編集なども楽しめるレベルだと思います。

マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,

付属品はマニュアルと電源のみのシンプルさ。ACアダプターは65W出力タイプです。Type-CのUSBポートは、USB Power Delivery対応です。

 

キーボード

マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,

バックライト付きの日本語キーボードで、配列も自然、キーのサイズも打鍵感も普通。だがそれが使いやすくて良いんです!

マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,

トラックパッドも大きい。

 

インターフェース

マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,

インターフェースは、SDカードリーダー、HDMI、USB Type-C(PD対応)、Thunderbolt 4などが装備。このクラスとしては漏れなくしっかり搭載してきた印象です。

外付けGPUボックスなんかも使えるので、描画性能を補ってゲームや動画編集を楽しむのもありかもしれません。これなら外にはモバイルノートとして、家ではゲーミングPCとして使えます。

Razer Core X レビュー!グラボ外付け(eGPU)のメリットやデメリットを解説

 

ベンチマークテスト・性能チェック

※Core i7-1260Pは参考スコアです

Core i5-1260P 性能チェック

マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,Core i5-1240P

Mouse B4-i5は、12コア/16スレッドの第12世代インテルCPU(Core i5/Core i7)を採用しています。

参考までに他モデルと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

モデルCPUスコア
Mouse B4-i7Core i7-1260P17043
Mouse B4-i5Core i5-1240P17393
MousePro-NB420ZCore i7-1165G710605
MousePro-NB420HCore i5-1135G710096
DAIV 5PCore i7-10750H12728

Mouse B4シリーズに採用されているCPUですが、Core i7-1260PとCore i5-1240Pの差はわずかです。どちらも第11世代のCPUより大きくスコアを伸ばしているので安心して使える印象があります。

価格差が2万円もあることを考えると慎重に選択すべきでしょう。個人的には一般使いが多いならCore i5で十分、編集作業などに余裕をもたせたいならCore i7という選択で良いと思います。

 

処理時間は控えめかも

実行速度をテストするために無料ソフトのRawTherapeeを使って100枚のRAW現像にかかった時間を計測しました。

モデルCPU時間
Mouse B4-i7Core i7-1260P3分11秒
Mouse B4-i5Core i5-1240P3分12秒
Razer Bok 13Core i7-1165G73分52秒
ThinkBook 13s Gen 2Core i5-1135G73分49秒
Razer Blade Stealth 13Core i7-1065G75分18秒
Razer Blade 15Core i7-10750H3分50秒

RAW現像処理時間は、Core i5-1240PとCore i7-1260Pに大きな差は見られませんでした。つまりRAW現像が目的なら、下位モデルでも上位モデルでも大丈夫ということになります。

 

ゲーミング性能も控えめ

マウスコンピューター,mouse B4-i5,B4-i7,レビュー,性能,評価,口コミ,ブログ,Core i5-1240P,FF15

モデル設定結果
Mouse B4-i5
(i5-1240P/Iris Xe)
1280×720(軽量品質)3028(普通)
DAIV 4P
(i7-1260P/Iris Xe)
1280×720(軽量品質)4029(普通)
DAIV 4N(従来モデル)
(MX250)
1280×720(軽量品質)3913(普通)
DAIV 5P
(GTX1650Ti)
1920×1080(標準設定)3773(普通)

もともとゲームを楽しむようなモデルではないのですが、軽めのゲームなら設定次第で動作は可能。FF15もHD画質で普通くらいの結果は得られます。

ここはCore i7-1260Pのスコアが高くなりましたが、DAIV 4Pはクリエイトモデルなのでそれ用のチューニングが施されている可能性もあります。どちらにせよ「できることが劇的に変わるという印象はない」ので、個人的には下位モデルで十分じゃないかな?と思ってしまいます。

ただし性能面で余裕があるのは確かなので、少しでもアドバンテージをとりたい人はCore i7-1260P搭載の上位モデルを選択されると良いでしょう。ゲーミング目的なら専用グラフィックを搭載したモデルを選ぶほうが無難であることも付け加えておきます。

G-Tune P5レビュー!Core i5-12500H×GTX1650搭載のエントリーゲーミングノートPC

 

【まとめ】ほどよいが詰まった優良モデル

マウスコンピューター,mouse B4,公式写真,比較,価格,

メリットデメリット
  • 普段使いには十分な性能
  • ほどよく軽くてコンパクト
  • 国産で24時間サポート付き
  • インターフェースが充実
  • ビジネスにも最適!
  • i5/i7の差は小さい
  • 相場より高めのお値段
  • ゲームや本格的な動画編集は厳しい
  • 良くも悪くも普通

Mouse B4シリーズは全体的によくまとまったモデルで、確かな性能とフットワークを兼ねそろえたモデルだと思います。オンラインゲームなどは厳しいですが、RAW現像やフルHDクラスの軽めの動画編集なんかも楽しめます。スペックからすると相場よりやや高いですが、国産で手厚いサポートがあると頷けるレベルです。テレワークを含むオフィスワークやエンタメなど広く楽しめるモデルだと思いますよ!

たまに「期間限定のセール品」「アウトレットモデル」で安くなる場合もありますのであわせてチェックもお忘れなく!

【定期更新】マウスコンピューターのセール情報!おすすめのモデルはどれ?【DAIV/G-Tune/mouse】

参考リンク

>>>マウスコンピューター関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2023 All Rights Reserved.