富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

マウスコンピューター「mouse B5-i7」をレビュー!LTE通信に対応した最強のビジネスパソコンかも?

はるか、アイコン
WRITER
 
マウスコンピューター,mouse B5-i7,レビュー,ブログ,比較

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターの「mouse B5-i7」をレビューします。

15.6型フルHDサイズの割には軽量な1.59kgの筐体に、高性能なCPUを搭載しオフィス系ソフトもサクサク動きます。さらにオプションでLTE通信を追加すれば、場所を選ばずに作業を行うことがでます。もしかすると「コスパ最強のモバイルパソコンでは?」ということで、細かくチェックしていきたいと思います。

各ベンチマークの結果ものせていますので参考にしてもらえると嬉しいです。

mouse B5シリーズとは?

mouse B5-i7,公式,写真,価格

マウスコンピューターの中でも一般用途に最適なモデルを販売するのが「mouse」ブランドです。

テレワークなど自宅で使うだけでなく、営業や外回りといったビジネスでも使えるように工夫されているのがmouse B5シリーズです。15.6型の割に比較的軽量でOffice Personal 2019搭載モデルやLTE通信もオプションで追加できるのでワークスタイルに合わせて最適なモデルをチョイスできます。

CPU内臓グラフィックも強化されているため、ゲームや動画といったエンタメにどれだけ対応できるかも見ものです。

 

mouse B5シリーズラインナップ

モデル構成価格
mouse B5-i7Core i7-1165G7/Iris Xe/8GBメモリ/512GB NVMe SSD129,800円
mouse B5-R5
(プレミアム)
Ryzen 5 5625U/Radeonグラフィックス/16GBメモリ/512GB NVMe SSD119,800円
mouse B5-i5Core i5-1135G7/Iris Xe/8GBメモリ/512GB NVMe SSD109,800円

mouse B5シリーズには複数のラインナップが存在し、AMD Ryzen CPUを搭載したモデル、Core i5を搭載したモデルなら少しだけ安く購入することが可能です。

ちなみに公式サイトでは「期間限定のセール品」「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」などお得なセールなども開催されています。うまく活用してお得にパソコンを手に入れましょう。

 

mouse B5-i7 性能(スペック)

mouse B5-i7,公式,写真,デザイン

スペック

CPU: Core i7-1165G7
グラフィックス:インテル Iris Plus グラフィックス
メモリ:8GB→16GB
ストレージ:512GB SSD
液晶:15.6型 フルHDノングレア
サイズ:360.4×239.3×19.8 mm
重量:1.67kg

公式サイトでチェック

mouse B5-i7は普段使いなら余裕のあるスペックですが、今回はちょっとした写真や動画の編集も試してみたいのでメモリを16GBに変更しています。カスタマイズ費用はそこまで高くありませんし、パフォーマンスが改善しますので余裕があればメモリを追加しておくことを推奨します。

 

mouse B5-i7外観チェック

mouse B5-i7,写真,ディスプレイ

mouse B5-i7はシルバーを基調としたデザインで、汚れや指紋が目立ちにくいボディです。特に高級感はありませんが安っぽくもありません。ゲーミングのようにガチャガチャとしたデザインではないので、場所を選ばずに使えることは1つのメリットでしょう。

mouse B5-i7,写真,ディスプレイ

パソコン本体のサイズは360.4×239.3×19.8mmです。厚みは20mmを切るのでサイズの割には軽いなという印象をもちます。ACアダプターは実測で200gほどでしたので、本体と合わせても2kgを切りますので持ち出しやすい重量です。

バッテリー駆動時間は公式サイトによると約9時間ですので1日乗り切るのはしんどいかもしれませんね。実際はもう少し目減りすることでしょう。

 

LTE通信に対応

mouse B5-i7,写真,LTE

今回はLTE通信モデルを準備できなかったのですが、オプションでLTE通信が可能なモデルへと変更できます。最近では「楽天モバイル」などの格安Simサービスも充実しているので組み合わせたら化けそうです。

パソコン1台で通信が完結するならモバイルルーターを忘れてしまったり、スマホでギガ消費を気にしなくて済むのでありがたいですよね。本モデル最大の特徴と言っても良いかもしれません。

インターフェースはMicro SDカードリーダーや、USB PowerDelivery対応のType-Cコネクターを標準装備しているので利便性が高いのも魅力です。

 

キーボード

mouse B5-i7,写真,キーボード

キーボードは19mmのキーピッチ、約1.8mmのキーストロークで打鍵感は割と自然です。コンパクトでありながらテンキーまで載せているのは評価できますが配列は若干癖がありますね。

mouse B5-i7,写真,タッチパッド

トラックパッドも大きくてマウスなしの作業でも快適です。

mouse B5-i7,写真,ゲーム

Core i7-1165G7は、内臓グラフィックが強化されているモデルです。グラフィックが強化されていることで、軽めのゲームや動画編集といった用途で使えます。そこそこの働きが期待できるのであれば、最強のビジネスパソコンの名前を欲しいままにしてしまいそう…

 

ディスプレイ

mouse B5-i7,写真,ディスプレイ

ディスプレイの発色は鮮やかで不自然さを感じませんので、ちょっとしたRAW現像なら十分に楽しめるクオリティだと思います。緻密な色再現を求めるなら、クリエイト向けモデルのDAIVや、カラーマネジメントモニターを使う方が良いでしょう。

 

mouse B5-i7をレビュー

CPU Core i7-1165G7の性能

Razer Book 13,RZ09-03571JM1-R3J1,CPU,Core i7-1165G7,性能,ベンチマーク,比較,

4コア/8スレッドの第11世代Core i7-1165G7を搭載しています。

参考までに他モデルと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

モデルCPUスコア
mouse B5-i7Core i7-1165G710645
mouse B5-i7(旧)Core i7-1065G78847
mouse B5-i5Core i5-1135G710056
mouse B5-R5Ryzen 5 5625U14365
Razer Blade 15Core i7-10750H12728

Core i7-1165G7は10000超えのスコアなので、RAW現像や動画編集などのクリエイト系の作業にも十分使えます。旧モデルのCore i7-1065G7では物足りないシーンもありましたが、ずいぶん解消したように感じます。

スコアだけで言うなら「mouse B5-R5」(Ryzen 5 5625U)が有利という印象ですね。

 

RAW現像の処理時間を計測

実行速度をテストするためにRAW現像にかかった時間を計測します。無料ソフトのRawTherapeeで100枚のRAW現像にかかった時間を計測しました。

モデルCPU時間
mouse B5-i7Core i7-1165G73分52秒
mouse B5-i5Core i5-1135G73分59秒
mouse B5-i7(旧)Core i7-1065G74分34秒
DAIV 4NCore i7-10510U5分58秒
DAIV 5PCore i7-10750H4分12秒

旧モデル(Core i5-1035G1)でも出先でのちょっとした写真編集ならこなせていましたが、最新モデルになってより快適に処理が行えるようになった印象です。よほど大きなデータを扱わない限りはパワー不足は感じないでしょう。

 

GPU(ゲーミング性能)チェック

FF15のベンチスコアを比較

Razer Book 13,RZ09-03571JM1-R3J1,ゲーム,ベンチマーク,ゲーミング性能.FF15.インテルIris Xeグラフィックス.

モデル設定結果
mouse B5-i7(Iris Xe)1280×720(標準設定)3440(普通)
mouse B5-i51280×720(軽量品質)3128(普通)
DAIV 5P
(GTX1650Ti)
1920×1080(標準設定)3773(普通)
Razer Blade 15
(GTX1660Ti)
1920×1080(標準設定)7690(快適)

FF15などの重量級タイトルを遊ぶのはさすがに苦しいと言わざるを得ません。設定をかなり落としてやっと遊べるという印象でしょうか。

もう少し軽いタイトルなら設定次第で遊べると思いますし、実際にCore i7-1165G7を搭載したパソコンで僕もゲームを遊んでいます。人によっては物足りないでしょうが、息抜きで遊ぶくらいなら問題ありませんでした。

ゲーム目的でパソコンを検討しているなら、せめてGeForce RTX3050あたりを採用したモデルを選ぶほうが無難でしょう。

G-Tune P5-RTレビュー!初心者にもおすすめのコスパ抜群ゲーミングノート

mouse B5-i7は動画編集には使える?

無料ソフトのResolveを使いテストをしましたが、フルHDクラスの動画編集なら問題ありませんでした。ただし本格的な動画編集目的での購入も避けたほうが無難という印象。一応書き出しまで試して問題はなかったものの、本機はあくまでもビジネスも含めた日常使い、動画視聴などのコンテンツ消費を目的に選ぶ製品だと思います。

mouse B5-i 感想や評価

メリット

  • ビジネスワークにほどよい性能!
  • 軽量でUSB PD対応!
  • ちょっとした負荷の作業にも耐えられる
  • LTE通信に対応できる!

mouse B5-i7の性能は十分な合格ラインに達しており、ビジネスワークからちょっとしたクリエイト用途でも使えます。USB PD対応でモバイル環境での電源確保や、荷物の小型化にも貢献します。さらにLTE通信まで対応できる器用さを備え、そこそこの価格に収まっているのは良心的だなと感じました。

 

デメリット

  • テンキーの配列
  • 所有欲を満たすようなモデルではない

内臓グラフィック強化版のCPUということで期待しましたが、その性能は動画編集やゲームをカジュアルに楽しむレベルにも達していました。そう言う意味では、なかなか面白いモデルと言えそうです。ただしMacbookのような所有欲を満たすような素質は備えていません。あくまで実用を考えられたモデルだと思います。

 

mouse B5-i7をおすすめしたい人

mouse B5-i7,公式,写真,価格

  • 在宅ワークに使えるPCが欲しい人
  • 外でRAW現像などの編集作業をしたい人
  • LTE通信対応モデルが欲しい人
  • 国産パソコンが欲しい人

mouse B5-i7をレビューしてきました。

ビジネスワークからちょっとした編集作業まで使えて、LTE通信にも対応できる器用さをもっている本機はビジネスパソコンとして最適なモデルだと思います。納期も比較的早く、カスタマイズも豊富な「国産パソコン」から選びたいと言う人にはおすすめのパソコンだと感じました。

LTE通信をするためにはオプションを追加する必要がありますのでお忘れなく!またメモリを16GB以上にしておくことを強くおすすめします。

関連リンク

>>>マウスコンピューター関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.